So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

朝ジャズのすすめ [音楽]

q

なんかね、無性にジャズを聴きたくなる時があるのよね。

最近は、体力の衰えなのかもしれないが、

仕事が終わった夜にオーディオ ルームに行くことが無い。

何もない休日に、朝から晩まで籠ることが多くなった。

なので、夜の雰囲気をたっぷりと味わうのではなく、


お天道様が輝いている時間帯に明るく音楽を嗜んでおります。

ジャズを聴くようになって5年くらいだろうか?

最初は手当たり次第だったが、この頃はお気に入りというか、

比較的頻繁に聴くアルバムがあることに気が付いた。




DSC01646.JPG

これはジャズというよりフュージョンなのだろうけど、なんか好き。

早朝、目覚まし代わりに聴くと気分が良くなる。

DSC01647.JPG

何といっても、ジャケットがカッコいいよね!

ゴリゴリ押してくるサックスも聴きごたえあるし。

DSC01648.JPG

彼のトランペットの音色は好きだ。 

ライヴの雰囲気を朝から・・・なんて~のもたまには良いではないか。

DSC01649.JPG

基本、ピアノ トリオは好きなんでしょうな。 

弾むようなプレイが気分を上げてくれるしね。

DSC01650.JPG

一番よく聴くなー、これ。 私のフィーリングに合うんだろう。

このアルバムが、ジャズの世界に引き込んだと言っても過言ではない。

DSC01651.JPG

もう最晩年で声もガラガラ、声域も狭くて時々苦しそうなんだけど、

上手い下手を通り越した枯れた魅力があるんだよなー。

歌は心と教えてくれてるようだね。



やっぱりね、ジャズは夜にアルコールなんかを嗜みながら
聴くのが一番だと思うんだよな。

でも、意表をついて朝聴くのもなかなかだよ。

どっぷりと浸からない浅漬け感覚も、また味わい深いではないか。

これからの季節は、窓を開けて爽やかな空気の中で聴ける。

多少音量を上げても何の問題も無い田舎に住んでいるからこそ出来る、

「贅沢」なのかもしれないね。


nice!(18)  コメント(17) 

楽しんで飲もう [日常]



先日、娘の要望で中山道は奈良井宿に行ってきた。

我が家は何故か好きで、ちょくちょく訪れる。


買いたいものがあったのか、しっかり買い込んでおりましたよ。

私も便乗して、酒を楽しく飲めるように木のぐい飲みを2つ買ってきた。

DSC01638.JPG    DSC01642.JPG

白い方は、酒を入れると木目が綺麗なんだよね。

茶色い方は、飲み干すと白い光の点が立体的に浮いて見える。

種類によって、違った気分で楽しく飲めるなんて幸せだわ~。

DSC01644.JPG

美味しいと、ついつい過ぎちゃうよね。

飲み過ぎは要注意と自覚しているつもりなんですが、

あまり守られてないような気がする・・・^^;

nice!(18)  コメント(18) 

お遊びもほどほどに [音楽]



ソウル ミュージックは、黒人発祥で黒人による黒人の為の音楽だ。

白人や他の有色民族が「所有」できるものではなかったらしい。

しかし、時代と共に、自分達のオリジナリティを作る素材として、

ソウル ミュージックを取り入れる白人ミュージシャンが出現してきた。 

彼等の眼が「ブルー」なので、総じて「Blue-Eyed Soul」 

という新たなカテゴリーが生まれたのである。。。

ダリル ホール & ジョン オーツの初期は、まさにそれだった。


pysfk539-img550x385-1444053963zt9znx1825.jpg


80年前後に、ポップ色が強くなってヒットを連発していたが、

私はそれ以前の方が好きなのだ。 この外見と音楽性のミス マッチが、

「新しい」とリスナーに受け入れられた事は、彼らにとって幸運だった。

違うジャンルを掛け合わせて新しい可能性を見出す試みは、

昔から今に至るまで行われている。 

もちろん、全て成功する訳ではない。 h_and_o.jpg

当事者が良くても、リスナーに受け入れられない事の方が多いのだ。 

「リスナー」とは、ワガママで飽きっぽい人種である。 

その心を満たすためには、常に新しいモノを模索しなければならない。

それは、ミュージシャンの宿命なのだろう。


41KGXIyrXJL.jpg 

【Daryl Hall & John Oates】   '75

https://www.youtube.com/watch?v=Red3R17FlUQ

               - Sara Smile - 



この曲が欲しくてアルバムを探したら、こんなジャケット。 ^^; 

冗談でやってたら、ついつい遊び過ぎちゃったみたいだけど、

これでは間違いなく 
「そっち系」だと思うよねぇ。 

まあ、実際どうだったかは知らないけど。(笑


nice!(19)  コメント(19) 

大博打 [音楽]


私にはレコードの精霊が付いているのだろうか?

迷えるレコード達が、安住の地を求めてやって来るのである。。。


DSC01623.JPG


お客様から頂いた、ユニセフの企画モノのレコードである。

70年代の洋楽好きの方には、涙がチョチョギレそうな面子じゃない?

全て言い当てられたら、貴方も立派な洋楽フリークです。(笑



企画モノ・・・
といえば、今まで数多く出回っているが、

やはり超有名なのはこれじゃないかと思うんだ。


61j+kJ75gJL.jpg もはや伝説!! 

ウッドストック フェスティバル ’69
の模様を収めたライヴ アルバムである。

まー、今では出来ないよ、これは。  

トイレも宿も食べ物屋も無い畑のど真ん中に40万人の観客が集まって、

3日間のライヴ パフォーマンスに酔いしれたっていうんですから!

当時人気のミュージシャンが、よくもここまで集まったなと驚くけれど、

観客側は雨が降れば泥だらけの場所で野宿ですからね。

綺麗好きの方には、とてもとても。^^;

アルバム的にも、レコード会社の違う面々が集まってますから、

出演したけど「事情」で収録されなかったミュージシャンも多い。

出来が良いとは言えないが、当時の興奮と歓喜は十分に味わえるね。



私は、録画したドキュメント番組でよく見る。 

映像と共に聴いた方が、より多くの感動を得られるからだ。

ジョー コッカーの独特の動きと反り返った歌い方、

ジェーン バエズの透き通った芯の強い声、

ジャニス ジョプリンの熱く強烈なシャウト、

ジェファーソン エアプレインの観客に背を向けて演奏する姿、

ジミ ヘンドリックスの超絶なギター プレイ・・・

とにかく、みんな凄いわ! 

ライヴで叩き上げてきた実力を思う存分堪能できる。

その錚々たるメンバーの中で、私が一番心魅かれたのは、

当時は無名だった「サンタナ」の若さ溢れるパフォーマンスだ。


c0143347_1272315.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=AqZceAQSJvc

              - Soul Sacrifice -  '69



このフェスティバルの出演は、大きな賭けだったろう。

見事に勝って、彼らの名は世界中に知られることになった。

今も元気に活躍しているカルロス サンタナは、

そういう{運}をものにする力を持っていたということだろうね。

このステージを期に大きく羽ばたいた者、受け入れられなかった者、

最後の大輪を咲かせた者、様々であろうが、

世紀のイベントと語り継がれるに十二分な内容であったと思う。

きっと、1969年だからこそ実現できたんだろうな。 

たった1年前後しても、成り立たなかったと感じる。

「1969」はミュージック シーンにとって大きな意味を持つ数字だ。

リアル タイムで体験できなかった私が見ても、

その前と後とでは音楽の在り方が変わってしまったと思うんだ。


nice!(21)  コメント(16) 

勉強中 [日常]

只今、日本酒の勉強中である。

去年の暮れ辺りから、目覚めてしまったようである。

とりあえず、量が手頃な750ml瓶で飲み比べている。

DSC01621.JPG

これまでに嗜んだものを並べてみた。

今までのイメージだと、日本酒は熱燗でキュッと飲むものであり、

冷やだと翌日の吐き気や頭痛が伴う「危険な飲み物」という感じだ。

だが、それは尽く覆されるね。 

ちゃんとしたものは、多少飲み過ぎても苦痛が無い。 

今じゃ常温が一番好きになってしまった。

味や香りも千差万別で、豊かなバリエーションに感心する。

流通が充実した今現在、かつて陸の孤島だった我が山里では

滅多にお目にかかれない他県の酒も、容易に味わう事ができるようになった。

東北や西方はどのような味なんだろうか、興味津々である。

肴も日本酒に合うものを選ぶようになっちゃったしね。^^;

DSC01630.jpg

若い頃は、沢山飲んで酔っ払うのが楽しかったが、

今では缶ビール500ml 2本に日本酒を2杯ですっかり夢の中。

随分と安上がりになりましたよ。(笑

あっ、でも念を押して言いますが、私、日・月が飲酒日。

週5日は基本アルコール摂取致しませんので、あしからず。。。


nice!(24)  コメント(19) 
前の5件 | -