So-net無料ブログ作成
検索選択

心に響く詩 [詩のようなもの]

 

この前、「このカテゴリーは終わりです」

と言っておきながら、再び復活する事をお許し下さい。^^;

といいましても、私が書いたものは本当に終わりです。

ただ、先日PTAの会合の資料の中にとても心に響く詩があったので、

皆さんに知って頂こうと思いまして・・・

ちょっと長いですが、もしお時間がありましたら読んでみて下さい。

 

_______________________________

 

手紙 親愛なる子供達へ

                               原作詞 不明

 

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても

どうか そのままの私のことを理解して欲しい

私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても

あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

貴方と話しをする時 同じ話を何度も何度も繰り返しても

その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい

あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本の暖かな結末は

いつも同じでも 私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去っていくように見える 私の心へと

励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり

お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい

あなたを追い回し 何度も着替えさせたり さまざまな理由をつけて

いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の準備をしている私に

祝福の祈りを捧げて欲しい

いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかもしれない

足も衰えて立ち上がることすら出来なくなったら

あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように

よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい

あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらいことだけど

私を理解して支えてくれる心だけ持って欲しい

きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかり付き添ったように

私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい

あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと

あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私のこどもたちへ

愛するこどもたちへ

________________________________

 

私は、これから「旅立つ両親」と向かい合わなければなりません。

いつまでも元気でいるような気がしてますが、

人間は、いつかどうしても死ななければならない。

そんな、確実に衰えていく両親と、

どう接していけばいいのかが最近の悩みでありました。

この詩は、何かのヒントを与えてくれたように思います。

あるがままを受け止めていけばいいのではないか?

そんなことを思う、今日この頃です。


nice!(36)  コメント(42) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 36

コメント 42

いいだや

良い詩ですね。
現在、私の父がそのような状態で弟が介護しています。
弟に送りたいと思います。
ありがとうございました。
by いいだや (2010-11-19 09:51) 

せつこ

「あななと通った道は、わたしもいつか通ります。」
と言うことを忘れないようにしたいです。
たいへーさんは、素敵な人ね。
by せつこ (2010-11-19 10:27) 

ぐれなでぃん

似たような詩を知人からメールで送られた事があります。
ウチは両親共に元気でいるようですが、分からないものねー。
介護は恩返し・・・ですね!
by ぐれなでぃん (2010-11-19 10:28) 

yas

たいへーさんと同じような悩みを持っていたのかも知れませんでした。
いや・・・だれしも持っているでしょうし、多くの人が通る道だと思います。
ヒント・・・ありがとうございます!
by yas (2010-11-19 10:52) 

もももんがが

泣いてしまいました;;

うちの両親も近い未来、介護が必要になるときは、
この詩を思い出し、自分を育ててくれた恩返しだと暖かく励ましていこうと思います。
これは介護する人にも、される人にもとてもいい詩ですね。
コピペさせていただきました。
by もももんがが (2010-11-19 11:46) 

水谷

今は、両親も祖父祖母も元気ですが、、、
時は、平等に流れゆくものですからね…
老いも、年を重ねることも、一緒に流れていきますよね…
いつかは考えなくてはいけないことです。
と、気付きました、、、
by 水谷 (2010-11-19 14:20) 

たいへー

いいだやさんへ
当事者から、その子供世代からと、
いろいろな見方ができると思います。

せつこさんへ
毎日は優しくできないですけどね。(笑
どちらも苦しまないようであれば、最高ですね。

ぐれなでぃんさんへ
その為には、頑張らない介護でなければなりません。
疲れちゃったら、その後の人生大変ですもの。

yasさんへ
現実は厳しいかもしれませんが、
どちらもも追い込まないようにしないといけませんね。

もももんががさんへ
どうぞどうぞ。
される側も、する側も、少しでも楽になればね。
by たいへー (2010-11-19 14:23) 

たいへー

水谷さんへ
その立場にならないと、なかなか気が付かないものです。
それで良いのかもしれません。
by たいへー (2010-11-19 14:26) 

ベアトラック

コメントを残すべきか、少し迷いました・・・
心に染み入る、とても素晴らしい詞ですが・・・
それ故に、今の私には、ちょっと辛い内容の詞でした。
by ベアトラック (2010-11-19 14:41) 

okko

子どもには迷惑をかけたくない、と声高らかにおっしゃる方たちもいらっしゃいますが、
やはり、謙虚に迷惑を掛けるかも知れないけど、その時は勘弁ね、決して恩着せがましいのではない、受け止めておくれと言うのが、私たちの気持ちでもあります。
痛烈に胸に響きますね。
by okko (2010-11-19 14:53) 

neko

『子どもに迷惑をかけたくない』という方、いますよね。
たしかに『面倒』や『世話』はかかるかもしれないけど
『迷惑』ってのとは違うよと
言いたい…

自分の親にそれを言う機会がないんですよ
あっちがそう言わないから。(^◇^;)

by neko (2010-11-19 15:49) 

多夢

お互い、親より先に旅立たないようにしなきゃ。ね。
by 多夢 (2010-11-19 16:52) 

horigon

生きていくということは、綺麗ごとばかりではないでしょう。
冷静に親と向き合えないときだったあります。人間ですから。
そんな時に、思い出したい詩ですね。
by horigon (2010-11-19 17:26) 

Buji

たとえ親子でも、やりたい事、やって欲しい事を素直に伝えるのってなかなか出来ないし勇気もいる事ですけど・・・。なんだか人との関係というものを考えさせられました。いい詞ですね。
by Buji (2010-11-19 18:18) 

chalice

我が家の両親は、年をあまり取らないうちに亡くなりました。
現在の高齢化社会が、複雑に見えます。
じぶんは一人でいったいどうなって行くのかな?
by chalice (2010-11-19 18:23) 

そら

初めまして、たいへーさん。
いつも立ち寄らせて頂いておりますm(__)m
いろんな意味で考えてさせられる詩ですね。
今まで育ててくれた両親、今度は自分が手助けしてあげる
順番なんだなあって私は思います。
by そら (2010-11-19 18:48) 

komo

本日あまりのも天気がいいので母親と軽登山をしました。以前は一緒のペースだったのですが70歳を超えるとさすがに一服が多くなりましたね。あと何年こんなことができるんだろう。
by komo (2010-11-19 19:00) 

そらへい

私はもうずいぶん前に両親を見送りました。
両親は今の私と同じくらいの若さでしたが
死に向かっていくときは、早晩この詩のようになりました。
今は私や妻が自分の子供たちにこの詩のように語り掛けなければならない順番になってきました。
でもこの詩、
介護される側からのように語られていますが
実際は介護する側から書かれたのではないでしょうか。
される側はいろんな意味でもっと苦しいような気がします。
by そらへい (2010-11-19 20:35) 

きまじめさん

この詩、どなたかが、メロディーをつけて歌っています。
この詩を初めて聞いた時、
「きっと両親は、こういう気持ちでいたであろうに、自分はどう接していただろう」
と自問自答してしまいました。     後悔してももう遅いですが・・・ 
by きまじめさん (2010-11-19 23:26) 

びっけ

考えさせられますよね・・・・・・。(v_v)
祖母も父母も、今は元気ですが、決して他人事ではありませんし。
自分と夫と子どものこれからについても、考えさせられてしまいます。

この詩を歌にした曲、私も聴いたことが あります。
樋口了一さんという人の、詩の題名と同じタイトルの歌です。
by びっけ (2010-11-19 23:46) 

BPノスタルジックカーショー

おはようございます。

昨年、母を亡くしましたが・・・・
年のせいか涙もろくなりました。
by BPノスタルジックカーショー (2010-11-20 05:08) 

爆弾小僧

いずれ直面する親の老い
そうなっても笑顔で接することができるように
しっかり心にとどめておこうと思います。
ありがとうございました。
by 爆弾小僧 (2010-11-20 07:18) 

たいへー

ベアトラックさんへ
中には辛くなる方もいるでしょうね。
現実は綺麗ではないですからね。

okkoさんへ
自分の子供に素直に伝える・・・というのは、
なかなか難しいようですよ。
親のプライドもあるんでしょうかねぇ・・・^^;

nekoさんへ
近いから余計にね。
自営業だと、どっちも頑固なもので。(大汗

多夢さんへ
最大の親孝行なんでしょう。
予定ではそうなんですが。^^;

hotigonさんへ
親が段々弱くなってくると、
不思議と素直な方向に来ますね。
もちろん、淋しくもなってきますが。

Bujiさんへ
子供サイドが寛容な心をもてるかどうか・・・ですかね。
親は、そう簡単には折れませんもの。^^;

chaliceさんへ
歳を取っていく親の姿を見れる私は、
きっと幸せなのかもしれませんね。

そらさんへ
はじめまして。
順番だと自覚するまで、いろいろあるものですね。^^;
色々ある内が、お互い元気で幸せなのかもしれません。

komoさんへ
ほんとうですね。
私も知らず知らずのうちに、カウントダウンしてしまいます。

そらへいさんへ
そうだと思います。
実際される側になったら、メッセージを残せるかなぁ・・・
ただ、その姿で教えてくれてるのかもしれませんね。
by たいへー (2010-11-20 07:58) 

たいへー

きまじめさんへ
歌も聴きましたが、歌詞だけの方が味わいがあると思いましたので。
どんな形でも後悔はすると思いますが、
出来れば小さなものにしたいですね。

びっけさんへ
どうしても避けられないことだから、
なさ過ぎても、頑張りすぎてもいけないのでしょう。
丁度良いというのが難しいですよね。

BPノスタルジックカーショーさんへ
この事を考えると、時々眠れなくなります。

爆弾小僧さんへ
毎日は無理でしょうね。(笑
でも、時々はそうなりたいものです。
by たいへー (2010-11-20 08:09) 

kumimin

仕事で接している利用者さんのお気持ち、こうなのかもですね。
親は自分が壊れて行く恐怖を感じ、子どもはそれを認めるのに苦しむ。いくつものご家族と接していますが、その状況は決して同じではないけど感じることは同じなのかもです。
by kumimin (2010-11-20 13:12) 

たいへー

kumiminさんへ
別れは淋しいものですし、
どんなに頑張っても悔いは残るのでしょうね。
前向きに・・・でしょうかね。
by たいへー (2010-11-20 16:20) 

きまじめさん

本日、頂きました。有難うございます。
by きまじめさん (2010-11-20 21:08) 

Gamaoyabeeeen

「子供叱るな、来た道だもの。老人笑うな、行く道だもの」っていうフレーズを思い出しました。
by Gamaoyabeeeen (2010-11-20 23:38) 

むふ〜んEX

母が今その入口付近にいます。
私を忘れてしまってもかまわないけど
母の尊厳だけは大切にしたいと思っていました。
by むふ〜んEX (2010-11-21 00:41) 

Baldhead1010

子ども叱るな来た道じゃ。
年寄り笑うな行く路じゃ。
by Baldhead1010 (2010-11-21 06:41) 

麻小桃

両親も祖父母もまだまだ元気なので
つい忘れてしまいそうな感じになってますが、いずれその時がやってくるんですよね。
曾祖母が祖母に「いつも大変だねありがとう」と笑顔で言ったことを思い出しました。(ボランティアの人だと思っていたみたいです)
祖母に対する記憶が薄らいでも笑顔を見せた曾祖母の言葉が響きました。
by 麻小桃 (2010-11-21 21:31) 

旅爺さん

親愛なる子供達へ・・素晴らしい伝言です。
でもそうと分かっていても受け止める方は大変でした。経験者の爺。
by 旅爺さん (2010-11-22 10:58) 

mykaira

加納姉妹も真っ青なmykairaです。
ご無沙汰しておりました。

つい先日、義母と早朝お茶をすすっていたら、間が悪いので近くにあったチラシを見たら、それがお墓のチラシで動揺した私が・・・。
そんな私の目に焼きついたのが赤いお墓。ついつい口走って「赤いお墓ってあるんですね・・・」 
またまた間が悪くなって・・・どつぼにはまった私です。
その後はご想像にお任せします。

昨年、祖母を亡くし、先日実家で飼っていたダックスフンドが亡くなり色々考える時期もありました。
息子にはまだ死にたいすることがわからないようで話がかみ合わずてこずるときもありますが、自然にわかるときがくるでしょうね。
by mykaira (2010-11-22 15:02) 

たいへー

きまじめさんへ
もらって頂いて、感謝であります。

Gamaoyabeeenさんへ
しかし、どうしても子供に一言言ってしまうのよね・・・^^;

むふ~んEXさんへ
最後の日まで、ちゃんと見ていてあげたいですね。

Baldherd1010さんへ
いつかは私もおじいさんですものね。

麻小桃さんへ
忘れていっても良いのだと思います。
別れが後悔でなければね。

旅爺さんへ
だと思います。
覚悟して進もうと思いました。

mykairaさんへ
身内の死は、子供には大きな出来事らしいですよ。
我が息子が小1の時に祖母が亡くなったのですが、
しばらくは情緒不安定で、少しの間学校を休みました。
でも、時が解決してくれるようですね。
by たいへー (2010-11-22 17:02) 

わーこ

近しい人の死ほど 心に影響を与えるのですから
そうやって 考えられるよう
どこかに記憶しておくのは良いことかと思います
現実で当事者になっている間は
そんなことすら考えられませんものね
by わーこ (2010-11-22 22:06) 

はまちゃん

ピンクレディーも復活したことだし
たいへーさんのポエム復活もいいんじゃないでしょうか。(^^ゞ
by はまちゃん (2010-11-22 23:46) 

たいへー

わーこさんへ
そうですね、心の余裕がある今の内に
まとめておいた方がいいかもしれませんね。

はまちゃんさんへ
元ネタが尽きたので、
出しようがありませんが・・・^^;
by たいへー (2010-11-23 07:31) 

テリー

悲痛な詩ですね。私も、何年かしたら、介護が必要になると思いますが、子供を頼りにしようとは、思いません。実際のところ、一人で、あるけなくなった老人が子供の中で、生活するのは、生活のリズムが全く違い、無理があるかと思います。それぞれ、自分の生活リズムで、暮らすのが一番です。
by テリー (2010-11-23 09:33) 

たいへー

テリーさんへ
おっしゃるとおり、親世代と子世代では時差があります。
元気な内は埋める必要はないですが、
やはり、子世代が合わせていかねばなりますまい。
それが逆に、親世代の苦痛にもなるわけです。
キーワードは、「いいかげん」なのでしょう。
真面目にやればやるほど、どちらも悲惨な結末になるようです。
by たいへー (2010-11-23 11:15) 

鯉三

切実な問題ですが、この詩を読むと、あの子どもの日々がつい最近まであったことのように思えるから不思議です。わたしも同じように、現実をしっかり受け止めるための心構えが必要だなと感じています。
by 鯉三 (2010-11-23 14:23) 

おた

父とのことを、いろいろと思い出してホロリとしちゃいましたよぅ。
現実は、思っている以上に辛く大変で、大切なことを忘れがち。

by おた (2010-11-24 11:58) 

たいへー

鯉三さんへ
それが親孝行なのかもしれませんね。

おたさんへ
余裕なんか無いのでしょうね。
どこかで気分を外さないと、やってられないと思います。
by たいへー (2010-11-24 15:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。