So-net無料ブログ作成
霊刊たいへー ブログトップ
前の10件 | -

一段落、そしてまたまた。 [霊刊たいへー]

5月19日、父の一周忌法要を致しました。

007qq.jpg

一年前、父が旅立った日と同じ日でした。

長いような短いような・・・一言でいえばこうなりますかね。

                       011sss.jpg

何やら、肩の荷が下りた・・・そんな気持ちになりました。 

きっと、「仏さん」も草葉の陰で胸をなで下ろしている事でしょう。^^;

会食も終わり、引き続き隠居に移動して杯を傾けていると、

家に帰ったはずの娘が下りてきた。 かみさんに呼ばれて側によると、

「首の後ろの付け根あたりが変」だという。

触ってみると、異常に冷たい。 ははぁ、何か連れてきたな?

どうやら、娘は見えはしないが雰囲気を感じるようで、

「連れてきちゃうタイプ」 のようである。 

私は、首筋に手を当てて、憑いたものを剥がすような動作をしてみた。

しばらくして、娘に「どう?」と聞いてみると「楽になった」と言った。

手を当ててみると、温かくなっていた。

まあ、憑かれたのが分かるのだからまだいい。

自覚症状が無い人は、もっと厄介だ。

とはいえ、そうそう引き剥がすのも面倒なので、

娘も息子が行ったパワーストーンの「あの人」に見てもらう事にした。

DSC00503.JPG

ストラップタイプにしたようだ。 御利益がありますように・・・

娘は、自分より私の事をもっと詳しく聞いてくると

にんまり笑って出かけて行ったが、案の定情報をゲットしてきたようだ。

「その人」曰く、私の前世では商売人で団体で経済的成功を収めたらしい。

その反動で、今は一人で動きたがるのだそうな。

好きなことはとことん突き詰めるのだが、

興味のないことはあっさり切り捨てるのだという。

そして 「スケールのでかい変人」 という、

素敵なニックネームまで頂いた。 (たぶん、褒め言葉だろう。^^;

まあ、世間一般的からは外れているのは自覚しているけどね。

かみさんは、巫女さんをしていたらしい。 

なるほど、子供達が受け継ぐ訳だ・・・(汗

まあ、何はともあれ、本人が落ち着いてくれればいいのである。

良い方向に向いて行くといいね。


nice!(29)  コメント(32) 
共通テーマ:日記・雑感

息子の受難 [霊刊たいへー]

とある金曜日、お昼頃高校に行っていた息子から電話があった。

「霊に追いかけられた。

        もう嫌だ、帰りてぇ!」

見えない感じない人には俄かに信じがたいだろうが、息子は見えるらしい。 

前々から、高校には霊がいると言っていたが、

この頃特に強くなっているようで、少し前には「腕を捕まえられた」らしい。

この日は、廊下で女の霊に追いかけられたようだ。

とにかく「何かすがるモノが欲しい」と訴え、翌日の部活も休む始末。

さて困った。 実体の無いモノをどうやって防いだらいいものか・・・?

私も一時期は、いろいろ感じたものだ。 

取り憑かれてお祓いに行った事もあるから、息子の恐怖が良く分かるのだ。

かみさんも結婚する前は感じていたようだし、娘も若干そんな傾向が見て取れる。

そんな我が家の体質が、

息子に強く発現してしまったようである。

心が弱くなっている時は、そういうモノが寄って来やすくなる。

ある程度の経験を積めばコントロールできるのだが、

思春期の息子には容易ではないはずだ。 

そこで、親戚筋で一番霊感が強いかみさんの妹に相談してみた。

で、彼女からある人を紹介してもらった

パワーストーンなどを扱う店のオーナーである「その人」は、

そんな悩みを持つ人の相談に乗り、解決策を導き出してくれるという。

かみさんの妹曰く、とにかく位の高い霊気を持っている人というので、

かみさん早速予約を取って子供達を連れていった。

q

見える感じる人には解るが、

そこら辺にいる霊というのは俗に言う「低級霊」で、

「波長が合う」と霊も「あいつ俺が見えてるな」

寄ってくる。 色々とちょっかいを出したり取り憑いたりして、

人を悩ますのである。

夕方、息子から「今から帰る」という電話が入った。

声が明るかったので、心が静まったんだなと分かった。

004.JPG

帰ってきた息子の腕には、パワーストーンが付けられていた。

息子曰く、そのオーナーさんと話していると「落ち着く」そうだ。

その方、過去 現在 未来を見る事が出来るそうな。

「息子の前世はジプシーで、

音楽を生業として生きていた」んだそうな。

だから自由奔放で変わり者に見られるのだそうな。^^;

楽器の操作や楽譜を人より早く覚えるられるのは、

そのためだという。 

「将来は、日本を飛び出して外国で好きな事が見つかるまで

渡り歩いた方が、この子のためだ」とも言われたらしい。 

                                 (あちゃ~、後継ぎが・・・^^;)

自分のほかに2人ほど気になる人を見てくれるというので、

残りの家族も見てもらったそうな。

娘は、「聖歌隊で歌っていた」らしい。

「プライドが高く、一度傷つくと立ち直りに時間がかかる」らしい。

「人と関わるより一人でコツコツする仕事が合っている」らしい。

                             (提灯屋を継ぎなさい。)

まあいいさ。 子供の人生は子供のものだ。 親がとやかく言う事じゃないし・・・

子供に頼らず、体動くまで銭稼げる余生を見つけるしかないな。

かみさんは、「愛情豊かな人」と言われたらしい。

                        (旦那に対しては、最近無いように思うが・・・)

そして私はというと。。。 

やっぱり、息子同様「変わっている」らしい。^^;

何やら数字をわり出して見るらしいが、滅多に出ない特殊な数字が出たらしい。

そして、「仕事はし過ぎるほどするので、体に気をつけて」

と言われたらしい。 なるほど、そうかもしれない。(大汗

このパワーストーンを身に付けてから、

薄っすらとは見えるものの以前のようにちょっかいを出されなくなった息子。

普通に高校に行くようになった。 やれやれ、親としては一安心。

まあ、信じるか信じないは、貴方次第である。

だが、実際に悩み苦しんでいる人がいる

という事実は、ここに付け加えておこう。。。

      005.JPG

一緒について行った娘が、こんなものを買ってきた。 魔除けグッズ???(汗


nice!(33)  コメント(27) 
共通テーマ:日記・雑感

再開します。 [霊刊たいへー]

皆様、心温かいコメントありがとうございました。

徐々にですが、普通の生活に戻りつつある我が家です。

人一人送るという事は、大変なのだと痛感する毎日でございます。

「人生」とは、重いものですね。

q

  PA0_0005.JPG  そうね・・・^^;

葬式が終わって一段落とはいかないけれど、ある意味楽にはなったよね。

我が家は父の遺言で、檀家であるお寺が葬儀場だったんですよ。

駐車場が少なかったので、駐車場係を頼んだ組の皆さんは汗だく。

葬祭センターのスタッフも、慣れない場所で大変だったらしいです。

ご苦労様でした。

しかし、それよりも大変だったのは、かみさん。

葬儀の3日後、突然 「背中が痛い!!」 と言いだしまして。。。

緊急に行きつけの整体屋さんに走りました。 帰ってきて早々、

「キツネに入られたんだってな!」

その整体屋さん、そちらの方も分かる方らしく、お寺で憑かれちゃったらしい。  

悲しい事があると、入りやすいんだとか・・・    konkon.jpg                         

画伯は、「お母さんの側に寄ると、うっ!と来る」って言うし、息子は

「式の時、お母さんの回りを何かがぐるぐる回ってた」って言うし。 

背中の辺りを指差して、「ここにいる」って言うし・・・^^;

まあ、なんとか払えたらしいので、よかったよかった。 

さて、これからいろいろとやらねばならないなぁ。

四十九日に向けて、レッツゴーであります!


nice!(34)  コメント(38) 
共通テーマ:日記・雑感

やっぱりね・・・^^; [霊刊たいへー]

息子もつい先日、

自室で「金縛りデビュー」したんだそうな。

なにやら女の人が乗っかってきたらしいです。

「あんなに苦しいとは思わなかった」とか、

「嫌な感じじゃなかったから悪い霊じゃない」

とか、ブツブツ言ってましたね。

まあ、金縛りの際の心得は教えておりましたので、

それなりに対処したようです。

すずし~~・・・.jpg 去年の登山では、山小屋のガラスに手が

いっぱい張り付いていたとか、ラップ音がうるさかったとか、

クラスメートに言っても信じてもらえなかったとも言ってました。

親の体質をしっかり受け継いじゃったみたいですね-。

私も中学時代に侍を見ましたので、

同じような経過を辿っておるやもしれません。

まあ、夏らしい話題という事で。^^v


nice!(33)  コメント(33) 
共通テーマ:日記・雑感

久しぶりに・・・^^; [霊刊たいへー]

 

ええ、金縛りにあっちゃいました。

    ・・・自宅の寝室で。(汗

一応過去にも経験があるので、なりそうな雰囲気って分かるのよね。

あ・・・来るなと思った瞬間に、

    ビビビビビ!!ですからね。

                       私のは電気で痺れるタイプらしい。

obake.jpg 浮遊していらっしゃったのか、ご先祖様の警告か、

例の見えない「住人さん」なのかは分かりませんが、久しぶりだったので

ちょっとビックリ。 でもね、こういう時は怖がっちゃダメなんです。

心の中でこうつぶやくと良いでしょう。

「あっち行け! 俺ん所に来ても

助けてやれねーの! 寄ってくるな!!」

皆さんも金縛りになった際は、このくらいの強い気持ちを持って

対処しましょーね。^^v

 ・・・で、今も

    その寝室

    寝てますが、

       なにか? ^^;


nice!(44)  コメント(41) 
共通テーマ:日記・雑感

信じるか、否か。 [霊刊たいへー]

 

イーグルスの「ホテル カリフォルニア」というアルバムがある。

云わずと知れた歴史的名盤であるわけだが、

実は、音楽以外にも話題になった事で有名である。

それはアルバム ジャケットに、

  得体の知れないもの が写っているというのである。

 

 画像 002.jpg  ジャケット表

 画像.jpg  ジャケット裏

 E794BBE5838F20003-7d380.jpg

                  見開きの写真  

 

           さて、どこに写ってるでしょうか?

 

 

分からない方には、大ヒントの画像を・・・

       E794BBE5838F20003-7d3r80.jpg

             この中にいます! 

 

             

             

             

             

             

             

            

分からなかった方は、答えです。

上の方・・・

 画像 00a4.jpg 画像 004j.jpg

        見開き                   裏表紙

 

左の真ん中に、なんか写ってますね?

一説によると、このアルバムを発表する前に死亡した

          黒魔術使いの霊 とも言われておりますが。

 

さて、どうでしょう?

信じるか否かは、貴方次第・・・^^;


nice!(49)  コメント(42) 
共通テーマ:日記・雑感

やっちまった話 [霊刊たいへー]

 

ああ、ついに! 怖れていた事が起きちゃいました・・・

昨年の10月のある日です。。。

 

草刈り機で、墓石を

切ってしまいました!!

 

草が被っていたので、切り払おうとしたところ、

ぎゃり~~~ん! という音と共に、火花が![どんっ(衝撃)]

2回ほど手を合わせて、心から拝んでまいりました。(大汗

                       

************************************************** 

 

時は流れ、つい先日。

仕事中、お客様にそんな話をした。

「祟られるかなぁ・・・」 私が言うと、

「そんな・・・今まで

悪い事してきたんならともかく、

家業を継いで一生懸命しとるのに、

        何を祟るもんかね。」

お客様は、こう言ってくれました。

嬉しかったのだが、でも心に隅にあの「ぎゃり~~~ん」が・・・

                         ha.jpg

4月頃、草が伸びたら草刈りがてら、

  線香でも上げにいきますか。

 

     * 今日、息子は小学校を卒業する。

               ご先祖様、なにとぞ、なにとぞ・・・(合唱


nice!(65)  コメント(63) 
共通テーマ:日記・雑感

旬な話 [霊刊たいへー]

 

今年の夏もクソ暑いですなぁ~。

夏と言えば・・・

           80fb82fe-aedb-4cf8-a6d5-d6683975fdd9.MIDDLE.jpg  ですね~~。(笑

 

さて、古い読者の方は知っていると思いますが、

私は中2で 「侍」 を見た男です。 

金縛りもあいましたし、ラップ音も、足音も声も聞きましたし、

髪の毛を掴まれたり、ついて来られたり、

捕りつかれそうになったり・・・

今の自宅にも、    12046959630001.jpg

      「何者か」がいますし。(笑

 

若いうちは、「怖さ」というか、呪いや怨念などの

おどろおどろしいモノに興味津々だったのですが、

40も過ぎると、流石に感覚が鈍ってきて、

若い頃のように、ビンビン感じる事は少なくなり、

「心霊」の全てが怖いものではないという事が分かってきました。

故人・先祖からの、何らかのメッセージという場合もあると思うしね。

d0039168_2024695.jpg

いよいよお盆ですね。 故人が家に帰ってきます。

昨日の晩、“迎え火”で知らせてあげましたか?

そういえば我が母親、新盆の年の8月14日に

亡くなった祖母が家に来たのを目撃したそうです。 

死ぬ間際に着ていた介護服姿だったそうです。

今年も来るかな? それとも・・・

 

: 追記 : 

最近、子供達が「心霊」に興味を持ちまして、

寝る前になると色々質問してきて困る・・・(汗  


nice!(60)  コメント(59) 
共通テーマ:日記・雑感

夏の夜は・・・ [霊刊たいへー]

 

   画像 001.jpg

 見つめてなんかいないよ・・・

             ほらね・・・ 画像 002.jpg

             E794BBE5838F20003-f9e01.jpg       

        だぁれもいないってば・・・                                 

  E794BBE58783BF20009-b50dc.jpg

                          ねっ、いないでしょ?  

                                         あはははは・・・


nice!(56)  コメント(52) 
共通テーマ:日記・雑感

お墓の話 [霊刊たいへー]

 

若い頃は、自分の家のお墓なんて興味がないものである。

私もそうだった。 

しかし、40を過ぎ、親の年齢が高くなってくると、

自然とお墓に行く回数が増える。

主に草刈りに行くのだが、

春から10月あたりまでだいたい2ヶ月間隔である。

お彼岸やお盆近くには、

ついでに線香を焚くぐらいの不信心者だ。

きっと、ご先祖様も呆れているだろうが、

たま~~には子供を連れて掃除に行くので、大丈夫だろう。(笑

特別丁寧にする訳ではないのだけれど、

やり終わった後は、心がスッキリするから不思議だ。

我が家の墓は、今は無くなった「本家」があった場所にある。

昔は大地主だったらしいが、大正元年頃、祖母の親の代に散在した。

我が家は「分家」の血筋なのだが、「本家」がこの町を去ったため、

墓守をしているのである。

 

先日、祖母の義妹が亡くなり、「本家」に直接関わっていた人はいなくなった。

古いつながりはよく分からないが、

私も「血筋」で呼ばれたのだろうか?

行くたびに、何とも言えない感覚になることだけは確かなのだ。

また草が伸びる季節になった。

ビーバーで墓石を切らぬように、

            気をつけるつもりである。(汗

 

      07090979.jpg こんなご先祖様だったら、ちと怖いが・・・


nice!(59)  コメント(58) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 霊刊たいへー ブログトップ