So-net無料ブログ作成

元気100倍! [音楽]



元気ですかぁ~~~!

本格的な秋を迎えようとしている、今日この頃。

寒暖の差で体調など崩されてはいないでしょうか?

私は秋祭りの提灯がようやく仕上がったんですが

心身共にヘトヘトでして・・・


出来る事なら、アンパンマンに顔を分けて欲しい位です。^^;

こんな時には、元気な曲でも聴いて気分をハイにしたいものです。

若者のエネルギーを、ちょっとでもお裾分けしてもらえそうだしね。



   img_0.jpg
【Mayby You’ve Been
      
Brainwashed Too】
                  New Radicals ’98
https://www.youtube.com/watch?v=DL7-CKirWZE
          - You Get What You Give -



若さゆえ・・・ このアルバム1枚で解散しちゃったけど、

この曲を聴くと不思議に元気をもらうんですよ。

和洋問わず、若者は元気が一番です。

そういう私も、元気な時代があったんだけど、

いつの間にかすり減っちゃって、疲労が抜けないこの頃です。

全力疾走はもう無理だけど、休みをうまく使って緩急をつければ、

まだまだ踏ん張れそうだ。

new-radicals-5248beb7cc910.jpg

とはいえ、今のところ「昔に戻りたい」とは思わないし、
「今が一番良い」のだと思っているわけで。

目の前の課題をクリアしていくのに精いっぱいで、

先を考える余裕はないからなぁ・・・


未来のことは、その時になって考えよう。

成る様に成るさぁ~。^^


nice!(21)  コメント(16) 

個性 [音楽]



l2.jpg もう10か月・・・

レオン ラッセルが亡くなったのは、去年の11月の事である。 

時代を彩ったミュージシャンが、また一人居なくなってしまった。 

まさか、自分が見送る立場になるなんて・・・

ラジカセに噛り付いていた学生時代には考えもしなかった。 

月並みではあるが、超有名なバラード「A Song For You」が、

彼との最初の出会いだった。

美しいピアノのメロディとあの濁声のミスマッチが、
なんとも言えない雰囲気を醸し出してるんだよな~。

どことなく泥臭くてディープな味付けなんだけど、

基本メロディアムな曲が多いんだ。

多くのミュージシャンが彼の楽曲をカバーしているのは、

ソングライターとしての才能が一級品だという証。

好き嫌いは分かれるなとは感じたけれど、私はどハマりしたね。(笑


q

  無題a.png
【Will O’ The Wisp】  
              Leon Russell ’75

https://www.youtube.com/watch?v=mLLuahd1isk
           - Bluebird -

q

数あるヒット曲の中でも、これは特に好きなんだ。

いつ聴いても心揺さぶられる素敵な曲だと感じる。

追いかけるはずの「青い鳥」が自分から離れていく・・・

そんな内容を、深刻にではなく優しく軽やかに歌うんだ。

そういうところがセンスだし、上手さだよね。

70年代にはいぶし銀の如く輝いた、

ミュージック シーンには欠かせない中の一人だと思う。

個人的ウンチクだが、 image.jpg  

彼の様な個性の強いミュージシャンが、最近少ないのは淋しい。

洗練された、大衆受けする今時の音楽が悪いという訳ではないが、

苦み・渋み も無いと全体が締まらない気がする。

まあ、昔から「お前の聴く音楽はマイナーだ」と言われてたので、

少数意見だとは思うんだけどね。。。

nice!(19)  コメント(14) 

衝撃 [音楽]



SADEの登場は、私にとって衝撃であった。。。

私好みだったのは言うまでもないが、

当時の流行りの音楽とは一線を博していたからでもある。

厚みのある低音と力強いリズムを兼ね備えたサウンドは、

余分な味付けを排除して各楽器の音を強調することで、

ヴォーカルのハスキーな声質をより魅力的に聴かせてくれる。

        img_1.gif


彼らの音楽は「静」である。 

ドラム・ベース・ヴォーカルが1本の大木のように真ん中にあって、

その他の音が枝葉のように包み込んでるんだ。

激しさや奇抜な音は一切無いんだけど、

いつもにじみ出てくるような「熱さ」を感じるんだよね。

シャーデイ アデュの、歌の上手さや声の良さも一因だよな。

ついつい引き込まれちゃうもんねー。

sade_lge.jpg  article-2114294-0C4BD47100000578-93_226x384.jpg

彼女無くして、SADEは存在できない。

しかし、彼女だけの力で世界的なグループになった訳ではない。

明確なサウンド コンセプトや音への拘りなど、

他のメンバーやスタッフの強力なバック アップがあったから、

あの歌声が映えるのだと感じる。 

デビューから30年以上、今尚高く評価されているのは、

誤魔化しの無い「シンプルなサウンド」
だからかもしれないね。




  41KepfYIV2L.jpg
【Diamond Life】 SADE ’84
https://www.youtube.com/watch?v=0fNV9nvQ2ZA
       - Hang On To Your Love -



気づけば私は、デビューからずっと彼等を追いかけている。

たったの6枚オリジナル アルバムをレコードで揃え、

気が向いた時に聴いて喜んでおります。

不思議に飽きないんですよ~、何回聴いても。 

おそらく、その音楽が時代を選ばないからでしょうね。

nice!(24)  コメント(16) 

本質 [音楽]



  61ytZmqlpfL__SY355_.jpg
【Nearly Human】 
         Todd Rundgren ’89

https://www.youtube.com/watch?v=bGqQyxcHqfE
        - The Waiting Game -



一言で言うと「力作」である。

よーするに、一発録りの音調整無しで作った「スタジオ ライヴ」だ。

だから、音が混ざり合って細かな音が聴きにくかったり、

全体的にボケているように感じるけれど、

生演奏が持つ温かみや臨場感や綺麗な共鳴、

ミュージシャンの技量が思う存分味わえる仕上がりになっている。

紹介の映像の音とアルバムの音との違いは、
ほとんど無い。


録音出来なかった時代は、本番で観客を満足させるしかなかった。

これが音楽の本質なのだろうと思う。

スタジオで作り込む音楽は、また別の魅力があるんだけどね。^^

無題.png トッド ラングレンといえば、

スタジオに籠ってあらゆる機器を駆使し、
様々な楽器を操って自在に音楽を作り込む 

マルチ プレーヤーという印象が強いが、

過去の作品でも1発録りを楽しそうにやっているから、

生演奏が案外好きなのかもね。 


89年頃は、音の加工や編集がスタジオで複雑に出来た。 

そんな最中に、こんなアルバムを作る。 

かえって新鮮な発想じゃないですか。

c0048418_11282199.jpg 

私は、彼の生み出すメロディー ラインが好きなんだ。 

特にバラード系は、美しく切なくなるような音が並んでくる。

持って生まれた才能をヒシヒシと感じるなぁ・・・

そんな思いを巡らせながら、音楽に耳を聴けるようになったこの頃。

そろそろ秋の気配。 オーディオ ルームに籠る日々になりそうだ。。。

nice!(21)  コメント(19)