So-net無料ブログ作成

大博打 [音楽]


私にはレコードの精霊が付いているのだろうか?

迷えるレコード達が、安住の地を求めてやって来るのである。。。


DSC01623.JPG


お客様から頂いた、ユニセフの企画モノのレコードである。

70年代の洋楽好きの方には、涙がチョチョギレそうな面子じゃない?

全て言い当てられたら、貴方も立派な洋楽フリークです。(笑



企画モノ・・・
といえば、今まで数多く出回っているが、

やはり超有名なのはこれじゃないかと思うんだ。


61j+kJ75gJL.jpg もはや伝説!! 

ウッドストック フェスティバル ’69
の模様を収めたライヴ アルバムである。

まー、今では出来ないよ、これは。  

トイレも宿も食べ物屋も無い畑のど真ん中に40万人の観客が集まって、

3日間のライヴ パフォーマンスに酔いしれたっていうんですから!

当時人気のミュージシャンが、よくもここまで集まったなと驚くけれど、

観客側は雨が降れば泥だらけの場所で野宿ですからね。

綺麗好きの方には、とてもとても。^^;

アルバム的にも、レコード会社の違う面々が集まってますから、

出演したけど「事情」で収録されなかったミュージシャンも多い。

出来が良いとは言えないが、当時の興奮と歓喜は十分に味わえるね。



私は、録画したドキュメント番組でよく見る。 

映像と共に聴いた方が、より多くの感動を得られるからだ。

ジョー コッカーの独特の動きと反り返った歌い方、

ジェーン バエズの透き通った芯の強い声、

ジャニス ジョプリンの熱く強烈なシャウト、

ジェファーソン エアプレインの観客に背を向けて演奏する姿、

ジミ ヘンドリックスの超絶なギター プレイ・・・

とにかく、みんな凄いわ! 

ライヴで叩き上げてきた実力を思う存分堪能できる。

その錚々たるメンバーの中で、私が一番心魅かれたのは、

当時は無名だった「サンタナ」の若さ溢れるパフォーマンスだ。


c0143347_1272315.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=AqZceAQSJvc

              - Soul Sacrifice -  '69



このフェスティバルの出演は、大きな賭けだったろう。

見事に勝って、彼らの名は世界中に知られることになった。

今も元気に活躍しているカルロス サンタナは、

そういう{運}をものにする力を持っていたということだろうね。

このステージを期に大きく羽ばたいた者、受け入れられなかった者、

最後の大輪を咲かせた者、様々であろうが、

世紀のイベントと語り継がれるに十二分な内容であったと思う。

きっと、1969年だからこそ実現できたんだろうな。 

たった1年前後しても、成り立たなかったと感じる。

「1969」はミュージック シーンにとって大きな意味を持つ数字だ。

リアル タイムで体験できなかった私が見ても、

その前と後とでは音楽の在り方が変わってしまったと思うんだ。


nice!(21)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

あの頃 [音楽]

q

 51L7CO+05mL.jpg 

音タイム】  ハナレグミ  ’02

https://www.youtube.com/watch?v=v5boRsZaSbE

             - 家族の風景 -  

q

やられた! って感じだった。

この雰囲気を日本人が出してるなんて、ちょっと驚いた。

元気の良いダンス ミュージックか等身大のラヴ ソング中心の昨今だから、

こんな感じの楽曲が「主役」で流れるのは稀だ。

この頃は、FMラジオから気に入った曲を見つける事が多い。

提灯屋を継いだ6年前から、学生時代に戻ったかように聴いている。

いや、むしろその頃より長い時間聴いているから、様々な曲と出会うのだな。

q

今から15年前の曲・・・ その頃私は40手前。 photo01.jpg

家庭を持ち、5歳と3歳の子供や親子の世代間の問題などに振り回され

かみさんの尻に敷かれながら、それでも楽しく暮らしていた。

今や息子は成人し、娘はあと1年で高校卒業だ。 

用が無ければ自室に籠って自分の時間を満喫している。

かみさんとの熱い抱擁は遥か昔の話、もはや「共同生活者」である。

年々老いてゆく母親の行く末に恐怖しながら、日々何とか踏ん張る生活だ。

私に愛想を振りまいてくれるのは、セキセイインコのピーちゃん位・・・(^^;

でも、この歌の様に、子供の頃の誰にでもどんな形でもあった「風景」は、

良くも悪くも一生持ち続ける思いだ。 きっと子供達も同じように持ち続ける。

resize_image.jpg

彼らの「家族の風景」は、どんな感じなんだろうね?

年を重ねる毎に、きっと強く思い出すのだろう。

手探りで行き当たりばったりだったから、自信は無い。

でも、様々な理由でそんな「思い出」すら持てなかった人も居るはずだ。

だから、「あの頃」を持っている人は幸せなんだと思う。


nice!(21)  コメント(18) 
共通テーマ:音楽

癒されたいお年頃 [音楽]

q

やっぱり、私はもう若くはない。

視力はどんどん悪くなり、メガネのリニューアルの回数は増えた。

体力も著しく低下。 2・3日ろくに寝ないでも働けた頃が懐かしい。

物忘れも多くなり、日々の生活にも支障が出だした。

その割には社会的用事は増える一方だ。 

子供達にもお金がかかる時期に差し掛かり、

「5年は金が無いよ」とお客様から訓示を頂くようになった。 

何かと疲れが溜まるお年頃なのかしら・・・

だからかもしれないが、最近はスローなバラードなんかが心に沁みる。 

 

   71rSXbIjtRL__SL1079_.jpg 

 【Luck Of The Draw】   
          Bonnie Raitt ’91
https://www.youtube.com/watch?v=nW9Cu6GYqxo 
       - I Can't Make You Love Me -

日本はさほどではないが、アメリカではビッグネームなボニー レイットが、

私の心を癒してくれる美しいナンバーを歌ってくれる。 有難い有り難い・・・

でも、本業はヴォーカリストではなくギタリストだったんだね~。

 a5ce8fe2.jpg なんか、とても楽しそうだな。

肝っ玉の据わったアメリカのおばちゃんって感じがしないでもない。(笑

そういえば、たま~~に飲みに行っても、

若い頃みたいにおねいさんとバカ騒ぎ出来る店には行かないな。 

むしろ、ママさんに話を聞いてもらって慰められたい、そんな所を選ぶ。

50過ぎると、たまには「叱られたく」なるもんです、はい。 

・・・話が反れた。 

10年くらい前からこの曲は知っていたんだけれど、

曲名もミュージシャンも収録アルバムも分からないままだった。

最近になって判明し、運よく通販サイトで見つけて急いでポチっと。。。

ところが、ちょっとしたサプライズが付いてきた。

当の本人、レコードで購入したつもりだったが、届いたらCDだった。

皆さん、ネット通販は急がずにちゃんと説明を隅々まで読みましょうね。^^;

e0c35368aab15fe10265ea77ed75bea2-260x300.jpg アルバム自体はちゃんとした出来栄えで、

損をしたとは思わないから良いのだけれど、やっぱりレコードで欲しいなぁ。

まあ、運が良ければ巡り合えるでしょう。 気長に待ちますか。

音楽に目覚めて40年以上経ったが、探し出したい音楽はまだまだある。

さらなる出会いを求めて、私の「旅」は続くのである。。。

                                          (おそまつ!


nice!(26)  コメント(26) 
共通テーマ:音楽

カッコいい音 [音楽]

この頃、妙に好きなんだよねー、このアルバム。

そういうサイクルに入っているのだろう。

ジャズが聴きたい時期とか、無性にロック三昧だったり、

思い出したようにジャパニーズに浸ったり・・・

その時の心境で求める音楽は変わっていくのね。

     4116021100.jpg 

【The Clark / Duke Project】 ’81
https://www.youtube.com/watch?v=hEOEGw1U_J0
                - Sweet Baby -

ブラック特有のリズム感・力強さ・空気感・切れの良さ・・・

日本人には出せないそんな「濃さ」を、無性に求めたくなる時だってある。

なんかね、全てがいちいちカッコいいのよ! 

聴き終ると、心の底からスカッとするんだよね。 

若い頃は、いわゆるファンク色の強いモノについていけなかったけど、

今はようやく楽しめるようになってきた。

このジャンルはまだまだ開拓出来そうである。

・・・という事は、レコードがさらに増える暗示でもあるのだが。^^;

9cfb88ba68e3b0836d5f20cab7944b8b.jpg 

見た目のカッコ良さも大事だけれど、

ミュージシャンなら音のカッコ良さも重要であろう。

このくらい表に出してブイブイいわせてくれると、かえって清々しい。(笑

やっぱ男たるもの、人より秀でたモノを一つくらいは持ちたいと思う。

きわめて平均的なおじさんであるたいへーからすれば、

そーゆーモノを持っている人に憧れすら感じてしまうのである。

であるからして、第2弾も当然ながら購入してみた ・が!

project_2.jpg これはこれで好きな人はいるだろうけど、

いろいろ洗練されて「濃さ」が無くなっちゃってて、個人的にはガッカリ。

2番煎じでも良かったから、もっと「暴れて」欲しかったな~。 

世の中、思い通りにはいかないモノである・・・ [バッド(下向き矢印)]


nice!(18)  コメント(13) 
共通テーマ:音楽

出会った時が始まり [音楽]

adele.jpg  やっぱり強かったね~、アデル。

今年のグラミー賞も総なめだったね。 まあ、いろいろなご意見はごもっとも。

権威ある賞となれば、憶測や噂が飛び交うものである。 それも一興であろう。

若い頃は気になったが、最近は賞だの売り上げだのはどーでも良くなった。

自分が好きになった音楽を、

好きなように聴くだけである。(笑

彼女との出会いは、去年の初めの事。

この曲に魅かれてアルバムを購入したのが始まりだった。

51dGRYUB3tL.jpg  

   「21」   Adele  ’11
https://www.youtube.com/watch?v=hLQl3WQQoQ0
          - Someone Like You -

もの凄~~く記録的に売れたんだってねー。 

当時は世界中で話題だったらしい。

私は残念ながら、ヒット中の出会いは無かったんだよね。 

なんとなくは知ってたけど、耳に入ってこなかった。

今では彼女の実力を疑わないし、「本物」だと認識しているよ。

世の中には沢山の音楽がある。 全てを聴く訳にはいかないけれど、

たとえ時を隔てても巡り合えたなら、その時が「始まり」なんだろう。

さてさて、今後も期待できそうな存在だ。 images5YSNYUE5.jpg 

彼女がどこまで行けるか・・・ リスナーとしてちょっと夢見てみたい気もするね。


nice!(22)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽

好きになったらしょうがない [音楽]

好きになったミュージシャンは、追いかけたくなる。

デビューからなら次回作を、

途中からなら過去を遡ってアルバムを揃えたくなるものである。

20150906210144.jpg

私がスーパートランプを知ったのは、

79年の「ブレックファースト イン アメリカ」からである。

世界的なヒット作で、日本でもヒット チャートを賑わしていた。

どの曲も素晴らしく、飽きるという事が無い。

70年代を代表する名盤だと言っていいのだろう。 

そんな経緯で彼らを気に入り、レコード収集に勤しむ日々を送っていた。

この頃は中古市場で探していて、今年ようやくデビューから好きな範囲までの

アルバムを全て揃えられたという訳だ。

DSC01597.JPG

1枚がCDなのは心残りであるが、

並べてみると究極の自己満足に浸れる。(笑 

やっぱり、ピアノ主体のメロディ ラインが彼らの魅力の一つなのだろう。

美しくも儚くも聴こえる楽曲は、私の心に染み込んで離れない。

まあ、平たく言えば私好みなんだろうね。

DSC01598.JPG 

何とか探し出した最後の1枚は、カナダの再発盤。 

オリジナルとは若干違うジャケットで音質もイマイチだが、

なかなか見つからないので・・・ ^^;

前作と次回作の出来が素晴らしいので間に埋もれた形になってるが、

要所要所でその実力を垣間見れるので、損した気分にはならない。

デビューして順調に右肩上がり・・・

とは行かないのが、世の常である。

品によって出来不出来が生じてしまうのは、致し方ない事なのだ。

           61LjEnkqK2L.jpg 

「CRISIS? WHAT CRISIS?」 
                
Supertramp ’75
http://ja.musicplayon.com/Supertramp-Two-Of-Us-Crisis-What-Crisis-Album-231944.html
              - Two Of Us - 

好きになったら、出来る限り追いかけたいのがリスナーの性であろう。

アルバムの出来に一喜一憂しながら、その世界に浸るのである。

デビュー アルバムから順番に聴いて行くのも良かろう。

その時の流行りや方向性が見えて面白いのだろうなぁ。。。


nice!(20)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

新旧 [音楽]

去年の12月も、レコードが我が家に届いていたなぁ・・・(笑

DSC01590.JPG

右は1967年、左は2016年に発表されたアルバムだ。

この2枚のアルバムには、49年 という時間の開きがある。

ヒッピー ムーヴメント真っ只中のサイケでドラッグで創造的な「右」と、

ジャズを基盤とした聴きやすいソフトで耳当たりの良い「左」。

機材や感性、その他諸々が全く違う環境下で作られたこの2つの作品は、

70年代中頃~90年代初めまでガンガン音楽を聴いていた私にとっては、

どちらも「圏外」なんだ。 

ラジカセで最新のヒット曲を追いかけていた75年頃の私には、

ジェファーソン エアプレインの楽曲はとても古臭く聴こえたものだ。

オーディオ システムがある程度整った90年代の私は、

女性ヴォーカルものをあまり聴いていなかった。 

キャンディス スプリングスの様な楽曲に振り向くことは、まず無かったのだ。

 3888.jpg      

https://www.youtube.com/watch?v=2EdLasOrG6c

  - Somebody To Love - (Jefferson Airplane)

 

     06_Z1A2308.jpg

https://www.youtube.com/watch?v=-Xlaql9o9Uqs

        - Plase To Hide -  (Kandace Springs)

時は流れ、提灯屋を継いで6年目の私。 

作業のお伴には欠かせない、FM放送から流れてくる新旧の音楽を

なんとなく聴いていると、気になった音楽を無意識にチェックしたりします。 

この2枚のアルバムは、そんな経緯で私のところまでやってきたのである。 

若い頃は、何かとこだわりを持って聴いていたはずなのに、

今は特に抵抗も無く幅広く受け入れられるようになった。 

これはリスナーとしての進歩? 寛容になっただけ?

様々な理由付けは出来るけれど、

今現在の私の心に響けばそれで良い・・・

という事に尽きるのかな?(^^


nice!(16)  コメント(13) 
共通テーマ:音楽

こんなおじさんでも [音楽]

相手に自分の思いを伝えたい・・・ 人を好きになったら誰もが思う。

どうしたら振り向いてくれるか、上手く伝えられるか考える。

もちろん、直接自分の言葉で伝えるに越したことは無いが、

それはなかなか勇気のいることである。

駄目だった時の絶望感・喪失感は半端ではない。

なので人は、いろいろな手段を使って探るのだろう。

私より前の世代は、手紙だった。 

いを込めた文字や文章は、時が経っても色褪せずに情緒豊かに語る。

私ことたいへーの頃は、電話が主流。 

といっても、一家に1台置き電話の時代である。 

プライベートな内容は家族に聞かれたくないので、

ありったけの10円玉を握りしめて街角の公衆電話まで行くのだ。

そして切れそうになると、ガチャコンと入れて思いを繋いだものである。 

携帯電話は結婚してから持ったので、業務連絡が主な役目。

スマホが主役となった現在でも、頑固にガラケーで頑張っている。

だから、この歌のような愛情表現は私にとっては驚きに値したのだ。。。

   51td-grTdDL.jpg

【CAN’T BUY MY LOVE】 YUI  ’07

http://musicmovie.blog48.fc2.com/blog-entry-1626.html

                                  - CHE.R.RY -

 q

携帯電話の「メール」を使う・・・ 私らおじさんからすれば「なんとお手軽な・・・」

と最初は感じたのだが、アイテムが違うだけでやってる事は同じだよね。

歌詞の中の「指先で送る」思いは、

赤電話のダイヤルを回す指先や

手紙の上でペンを持つ指先に宿る思いと同じだ。 

きっと、今時のスマホを操る若者だって同じ。

時代に合ったやり方で正解なんだね。

110628_yui.jpg

この歌を聴くと、なぜか胸がキュンとする

50過ぎのおじさんです。(^^;;)

でも、お世辞抜きに良い曲だと思うよ。

飾らない、等身大の思いが素直に表現されてると感じるんだ。


nice!(20)  コメント(19) 
共通テーマ:音楽

思い出 また一つ [音楽]

どうしてこのアルバムを買ったのか?

記憶は定かではないが、とりあえずこれもという軽い気持ちで

まとめ買いした中の1枚だと思うのだ。

中古レコードって、こういう現象が起きやすいんだよな。

値段も手頃なら尚更手を伸ばしてしまう。。。

  91n-UzSNFiL__SL1431_.jpg 

【City To City】  
      Gerry Rafferty  ’78
https://www.youtube.com/watch?v=fsLrnylZheE
              - Baker Street -

この曲のナイーブでドラマチックな雰囲気とはかけ離れた、

髭面でグラサンのにーちゃんが

大股開いてギター弾いているこのジャケット。

若干の違和感を感じるが、まあ個人的な思いだと言っておこう。(笑

日本じゃスマッシュ ヒットいう認識なんだけど、

アメリカではアルバム チャートであの「サタデー ナイト フィーバー」

蹴落としてNo,1になったのだから、かなりのヒット作なんだよね。

t1larg_gerry_rafferty_gi.jpg

こういう、何気なく買ったアルバムが聴いてみたら意外と良かった時、

私はこの上ない悦に浸るのである。 もはやビョーキの域・・・(笑  

まだ学生の時の少ないお小遣いでは、買えるレコードは限られていた。  

今は、当時手が届かなかったアルバムを中古で安く手に入れられる。^^

彼も、もはやこの世にはいない。

青春時代に駆け抜けていったミュージシャンを数多く見送ってきたけれど、

やっぱり寂しいし、あの頃がどんどん遠くなって霞んでいく気分だ。

でも、彼らの残した音楽はいつでも聴けるし、

いつでも当時の思いに帰ることができる。

それが唯一の慰めなんでしょうかねぇ。。。

   503298-GerryRafferty-getty-617.jpg

レオン ラッセルも、「ワム!」のジョージ マイケルも逝ってしまった・・・

なんだか淋しい2016年だったような気がする。


nice!(19)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

「紫」は魅惑の調べ [音楽]

 

「紫 (パープル)」 

この言葉には、得も言われぬ魅力があるのだと思う。

和洋問わず、音楽の題材になったりして我々の耳に入ってくる。

ジミ ヘンドリックスが「パープル ヘイズ」でギターを搔き鳴せば、

プリンスが「パープル レイン」で怪しく見せ、

瀬川瑛子が「長崎の夜はむらさき」で官能的に聴かせた。

かの聖徳太子が制定したといわれる冠位十二階でも、

最高位の大徳の色は「濃紫」であった。。。

 514RK0Q4S2L.jpg 【Burn】   Deep Parple ’74

                https://www.youtube.com/watch?v=LCnebZnysmI 

                                                                       - Burn -

q

言わずと知れたハード ロックの雄、ディープ パープルのナイスなナンバー。

邦題は、グループ名にあやかって「紫の炎」。^^;

出だしのギター リフは、おそらく音楽史に燦然と輝く

「伝説のリフ」として後世に語り継がれるだろう、

力強くて美しい調べである。

deep_purple_live_in_japan_1972c.jpg

彼らの真骨頂といえば、やはりこのアルバムより前の時期。

「スモーク オン ザ ウォーター」 「ハイウェイ スター」 「ブラック ナイト」

辺りのパワフルで重厚な楽曲になるのだろう。 

個人的には「チャイルド イン タイム」のライヴ バージョンが好きだったなぁ。 

ハード ロックの洗礼を受けた若かりし頃、

彼等はもちろん他のハード ロック系のミュージシャンの曲を、

カセット テープに「エア チェック」して繰り返し聴いたものだ。

当時の放送局は、3分前後の曲を主に流していた。

なので、1曲短くても5・6分はあるロック系の楽曲は、

たいがい途中でフェード アウトして完璧に録音する事ができなかった。 

FM長野の場合、DJが「紫の炎」とコールすると途中でフェード アウト

「紫の炎 L」とコールするとフル バージョンという具合だ。(笑

* DJ (ディスク ジョッキー) って言わないのね、今は。。。

DeepPurple.jpg

「Burn」は、スピード感溢れるスタイリッシュでカッコいい名曲だと思うのだ。 

今聴いても、心身共にハイ!になれる。 そういえば、

「Bur~~~~~~~~~~~~~~~n」

って伸ばして歌う部分、どこまで声が続くか試した事ありません?

たいへー、チャレンジしたことあるんですが、

何回やっても最後まで息が続かないんだよね~~。

ロックのヴォーカリストって、すごい肺活量。。。

注) 車の運転中にこれをすると貧血気味になってアブナイのでやめましょう。


nice!(22)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽