So-net無料ブログ作成

馬鹿でもいいの [レコードなど]

ハッキリ言おう。

私はレコード馬鹿である。

あの黒くてくるくる回る物体に魅せられた男である。

ジャケットのサイズも気に入っている。

壁に掛ければ、立派なアートとして部屋に彩りを添えてくれる。

とはいっても、商売繁盛で儲かって仕方がないとか、

親の遺産が転がり込んで一生安泰などという事は一切ない、

日々の生活に追われるごくごく平均的な一社会人である。

当然、お小遣いも普段の絶え間ない備蓄の賜物であるから、

欲しいものを全て手に入れられる余裕は無い。

なので、普段は「漱石2枚」くらいのものなのだが、

中には「どうしても欲しい」と思える物件に出会う事がある。

そういう時は、勇気を出して頑張ります!

そんな私が、今までに買った中古レコードの中でも高額ベスト3は、

以下のとおりである 

  

b.jpg  「アビィ ロード」   ビートルズ

 

Doors-The-Doors-1967-Front-Cover-62396.jpg  「ドアーズ」     ドアーズ

 

DonaldFagen_TheNightfly.jpg   「ザ ナイトフライ」    ドナルド フェイゲン

いずれも名盤ばかり。

詳しい金額は表さないが、「諭吉越え」とだけ言っておこう。

だが、私が出した金額は相当控えめだよ。

状態の良いオリジナル盤、もしくは初期プレス盤は希少であるから、

出資金額が上がるのは当然である。 1枚で5万・10万は当たり前で、

中には数十万なんて値段が平気で出てくる世界である。

流石にそこまでは手が出ないし、出したくはない。

私の拘りとしては、

「レコードは聴いてなんぼ!」 

綺麗に管理された観賞用のプレミア盤より、ノイズやカビがあっても

ちゃんとプレイできる ほうが何倍も魅力的だと感じるからだ。 

記録された音楽を聴くために生まれてきたのだ。

眺めているだけじゃ勿体ないよねぇ・・・。


nice!(19)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

メガネは友達! [日常]

私はメガネ族である。

中3の頃から、メガネに頼った生活をしている。

受験勉強で視力が低下した・・・ と胸を張りたいところだが、

当時の成績を見るとその可能性は限りなくゼロに近いと言わざるを得ない。 

いったい、何を見ていたのだろう? ^^;

そんなこんなで、今に至るまで様々なメガネを使ってきた。

フレームが好きで長い間お世話になったモノや、

購入後、何らかの理由で壊滅的なダメージを負って消えたモノや、

気に入って買ったにもかかわらず、なぜか使用頻度が少なかったモノ・・・

諸々の理由で使用不能になったメガネは数知れない。

結果、現在はこんな状態に至っています。

m1.jpg m2.jpg

m3.jpg m4.jpg

いわゆる「日常用」である。 その日の気分で使い回している。

私、ことメガネに関してはかなり神経質なのかもしれない。

軽くどこかに当たったとか落としたりすると、耳やら鼻やらに違和感を感じ

掛け心地が悪くなったような気がして、イライラしてくるのだ。

で、その度にフレーム矯正に行っていたのだが、

さすがに頻繁に行くのも疲れるので、この体制になった。

4つあれば、ハプニングが起きても慌てて矯正に行かなくて済むしね。

m7.jpg

                               m8.jpg

こちらは「仕事用」。 黒が「提灯用」で家紋や文字など墨を入れる時に。

赤は「床屋用」で、刈り上げなどの細かい作業に使用している。

どちらも手元が見やすいタイプなので、車の運転には向かない。

m5.jpg

                                       m6.jpg

こちらは一世代前に使用していたもので、今は「飲酒用」に使っている。

フレームがしっかりしているので、飲酒時にどのような体制・状態になっても

大丈夫だし、壊れても悔いが残らないものなので安心して飲める!

いつだったか、こたつの中から

ホットな状態で見つかった事もあったな。(笑

まあ、付け加えるならば、運転用のサングラスが欲しいくらいか?

とはいえ、私はメガネ コレクターではない。 

知らないうちに増えただけで、運よく使い続けられているだけなのである

私みたいに複数を使い回す人って、結構いるのかな? 

一昔前は、気に入ったフレームばかり使っていたんだけどな。

皆さんは、どうですか?


nice!(29)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

〇〇専用 [オーディオ]

モノラル レコードをより良く聴くには、モノラル カートリッジが不可欠だ。

ステレオ カートリッジでも聴けるんだけど、比べてみるとその差は歴然である。

私のシステムは、レコード プレーヤー ~ 昇圧トランス ~ アンプという接続で、

使っているトランスは全てステレオ対応だ。 

ステレオ盤の方が多いからそうなっているだけで、

モノラル盤を聴いて問題が発生する、ということはない。 

だが、もっと良くしたいという思いには制限が無いのである。

だから、こういう決断をすることになるのだ。。。 

DSC01596.JPG 

モノラル専用の昇圧トランスを導入してみた。

同社のCG25Diなどの高出力MCカートリッジにマッチするようである。

いやいや、驚きますよ。 

初めはSPU NOMO GM MK2で聴いたんですが、

音圧が強い! 高音はクリアだし、低音は引き締まるし、

図太い中音がどんどん前に出てくる。

60年以上前に録音された往年のジャズが、

今そこで演奏しているかのようなクリアさと熱さを感じる。 

DSC01600.JPG 

DENON DL-102も試したが、

クリアな高音が加わった全体に引き締まった音が出た。

エージングが進めば、もっと円やかさや温もりが出てくるだろう。 

クリアさや力強さを包みこんだ感じになるのではないかと思われる。

モノラル録音は

古くて音が悪いというのは、嘘だ。

よーするに、レコードには元々膨大な情報が入っているのだが、

再生するリスナー側がうまく引き出せないだけなのだ。 

録音状態に合った再生方法を取れば、

いくらでも素晴らしい音を拾い出すことはできるのである。

DSC01601.JPG 

電源もいらないこんな小さな箱が、大きな威力を発揮する。 不思議だね~。 


nice!(20)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

新旧 [音楽]

去年の12月も、レコードが我が家に届いていたなぁ・・・(笑

DSC01590.JPG

右は1967年、左は2016年に発表されたアルバムだ。

この2枚のアルバムには、49年 という時間の開きがある。

ヒッピー ムーヴメント真っ只中のサイケでドラッグで創造的な「右」と、

ジャズを基盤とした聴きやすいソフトで耳当たりの良い「左」。

機材や感性、その他諸々が全く違う環境下で作られたこの2つの作品は、

70年代中頃~90年代初めまでガンガン音楽を聴いていた私にとっては、

どちらも「圏外」なんだ。 

ラジカセで最新のヒット曲を追いかけていた75年頃の私には、

ジェファーソン エアプレインの楽曲はとても古臭く聴こえたものだ。

オーディオ システムがある程度整った90年代の私は、

女性ヴォーカルものをあまり聴いていなかった。 

キャンディス スプリングスの様な楽曲に振り向くことは、まず無かったのだ。

 3888.jpg      

https://www.youtube.com/watch?v=2EdLasOrG6c

  - Somebody To Love - (Jefferson Airplane)

 

     06_Z1A2308.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=-Xlaql9o9Uqs

        - Plase To Hide -  (Kandace Springs)

時は流れ、提灯屋を継いで6年目の私。 

作業のお伴には欠かせない、FM放送から流れてくる新旧の音楽を

なんとなく聴いていると、気になった音楽を無意識にチェックしたりします。 

この2枚のアルバムは、そんな経緯で私のところまでやってきたのである。 

若い頃は、何かとこだわりを持って聴いていたはずなのに、

今は特に抵抗も無く幅広く受け入れられるようになった。 

これはリスナーとしての進歩? 寛容になっただけ?

様々な理由付けは出来るけれど、

今現在の私の心に響けばそれで良い・・・

という事に尽きるのかな?(^^


nice!(16)  コメント(13) 
共通テーマ:音楽