So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

旅は翌日に終わった [お出かけ]

9月18・19日、家族旅行に出かけた。 一泊するのは3年ぶりである

仕事上、休みが取れるのは9月なので、台風の影響を受けやすい。 

前回は大雨だったし、今回も雨の旅となった。

目的地は、再び伊豆半島。 1日目は河津付近で遊ぶ。

001.JPG

3年前、台風で休園だったアニマル キングダムをリベンジ。

載せた画像はクマノミとカピバラだけだが、

実際にはたくさんの動物がいましたので、あしからず。

005.JPG  010.JPG

爬虫類と虫だらけのiZooにも、再び来店。

ここは園内にカメが這ってますから、足元に気をつけなければならない。

画像をいっぱい載せたいのだが、奥方が悲鳴を上げるモノだらけなので、

ここは無難なものをチョイスした。

息子はワニ肉を堪能しておりましたし、娘はワニを抱っこしてご満悦です。

014.JPG

ついでに下田まで足を延ばしてみた。 

その帰り道、時間調整のため海岸で海を眺る。

山里の住人である我が家族は、のんびり海を見つめる時間がない。 

40分くらい、ぼ~~~~~っと してましたかねぇ。

022.JPG

宿は、子供達の希望で3年前と同じ河津町の「かわづの里」。 

同じ場所に宿泊するのは初めての事。 食事がよほど気に入ったらしい。

前回、息子が蒸し魚をほぼ一人で食べてしまったので、

「あまり食べれなかった・・」という娘からの強いクレームを解決すべく、

コースに金目鯛の中華蒸しと塩窯焼きの2種類をスタンバイ。

4人で完食して、オーナーから「作り甲斐があります」と言われました。

夜食に頂いた生春巻きも、しっかり完食! もはや思い残すことは無い。^^

2日目は東伊豆に。 伊豆高原付近で「ふくろうカフェ アース」と

「オートマタ美術館」 「ねこの博物館」を周る。

特に子供達は、猛禽類を直に触る事が出来て大喜びであった。

025.JPG

最後に伊東マリンタウンでお買いものして我が家へ・・・23:00に無事到着。 

なかなか運転し甲斐がありましたよ。

我が町から愛知県に抜けて新東名で静岡県に入り、

天城峠を越えて河津に。 そして伊東から湯河原経由で

箱根を越えて富士吉田から中央道へ。 

山梨県から長野県に入り、諏訪を南下して飯田~我が家と、

ぐるっと左回りで走りましたからね。

翌日は両足が死んでましたよ。 なんせマイカーはマニュアル車なので。。。

024.JPG

まあ、おそらく家族揃っての旅行も最後だろう。

今回が、ある意味我が家の「節目」になってくれればと考える。

巣立ちの時が近づいているようだ。

我が夫婦も、そろそろ心の準備を始めなければならないなぁ。。。

         030.JPG

q 

旅の翌朝、小包が届いた。 お世話になった宿からだった。

中身は、かみさんが履いていたサンダル。

かみさん、間違えて宿のつっかけを履いてきてしまったのだ。

途中で気づいて連絡を取っていたが、こんなに早く届くとは・・・

という事で、サンダルが無事に戻ってきて、

我が家族旅行は完全に終了した。

皆様も、旅先での忘れもの・間違いなどには

十分気を付けてくださいませ~。^^;


nice!(20)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

悩ませないで [日常]

とにかく!

このところ電話勧誘が多くて困る。

プロバイダを替えると電話料金が安くなるだとか、

光回線を替えるとお得だとか、高性能のルーターが出ただとか、

まー、手を変え品を変え頻繁にかかってくる。

たいがいは「仕事中で手が離せない」で押し切るのだが、

休日にかかってくるのが一番面倒だ。

なんせ仕事してないから「必殺の文句」が使えないからね。

相手もその道のプロだから、話の持って行き方が上手い。

聞いてしまうと向こうのペースに引き込まれてしまう。

確かに、お得な話かもしれないが、

もう半世紀以上生きて、

かなり旧式になってきた私の脳みそに、

今時のハイテクな話を電話越しでされても理解できない!

第一、子供の頃に

「知らない人に声かけられても

ついて行っちゃーいけないよ」

と仕込まれた世代だ。 突然の話を鵜呑みにはできないのよ。

まあ、向こうも商売だから、簡単には引き下がらないのは分かるけど、

しつこく何回もかけてくるのには閉口する。

商売上、電話に出ない訳にはいかないし・・・。

今のところ、ネット環境に満足しているから替える気はさらさら無い。

私は「ネットを使うだけ人」。

設定は友人任せだから、

聞かれても分かるか!

もう、そっとしておいて欲しいわ・・・(涙


nice!(22)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

終わっても頂く人 ^^; [音楽]

皆様には全く関係ない話だが、

「CD/SACDを全部聴いちゃえ企画」 は、

8月上旬にひっそりと完結した。。。 

あとは編集して「マイCD」を作ってドライブがてら聴くのみ。

この編集作業がまた楽しいんです。 面倒だけど。(笑

q

それにつけても!!

提灯シーズンを無事に乗り切ったので、 ここは「ご褒美」であろう。

自分に 十分甘い 、たいへーである。 

DSC01499.JPG 

いやー、ポール デイヴィスのこのアルバム、欲しかったんだよね~。

「名曲{アイ ゴー クレイジー}をUS盤で聴きたい」

という夢がようやく叶った。 プロコル ハルムはUKモノラル盤!  

ステレオ盤とどのように違うか検証してみよう。

しかし、今回の目玉は何といってもこれだね。 

DSC01501.JPG 

音楽史にその名を刻む名盤中の名盤を、

イギリスのオリジナル盤でゲット!!

(サイトの備考にそう書いてあったので、多分そうだろう。^^;) 

なんてったって、

あの ビートルズ様

このアルバム ですからね。

それなりのお値段

ではあったのだけれど、

頑張ったんで

崖から飛び降りさせて頂きました。

初回プレスじゃないから、私でもなんとか手が届いたんでしょうな。^^ 

長年探していたこのアルバムも、今回ようやく手に入れることができた。

DSC01503.JPG  

頑張った後は、良い事が待っているのである。(笑

発売当時、CDでしか買えなかったアルバムを、

徐々にではあるがレコードで揃えられるようになってきた。 

やっぱり、私はレコードの音が好きである。

ノイズがあっても、扱いが面倒であっても、魅かれちゃうんだよな。。。

さて、今回買ったレコードはクリーニングも試聴も無事終えた。

あとはお気に入りのカートリッジで、

腰を据えて聴きくのみ!

きっと新しい発見があるに違いない。 楽しみだなぁ。^^v 


nice!(17)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽

長野県南部巡礼? [日常]

休みの日である。

ようやく時間に余裕ができたので、 

提灯のお届けや床屋さんの配り物をドライブがてら、

風景などをカメラに収めながらゆっくり巡ってみようと企んだ。

時は8月21日午前9:30分。 気持ちよく晴れた暑い日だった。

 

まず、我が阿南町から車で北上、

注文があった祭り提灯を飯田市内に届ける。 

風越山 小-thumb-523x350-4671.jpg (ネットから拝借)

この飯田という街、パチンコ店と焼肉店が異常に多い

山間部ゆえに、他県に出るのも容易ではなかったからだろう。

海が遠いので、獣肉や昆虫を食する習慣は今も残る。

馬の内臓を煮込んだ「おたぐり」や、蚕の蛹を煮付けた「ひび」など、

個性的な食べ物もあるが、実は和菓子が美味しい土地柄でもある。 

「赤飯饅頭」なんか、インパクトがあって面白いかもね。

さあ、すぐさま折り返して阿南町方面へ南下。

途中、「峰 竜太」の故郷で有名な下條村で床屋さんに配り物を届ける。

2492061.jpg

10年前の看板なので今は変わっていますが、雰囲気だけでも・・・^^;

さらに戻って我が家を通り越し、一気に愛知県境の新野地区の床屋さんに。 

8月の「盆踊り」や1月の「雪祭り」が有名な高原である。

DSC01505.JPG 

山間から見える空が青い。。。 

ゆっくりもしてられないので、今度は静岡県境の天龍村を目指して下る。

天竜川沿いをひたすら走って、目的の床屋さんに配り物を届ける。

DSC01508.JPG

ここには、JR平岡駅に併設された「龍泉閣」という、

ホームから直接入ることができる便利な宿がある。 

特産品として、酒のツマミに珍重される「柚餅子(ゆべし)」がある。

さて、次だ。 今度は支流の遠山川沿いの道を走って、

飯田市南信濃は「遠山郷」の床屋さんにお届け物。

DSC01514.JPG

山間部の温泉では珍しい塩泉「かぐらの湯」や、

マトンを味付けた「遠山のジンギス」、熊・鹿・猪などのジビエ料理が有名。

DSC01515.JPG 

こんな吊り橋もあるよ~~。

さて、再び道を戻って、遠山川から天竜川沿いをひた走る。

DSC01518.JPG 

鉄っちゃんには有名な「飯田線」の鉄橋を、

給油ランプが点灯する車内から遠くに見ながら、泰阜村へ。

お出かけから戻ってきた直後の店主に、配り物を届けることができた。

ここは何と言っても、JR飯田線の「田本駅」秘境駅として有名! 

好きな人は、一度降り立ってみるが宜し。^^

さあ、配り物は全て片付いたから帰ろう。。。

DSC01522.JPG 

最後に、家の近くの深見地区の「深見池」をパチリ。

7月の祭りには、ここで湖上花火が楽しめる。 

やれやれ、ガソリンも何とか間に合った。

給油をして昼飯を調達して我が家に帰る。 時計は午後2時を指していた。

写真を撮りながらだったので、4時間半かかったか。。。

ちょっとした小旅行・・・というより巡礼かな?(笑

この後、ビールを頂いて気持ち良くなりましたとさ。

めでたし、めでたし。。。

尚、参考までに長野県南部の簡単な地図を載せておこう。

ルート検索の参考にしてもらえれば、幸いである。^^

 20100506205845.jpg


nice!(20)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

癒されよう・・・ [音楽]

q

最近巷では、レコードのみ成らず「カセット テープ」も見直されているようだ。

DSC01497.JPG

ダウンロードした音源をテープに録音すると、

音が太くなって面白いのだとか。

また、テープの種類で音が変わるのも受けているらしい。

私の世代ではごく有り触れたものであり、

青春時代に大変お世話になったアイテムであるが、

今時の若者には、馴染みの無い分「新鮮」に受け止められているようだ。

ノイズを無くし、細かい音もきちんと処理され、

どんな環境でも綺麗に聴ける今の音楽が、

必ずしも「良い音」とは限らないという事なんだろう。

003.JPG

私もFM放送の「エア チェック」はもちろん、

レコードを音源として「マイ テープ」なるものを作って楽しんでいた。 

録音レベルがレッド ゾーンを超えないようギリギリに収め、

曲の間を3秒無音にしたり、録音する曲の順番を模索したり、

60分テープなら片面30分に曲が尻切れトンボにならないよう

きっちりと収めるのを美徳とし、かなり神経質に作業していたのを思い出す。 

いつしか残りのテープ量を見ただけで、

「あと何分くらい録音できる」

見極められるようになっていたっけね。(笑

山のようにあったカセット テープは相当数処分してしまった。

今は大事なものしか残していない・・・

提灯シーズン中は、外出はおろか我がオーディオ ルームにも行けないので、

寝室のサブ システムで就寝前に聴く音楽が唯一の楽しみだった。

この程、珍しく3枚のCDを買ってみた。 

DSC01483.JPG 

面白い事に、全て女性ヴォーカルもの。

をじさんは癒されたかったんだね、きっと。(笑

サブの真空管アンプに通すと、

堅いCDの音も適度な柔らかさが出て無理なく聴ける。

こういう組み合わせも有りだなと思うし、

音楽初心者にお勧めしたいシステムだと感じる。

ただ、一つだけ気に入らない点がある。

2000年以降の「音」は、低音がやたらと強調されているものが多い。

なんか必要以上に響いてきて、違和感を感じるんだけどなぁ・・・(-”-;)


nice!(25)  コメント(22) 
共通テーマ:音楽
前の5件 | -