So-net無料ブログ作成
検索選択

アレンジ力 [音楽]

q


私は、ライヴに1度も行ったことが無い
音楽リスナーである。


月曜休みだから、あまりやっていないのよね。

地方の山里住まいは、会場までの移動時間も長いし、

休みの日にいろいろと用事が入るもんだから、尚更だ。

だから、ライヴに行って生の音を聴ける人達が羨ましくもある。

そんな私だって、時にはライヴの雰囲気を味わいたくなるんだ。

昔は嫌いだったが、今はライヴ アルバムの音も好きになったよ。



   71paScfW+xL__SL1300_.jpg
【Secret World Live】
                 Peter Gabriel ’94

https://www.youtube.com/watch?v=KqmGBMwTwws
               (こんな感じだったのね。いいなぁ。)



今は「ゆ~ちゅ~ぶ」でライヴの模様を見れるけど、

当時はライヴ アルバムの音だけで様子を想像するしかなかった訳。

だから、スタジオ録音とライヴ録音でのアレンジの違いに驚いていた。

     d2298b49.jpg

私の「神様」ピーター ガブリエルは、昔からライヴに一工夫するらしい。

それは、サウンド面でも同じである。

あの曲が、ライヴでは長さもアレンジも
全く違う別バージョン!?

なんてー事は茶飯事である。 いつも新しい感動を得られるんだ。


レコードの音をライヴで再現することを望むファンもいるだろうが、

私はこれで良いと思う。 同じ曲を2倍楽しめるじゃない?

それは、ミュージシャンにとって大変な労力かもしれないが、

視覚と音が融合できるライヴならではの魅力がそこにあるのだろう。

彼はデビューした70年代初めからやってるから、
先見の目があったんだろうな。
 

ショー アップされて、いろいろな工夫が散りばめられているのが、

今のライヴなんだと感じる。 
汗水垂らして一生懸命演奏するのも、

決して間違ったスタイルではないんだけどね。。。

rs-195566-85847850.jpg

いつか、仕事に余裕が出来たなら、

好きなミュージシャンのライヴに行って、雰囲気を楽しみたいものだ。

まあ、床屋と提灯屋の2足のわらじを履いているので、

考えているようにはいかないかもしれないが。

nice!(21)  コメント(21)