So-net無料ブログ作成
検索選択

メガネは友達! [日常]

私はメガネ族である。

中3の頃から、メガネに頼った生活をしている。

受験勉強で視力が低下した・・・ と胸を張りたいところだが、

当時の成績を見るとその可能性は限りなくゼロに近いと言わざるを得ない。 

いったい、何を見ていたのだろう? ^^;

そんなこんなで、今に至るまで様々なメガネを使ってきた。

フレームが好きで長い間お世話になったモノや、

購入後、何らかの理由で壊滅的なダメージを負って消えたモノや、

気に入って買ったにもかかわらず、なぜか使用頻度が少なかったモノ・・・

諸々の理由で使用不能になったメガネは数知れない。

結果、現在はこんな状態に至っています。

m1.jpg m2.jpg

m3.jpg m4.jpg

いわゆる「日常用」である。 その日の気分で使い回している。

私、ことメガネに関してはかなり神経質なのかもしれない。

軽くどこかに当たったとか落としたりすると、耳やら鼻やらに違和感を感じ

掛け心地が悪くなったような気がして、イライラしてくるのだ。

で、その度にフレーム矯正に行っていたのだが、

さすがに頻繁に行くのも疲れるので、この体制になった。

4つあれば、ハプニングが起きても慌てて矯正に行かなくて済むしね。

m7.jpg

                               m8.jpg

こちらは「仕事用」。 黒が「提灯用」で家紋や文字など墨を入れる時に。

赤は「床屋用」で、刈り上げなどの細かい作業に使用している。

どちらも手元が見やすいタイプなので、車の運転には向かない。

m5.jpg

                                       m6.jpg

こちらは一世代前に使用していたもので、今は「飲酒用」に使っている。

フレームがしっかりしているので、飲酒時にどのような体制・状態になっても

大丈夫だし、壊れても悔いが残らないものなので安心して飲める!

いつだったか、こたつの中から

ホットな状態で見つかった事もあったな。(笑

まあ、付け加えるならば、運転用のサングラスが欲しいくらいか?

とはいえ、私はメガネ コレクターではない。 

知らないうちに増えただけで、運よく使い続けられているだけなのである

私みたいに複数を使い回す人って、結構いるのかな? 

一昔前は、気に入ったフレームばかり使っていたんだけどな。

皆さんは、どうですか?


nice!(29)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

今年は上向きで・・・ [日常]

15日の午前9:00、地域の「どんど焼き」が行われた。

正月の飾りや門松などを山のように盛り上げ、火を付けて燃やし、

餅などを焼いて食べて1年間の無病息災を願う行事である。

休みと重なったので、夫婦揃って参加できました。

厄払いも兼ねておりますので、厄年の人は主に日本酒1升出します。

今年は5・6本並びましてね。

この酒、集まった方に飲んで頂き、

空になったら厄が払える

という言い伝えがありまして・・・

20数人の小さな集まりなので、

次から次へと注ぎに回ってくるわけです。

我が家も娘が数えで19歳の厄年を迎えましたので、

ビール一箱出させていただき、集まった人に配りました。

餅も焼いて食べましたし、今年は穏やかに過ぎて欲しいですなぁ。

なんだかんだで忙しかったので、どんど焼きの画像はありません。 

それにしても、

午前中の日本酒は効きますな・・・

寒いから飲むし、火で炙られるし、 酔いが回りますわなぁ。

当然、午後は撃沈! ・・・結局翌朝までこたつの子守りでしたよ。

002.JPG 年末年始は、珍しく日本酒で。

美味いけど酔いは回る。。。(^^;


nice!(22)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

私の悪い癖 [日常]

歳なのだろう、アルコールの摂取量が年々少なくなっているようである。

でも、飲み会の終わり頃の記憶は気持ちよく飛ぶ事が増えた。

同世代では当たり前の事らしいので少しホッとしているが、

「ちゃんと金払っただろうか?」とか

「皆様に迷惑をかけていないだろうか?」と起きて悩むので、

最近は飲み過ぎないように心がけている。

宅飲みのほうが気が楽なので、ついつい量が進むね。

どうやら、「暴れる」とか「絡む」とかは無いようだが、

気持ち良くなってリビングで寝てしまう事もしばしば。 すると翌日、

「酔うとイビキがうるさいから自分の部屋で寝て!」

かみさんと娘に怒られる。 まあ、この程度なら可愛い方だろう。^^;

q 

「覚えていない」というのは、便利な面もあるが謎を残す場合もある。

音楽好きな私は、気持ち良くなると無性に音楽を聴きたくなる。

それ自体は悪い事ではないし、ちゃんと聴ける場所に行くから、

家族に迷惑をかけている訳ではない。

ただ、朝目が覚めると、レコード回りっぱなしだったりとか、

リクライニング チェアーで複雑怪奇な体制で寝てたりとか、

レコードなどが数日後に突然届いたり、

様々なイリュージョンが起こるのだ。^^;

たぶん、その時は覚えているのだが、寝てしまうと忘れるのだろう。

今のところ大事故は起きていないが、

その内レコードを傷つけちゃったりとか、

針を折っちゃっただとか

取り返しのつかない事態が起きるのではと、

心ハラハラなのである。 

DSC01589.jpg

しかしである。 人間、好きなことは止められぬ。

酒を飲みながら音楽を聴くのが大好きなので、多分一生この癖は続く。

まあ、改心は無いだろうなぁ。(笑


nice!(27)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽

実験 [日常]

お客様から聞いた話である。

その方は日本酒が好きで、甘口の香りが立つのが好みだそうだ。

私はビール党で、焼酎で〆るので日本酒は普段飲まない。

冬は熱燗を嗜むようにはなったが、それでもひと月に1回有るか無いかだ。

過去を振り返ってみると、日本酒に関して良い思い出はあまり無い。

翌朝の辛い記憶ばかりがリフレインするのである。

「日本酒は翌朝頭が痛くなるんですよね」 と言ったら、

「安い酒はそうなるけど良い酒はならないよ」 とお客様。

そうなのか? ならばこの身で確かめるしかない。

誕生日が来ても、家族からの祝いの言葉も無い淋しい親父である。

ここは自分へのご褒美がてら、ちょっと奮発してみた。

002.JPG 

「樋口一葉」に少し足したので、私としてはかなりの冒険だ。

あまり詳しくないので、その昔全国理容競技大会で訪れた、

宮城県は仙台市でお土産として買った事のある銘柄にした。

いつもはビール~焼酎の流れだが、焼酎を日本酒に替えて、

実験スタート!

1日目は「冷や」で徳利3本、2日目は「燗」で2本飲んでみた。

うん、やっぱし大吟醸は美味いよなぁ・・・ 上手く表現できないが、

甘過ぎず、キツ過ぎず、香りもほど良く口当たりがとても柔らかい。

「冷や」の場合、若干の前頭葉の重さはあったが、起床2時間程度で醒めた。

「燗」の場合、特に異状も無く爽やかに起床できた。

その昔の「2級酒」と比べれば、気持ち悪さは皆無だった。。。

結論。

若干飲み過ぎた程度なら、

良い日本酒は「吐き気」「頭痛」などの

二日酔いの症状が出にくいと思われる。

この「一ノ蔵」と佐渡の「北雪」なら、安心して飲めそうだ。

お財布と要相談だが、

たまになら他の銘柄にも挑戦してみたいものだ・・・

と考える、この頃のたいへーであった。

これから寒くなる。 おでんのお伴に最高だろうなぁ。。。


nice!(20)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

腫れちゃったのよ [日常]

8月の半ばだったか、

仕事中に右膝を床につけてお客様の髭を剃ろうとしたら、

親指の付け根にズキズキズキと痛みが走った。

その場は治まったが、翌朝痛みがぶり返したので湿布とテーピングをする。

様子を見ていたがいっこうに治まらないので、

筋でも痛めたかと整体屋さんに相談したところ、

「治してあげる」としっかり揉んでくれた。

翌朝、気持ちよくパンパンに腫れたので、

セカンド オピニオンではないが、近所の接骨屋さんに行って診てもらったら、

「骨折の腫れじゃない。 痛風かもよ・・・」と。

医者に診てもらえというので、痛む足でアクセルを踏んで最寄りの診療所へ。

先生曰く、「様子を見よう」と痛み止めと湿布を処方された。

んで、1週間後に再診。。。 

その先生、腕は良いのだが結構慎重派。 なかなか結論を言わない。 

「痛風かも知れないし、そうじゃないかもしれない」からと、

採血して2週間分の薬を出された。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

再再診の日である。

いよいよ年貢の納め時 覚悟を決め診療所へ・・・

先生あっさりと、

「痛風じゃないです。 尿酸値低いし・・・」

よーするに、親指付け根の重度の捻挫もしくは脱臼したところに、

マッサージが加わってより気持ちよく腫れたという事らしい。。。

なんだか拍子抜けである。

この3週間、痛風についていろいろ調べ、

プリン体の低い食べ物をチョイスし、

お客様にも「痛風か?」と言われながらも、

足を引きずって仕事をこなし、

家族旅行が控えていたので、

ボクサー並みの節制を課している私に、

「酒の飲み過ぎ」と罵声を浴びせる家族に耐え、

楽しいはずの旅行の宿の夕食時も、

「ぶり返し」を恐れてアルコールは舐める程度に抑え

違和感のある足でアクセルを踏み、道中全て運転した私。

神様はちゃんと見ていてくれたのね~。(涙  

ああ、これで飲酒日は、

心置きなく暴飲暴食できる!

酔い潰れてやるぞ!

ばんざ~~~い!!

 

DSC01571.JPG 

現在も湿布とテーピングしてます。 

痛み止め30日分を処方されたので、回復は遅いという事だろう。

まあ、半世紀生きてるしね~・・・^^; 


nice!(21)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

悩ませないで [日常]

とにかく!

このところ電話勧誘が多くて困る。

プロバイダを替えると電話料金が安くなるだとか、

光回線を替えるとお得だとか、高性能のルーターが出ただとか、

まー、手を変え品を変え頻繁にかかってくる。

たいがいは「仕事中で手が離せない」で押し切るのだが、

休日にかかってくるのが一番面倒だ。

なんせ仕事してないから「必殺の文句」が使えないからね。

相手もその道のプロだから、話の持って行き方が上手い。

聞いてしまうと向こうのペースに引き込まれてしまう。

確かに、お得な話かもしれないが、

もう半世紀以上生きて、

かなり旧式になってきた私の脳みそに、

今時のハイテクな話を電話越しでされても理解できない!

第一、子供の頃に

「知らない人に声かけられても

ついて行っちゃーいけないよ」

と仕込まれた世代だ。 突然の話を鵜呑みにはできないのよ。

まあ、向こうも商売だから、簡単には引き下がらないのは分かるけど、

しつこく何回もかけてくるのには閉口する。

商売上、電話に出ない訳にはいかないし・・・。

今のところ、ネット環境に満足しているから替える気はさらさら無い。

私は「ネットを使うだけ人」。

設定は友人任せだから、

聞かれても分かるか!

もう、そっとしておいて欲しいわ・・・(涙


nice!(23)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

長野県南部巡礼? [日常]

休みの日である。

ようやく時間に余裕ができたので、 

提灯のお届けや床屋さんの配り物をドライブがてら、

風景などをカメラに収めながらゆっくり巡ってみようと企んだ。

時は8月21日午前9:30分。 気持ちよく晴れた暑い日だった。

 

まず、我が阿南町から車で北上、

注文があった祭り提灯を飯田市内に届ける。 

風越山 小-thumb-523x350-4671.jpg (ネットから拝借)

この飯田という街、パチンコ店と焼肉店が異常に多い

山間部ゆえに、他県に出るのも容易ではなかったからだろう。

海が遠いので、獣肉や昆虫を食する習慣は今も残る。

馬の内臓を煮込んだ「おたぐり」や、蚕の蛹を煮付けた「ひび」など、

個性的な食べ物もあるが、実は和菓子が美味しい土地柄でもある。 

「赤飯饅頭」なんか、インパクトがあって面白いかもね。

さあ、すぐさま折り返して阿南町方面へ南下。

途中、「峰 竜太」の故郷で有名な下條村で床屋さんに配り物を届ける。

2492061.jpg

10年前の看板なので今は変わっていますが、雰囲気だけでも・・・^^;

さらに戻って我が家を通り越し、一気に愛知県境の新野地区の床屋さんに。 

8月の「盆踊り」や1月の「雪祭り」が有名な高原である。

DSC01505.JPG 

山間から見える空が青い。。。 

ゆっくりもしてられないので、今度は静岡県境の天龍村を目指して下る。

天竜川沿いをひたすら走って、目的の床屋さんに配り物を届ける。

DSC01508.JPG

ここには、JR平岡駅に併設された「龍泉閣」という、

ホームから直接入ることができる便利な宿がある。 

特産品として、酒のツマミに珍重される「柚餅子(ゆべし)」がある。

さて、次だ。 今度は支流の遠山川沿いの道を走って、

飯田市南信濃は「遠山郷」の床屋さんにお届け物。

DSC01514.JPG

山間部の温泉では珍しい塩泉「かぐらの湯」や、

マトンを味付けた「遠山のジンギス」、熊・鹿・猪などのジビエ料理が有名。

DSC01515.JPG 

こんな吊り橋もあるよ~~。

さて、再び道を戻って、遠山川から天竜川沿いをひた走る。

DSC01518.JPG 

鉄っちゃんには有名な「飯田線」の鉄橋を、

給油ランプが点灯する車内から遠くに見ながら、泰阜村へ。

お出かけから戻ってきた直後の店主に、配り物を届けることができた。

ここは何と言っても、JR飯田線の「田本駅」秘境駅として有名! 

好きな人は、一度降り立ってみるが宜し。^^

さあ、配り物は全て片付いたから帰ろう。。。

DSC01522.JPG 

最後に、家の近くの深見地区の「深見池」をパチリ。

7月の祭りには、ここで湖上花火が楽しめる。 

やれやれ、ガソリンも何とか間に合った。

給油をして昼飯を調達して我が家に帰る。 時計は午後2時を指していた。

写真を撮りながらだったので、4時間半かかったか。。。

ちょっとした小旅行・・・というより巡礼かな?(笑

この後、ビールを頂いて気持ち良くなりましたとさ。

めでたし、めでたし。。。

尚、参考までに長野県南部の簡単な地図を載せておこう。

ルート検索の参考にしてもらえれば、幸いである。^^

 20100506205845.jpg


nice!(20)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

あたしゃ疲れたよ [日常]

001.JPG

なんともやるせない3ヶ月が過ぎました・・・

役員会・総会のオンパレードで休日もほぼ無く過ごしておりました。

なので、この時期に進められる提灯の下ごしらえが大幅に遅れたため、

シーズンに間に合わせるために「朝作り・夜なべ」をしなければならず、

只今疲労困憊のたいへーです・・・思い返せば、他にもいろいろ大変だった。

家のトイレが凍って大洪水になるし!

サインポールは壊れるし! 

店の漏水が発覚するし!

洗濯機のホースが外れて水浸しになるし!

・・・なんか、とても疲れたけど、ようやく一段落。。。

となれば、音楽で癒されるしかありませんね。^^

005.JPG

まあ、いいでしょう。 後は来る提灯シーズンに向けてのラスト スパート!

の前に、今はしばしの休息ですね。。。 (漏水の修理代が気になるけど・・・)


nice!(28)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

まだ早い? [日常]

最近、お客様に叱られた。

「まだ若いのに、そんなこと言ってちゃダメ!」と。

私はこの頃、自分の余生を考え始めている。

子供達のどちらかが家を継いでくれるのなら良いが、

もしかしたら2人とも家を離れ、別の場所で生活を始めるかもしれない。

そうなると、かみさんと2人で残りの人生を歩む事になる。

(別れずにいたらの話ではあるが・・・^^;)

私の理想は、かみさんより先に死ぬ事である。(笑

男の身勝手と言われるだろうが、仕事以外はからっきしダメだから、

残ったらそれこそ「男ヤモメに蛆が湧く」だろうなぁ・・・などと話したら、

「そんなのはもっと年取ってからの話よ。」

とお客様は言ってくれた。

私達は、毎月介護施設の出張理容をしています。

ベットから降りられない人や、痴呆が進んでさっき言った事すら忘れてしまう人、

順番を待てずに歩きまわる人、何やら怒ってる人、爆睡してる人etc・・・

そんな方々をカットしていると、どうしても老後や死について考えるようになります。

いつかは私もこんな施設にお世話になるかもしれないとか、

どうせボケるなら、半呆けより完全に呆けちゃったほうが

幸せかなとか。。。

人間、いつかは死ななければならない。

どんな形で死んでいくかは分からないけど、なるべく後悔は少なくしたいな。^^

やりたい事は今の内にやっておきたいし・・・なんて思いを巡らせてしまう。

50をちょっと過ぎたオヤジなんだけど、

まだ早いでしょうかねぇ?

もちろん、まだまだやりたい事は沢山あるから立ち止まるつもりは毛頭無いが、

どこか頭の隅に「こんな考え」を置いておいても良いかなと感じる。

私が元気な内に子供達も自立して欲しいし、

先に送らなければならない人も、まだ複数いるし。

おそらく、今の状況が変われば、考え方も変わっていくだろう。

結局のところ、

今日を頑張って生きる。

                         これに尽きるのだろうな。。。


nice!(27)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

見なくても困らない [日常]

TVを家の中から排除する家庭がチラホラあるらしい。

FMラジオからの情報である。 

若者のTV離れが言われて久しいこの頃であるが、

「まあ、分からなくもない」と、50過ぎの私でも思うのだ。

特に地上波が面白くない!

ニュースやスポーツ番組は見るが、それ以外は見たいと思う番組は希少だ。

もはやネットやBS/CSの番組から動画や画像を持ってきて番組作ってるし、

情報番組は食べ物の事ばかり。 ドラマは、もはやついていけず・・・

仕事中はお客様の為にTVをつけているが、しっかり見ることもなく。^^

提灯作業中はFM放送だし、何も用事のない休日などは、

自室で1日中音楽に浸っているから、見ない日も珍しくはないしな~・・・

N〇Kのこんな番組くらいかな、楽しみにしてるのは。

           bf89aef9.jpg

           img_0.jpg

私が子供の頃は、TVかラジオでしか「情報」を知る術が無かったのだが、

今じゃネットでいつでもどこでも知ることができるしね。

現時点で、家庭からTVが無くなっても、

特に驚かないと私は思うのだ。(個人的見解

まあ、もっと歳を重ねて今の様に動けなくなったら、

見るようになるとは思うから「処分」することはないな。

願わくば、その頃には「楽しみ」になるような番組が作られていることを願う。

       259_img.jpg

そういえば、昔は家具調だったんだよな、「テレビ」って。

当時の王様的権力の復活はいつの日か!?   


nice!(28)  コメント(24) 
共通テーマ:日記・雑感