So-net無料ブログ作成
検索選択

デビュー [子供]

8月29日は、我が地区のお祭りであった。

011.JPG 息子も、念願のお祭り青年デビューである。

子供の頃は、花火の音が怖くて泣きじゃくって大騒ぎしたものだが、

いつの間にか自ら火の粉の中に飛び込むようになってしまった。

014.JPG

公民館には地区の人達が集まってきます。 

名前は忘れたが、あまり見た事が無い芸人さんが子供達と戯れてました。

画像は「富くじ」の抽選会の模様です。

これが終わると、暗くなるのを待って花火を打ち上げます。

026.JPG

アルコールなどを嗜みながら、今年初めての花火を堪能しました。

打ち上げが終わると、神輿担いで山の頂上の神社まで移動します。

031.JPG

今年は高張提灯を頼まれていたんですが、

息子がお祭り青年に入るという事で、寄贈させて頂きました。

028.JPG

ちゃんと灯りで浮き上がってくれて、まずまずです。^^

提灯の様子を撮影する為に外に出てきたんですが、

お囃子に誘われて結局神社まで行ってしまい、数年ぶりに「三国」を見た。

「三国」とは、やぐらを組んだ仕掛け花火の事です。 

神社の境内で行い、奉納します。

046.JPG

052.JPG

この火の粉に中に入りたくて、

息子はお祭り青年に入ったのです。

中学の時に、一緒に肩組んで入って以来、虜になったようです。^^

056.JPG

皆さん、率先して入っていきます。 髪が焦げても気にしません。(笑

057.JPG

三国が終わると、社内で「なおらい」です。

息子は未成年なので、飲んでいない・・・はずです。^^;

やれやれ、提灯も息子もそれなりだったので、ちょっと一安心。

来年は家でのんびりさせてもらいます・・・たぶん。(汗


nice!(29)  コメント(25) 

スタートライン [子供]

本日4月1日から、息子は社会人となる。

我が理容店としては、後継ぎが会社員になったので残念ではあるが、

自分で決めたのだからやり通して欲しいという思いもある。

まあ、途中でドロップ アウトして家業を継ぐケースもあるから、

100%希望が無い訳ではないが。(笑

しかし、自動車免許は間に合わなかった。

3月生まれだったし、通っている自動車学校が大変混み合っていて、

4月までずれ込んでしまった。 しばらくは電車通勤でお茶を濁すしかない。

006.JPG

という訳で、この車もしばらくはここで良い子にしていなければならない。^^

何を血迷ったか、MT車を選んだ息子。

会社の要望でもあるのだが、自家用車はAT車でも良かったんだけどね。

「一人暮らししろよ」と言ったら、「部屋を探すのが面倒くさい」と言って

我が家に居座る息子。 部屋代は払ってもらうぞ!

そういえば、地元消防団とお祭り青年が君を狙っているようだ。 

これから色々と忙しくなるが、まあ頑張るしかないね。


nice!(36)  コメント(31) 

娘、飽きる。 [子供]

世の中は冬である。

若い頃は、休みの朝3時に起きてスキー板を車に付け、

さらに寒い山に向かって車を走らせたものである。

今現在、そんな元気は微塵もない。 

出来るだけ温かく生活したいと、上下のインナーをまとい、

こたつに身をゆだねる事に喜びを感じている。 

人は変わるものである。

そういえば、娘の生活パターンも若干変わったな。

なんせ夜の定時性である。 

寒いので、温かくなるまで音楽部は活動休止なので

迎えに行くのは9時である。 親としては助かるね。^^

生活パターンは、昼頃起きて「朝食」を食べ、最寄の駅から電車通学。

学校でまず最初にするのは昼食代わりの「給食」である。

それを食べてから授業を受け、

迎えの車の中でコンビニで買った「夕食」を食べる・・・こんな感じなのだ。

4月から店を変え、時にはハンバーガーショップなどで

がっつり食べたりしていたのだが、最近は家に帰ってから夕食を食べる。

その理由は、「コンビニの食べ物に飽きたから」。 

確かに便利だから使いたくなるが、毎日食べてたら流石にキツいだろう。

逆に、今までよく頑張ったと褒めてやりたい。^^

DSC01190.jpg

という訳で、夜は母の手料理に舌鼓を打つ今日この頃だ。

やっぱり母の味は、特別なようである。


nice!(36)  コメント(25) 

転機 [子供]

 

娘が高校生になって5ヶ月目に入った

新生活にうまく馴染めるかどうか心配をしたが、

元気に通っている姿を見て胸をなで下ろしている。

3月は卒業の季節である。 保育園から一緒だった同級生との別れ。

そして、新たな旅立ちの時。 「おめでとう」 「来たる高校生活に幸あれ」

そんな風潮が漂う中、巷には「卒業ソング」が溢れ、

楽しい思い出を抱いた若者の門出を祝う・・・

中学から高校になるこの時は、人生最初の転機であろう。

しかし娘は、他の同級生とは違った「卒業」を迎える事となったのである。

q 

025.JPG

実は、中1の夏休み明けから「学校に行きたくない病」にかかりまして。^^;

「いじめ」では無かったが、「精神的に振り回されてしまった」ようである。

泣きながらかみさんに打ち明けてくれまして、1週間ほど休んだのが最初でした。

その時、私達は「復帰するのは早い」と楽観視していた。

当初は1日おきに登校していたからね。

学校に迎えに行くと「笑顔」で帰って来るので、

「やっぱり行けば楽しいのだ」と思っていた。

だが、ほどなく全く学校に行けなくなった時、

          私達は勘違いをしていた事に気づくのです。

あの「笑顔」は、学校が楽しかったのでは無く、

辛く苦しい場所から解放されて「やっと家に帰れる」という笑顔だった。

それからは、朝起こしても布団の中で動かない。

学校まで行っても車から降りられない、こんな毎日の繰り返し。

行けたとしても長くて半日、時には1時間で帰って来る事も。

ようやく私達は、事の重大さを理解したのです。 

まさか自分の子が・・・ 本当にそう思うんですよ、親って。 

で、それを受け入れるまでに時間がかかるのです。

「不登校」について色々調べてみました。 結論は出ませんでしたが、

この状況を本人が乗り越えないと意味がないのだと感じました。

心の中で必死で戦っている娘に、「頑張れ」という言葉は暴力でしかない。

だから、

自分で乗り越えられる日まで、

     慌てずに長い目で見守っていこう

                                    と覚悟を決めたのです。

幸いな事に、娘は自分の部屋に閉じこもる事は無かった。

家の中では元気でよく笑ったし、外出も旅行にも楽しそうに行ってくれた。

息子も特別扱いせずに、普通に接してくれた。

私にとって良かったのは、かみさんがドンと構えていてくれた事。

腕に「赤い線」が増えていき、最終的には隙間が無いくらいまでいった。

それを見る度に、私は何とも言えない気持ちになるのだが、

かみさんは

「止めたって、やるんだからしょうがない。 

       それで憂さ晴らししてるんだから。」

                                  と言って、好きにさせていた。 

そんな感じで、一進一退の日々が続いたのです。

3年になり、進路を決めなければならなくなった時、

プレッシャーを感じて重症化しましてね。

一時は「高校に行けないかもな」と思いました。

そんな娘が選んだのは、定時制高校だった。

朝起きられない・・・というのも考慮したのかもしれない。

学校にはまともに行ってなかったけど、なぜか息子より成績が良かった娘。

先生方は「全日制」でも合格できるよと言ってくれたが、

娘の気持ちは変わらなかった。 ・・・で、入学。

今、娘は楽しそうだ。 入学早々、友達もできた。

GWにはクラスメートとカラオケに行った。 一人カラオケにも行った。

音楽部に入って、ギターを特訓中だ。 お陰で迎えに行くのは夜10時・・・

「熱があっても行く!」と豪語している。^^;

今まで出来なかった事を、思いっきり満喫しているようだ。

中学を卒業した事で、気持ちが吹っ切れたのだろう。

020.JPG

学校に行けない子供達は、全国で11万人いるそうだ。

とりあえず、娘はたった2年半で抜け出せたようだ。

今思えば、あの時打ち明けてくれた事に感謝している。

もし、娘がもっと我慢強くて、内に秘めて頑張ってしまったら、

こんなもんじゃ済まなかっただろうから。

そして、「道は一つではない」という事が分かった。

学校に馴染めなかったから、その後の人生は・・・なんてことはない。

人の顔や生き方にも色々あるように、勉強の仕方だって多種多様。

時間がかかろうが、回り道しようが、

最終的に自分の足で歩けるようになればいいのです。

コケたら、自分で起き上がれるようになってないと困るからね。

中学時代の「この経験」は、これからの娘の人生の役に立つだろう。

そして私達も、「親」としての成長ができたのだと思う。

これからの4年間、娘にとって良い時間が流れてくれれば幸いだ。

なんら恥じることはない。 胸を張って、世の中を歩いて欲しいと思うのだ。


nice!(35)  コメント(38) 

微妙な差 [子供]

035.JPG 

いや~、最初に見たときには、蛙の卵かと思ったぜ。 

栓開けて常温放置したら、オタマジャクシになるのかと。 ^^;

息子が飲んだのだが、「不味くはなかった」と言っていた。

勇気がある読者の皆さん、お試しあれ。 ライチ味もあるでよ!

q

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 

q

話は変わるが、娘がギターとアンプを買いました。

038.JPG

高校の音楽部に入って、友達とグループを組んだのだ。

ギター担当になったのだが、自宅でも練習したいという事で購入したらしい。

驚くべきことに、

彼女左利きなのだが、

右用ギターで演奏してるんだよな。

「もう慣れた」と言っているが、チャレンジャーではある。(汗

それにしても、私には気になる。 それは「音楽部」というネーミング。 

練習している曲は、今時の子が好きな流行の音楽。 

間違いじゃないと思うのだが、一応 「{軽音部}でないの?」

と聞いてみると、 「音楽部なの!」

という答えが返ってきた。 まあ、楽しんでくれれば何の問題もなんだけどね。^^


nice!(33)  コメント(22) 

 [子供]

002.JPG

春ですね・・・

我が町の桜も、今が見頃でしょう。 もうすぐ、桜吹雪と散るのだろうな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

我が家は、ガラケー一族である。

新しいモノについていけないアナログ一家である。

私は使えればいいので、特に機種は拘らない。

かみさんも同じ。 最近、ようやくメールできるようになった腕前である。

息子などケータイ事態に興味がなかった。

なので、目についた機種を5秒で決めたくらいだ。

そんな我が家に、ついにスマホユーザーが現れた!!

DSC00945.JPG

高校生になった娘が購入したのが、これ。

仲良くなった同級生とLINEをして楽しんでいるようだ。

2人の子供が高校生になった事で、我が家の生活パターンは大きく変わった。

別々の高校だから、迎えの時間も違うしね。

そして、とにかく金がかかる。^^;

先輩親がよく漏らしていたが、誠にその通りだ。

だが、そう言いながらも普通に生活してるんだから、我が家も何とかなるだろう。

子供達が未来に向かって歩いていければ、それでいいのである。

004.JPG

さてさて、来年は息子が卒業だ。 どんな進路になるか。

こればかりは本人次第だなぁ・・・


nice!(39)  コメント(26) 

め~わくだろ! [子供]

息子も、お陰様で3年に進級できたようだ。

家で勉強している姿を見た事が無いので、どうなる事かと思ったが・・・

DSC00952.JPG  画伯作 「最近のおにに」

特に拒否る訳でもなく登校しているのだが、もちろん授業が好きな訳ではない。

部活バンド活動の為に行ってる様なもんだな。

だが、楽しみがもう一つあるようだ。

息子の通う高校は、川沿いにある。

温暖で河原が広がる長閑な環境の為か、周りには野良猫が沢山いるのだ。

その猫達と戯れるのが楽しみなのだと言う。

家のお隣さんちに警戒心の強い黒猫がいて、

我々が寄って行くだけで逃げるのだが、息子だけには体を触らせる。

なので、猫達も息子の好意は分かるようだ。

しかし、少々問題がある。

それは、息子が猫達に付ける個性的な名前である。

初めて戯れた猫には、「ビチクソ丸」。 愛称【ビーちゃん】

見つけた時に「ビチクソ」のように汚れていたから・・・だそうだ。

2匹の子猫には、「スピード」「ワゴン」

                     sw.jpg

「ねぇねえ、2匹の子猫見つけたんだけど、なんて名前が良いかなぁ・・・」

と息子が言うので、「ジョジョ」好きな息子に冗談で、

「スピードとワゴンって付けたら?」と言ったら、そのまま採用した。^^;

さらに最近見つけた茶色と白の2匹の子猫には、「泥」「砂」・・・

猫も迷惑ではないか?と思うのだが・・・

まあ、そんな事はどーでもいい。

心配なのは、高校3年にもなって

人間の女子より猫と戯れている事。

今の様子だと、孫の顔を拝めるのはいつの日か。

100まで生きねばならないか、もしくは拝めずに逝くか・・・

そんな考えが頭を過る。(汗


nice!(33)  コメント(28) 

やってくれるぜ [子供]

画伯は、私のブログを見ていた。

「かみさんの実家で焼肉しながら花火を見た」という記事であった。

おもむろに、画伯がのたまった。

「ねえ、けむりび大会って、なに?」

い、それは煙火(えんか)大会だ!

貴様、

 それでも受験生

     か~~~!![むかっ(怒り)]

                   注) 試験の国語に、このような問題が出るとは限りません。


nice!(33)  コメント(26) 

遊ばれてる [子供]

127.JPG

画伯は、誕生日を前倒しして、こんなものをプレゼントに選んだ。。。

128.JPG

こうやってパソコンにつなげば、ペンでお絵描きが楽しめるのだという。

ついに、画伯の絵にもデジタル化の波が来たようである。

で、記念すべき初作品が、これだ・・・

 132.JPG

 まあ、今更とやかく言う

 つもりもないんですがね。(冷汗


nice!(34)  コメント(32) 

私だけではない!! [子供]

盆が来るぞ~~~~!!

という訳で、提灯作りで溜まった疲労をどうやって抜こうか・・・

を模索する日々を送っている、たいへーです。

まあ、一番は「ただ寝る」しかないんだよね。

8月の終わりには、すっかり元気を取り戻す事でしょう。

しかしながら・・・全く提灯を作らなくなってるわけではない。

今月24日の夏祭りの提灯を制作中なのよね・・・

我が提灯店のオフは、10月になってから。

9月までは各地域の祭の提灯を作らさせて頂いておる次第です。^^;

とはいえ、最盛期は過ぎた。

体調を、ゆっくりと整えていこうっと・・・

しかし、疲れているのは私だけではないようだ。

002.JPG  タイトル 「わかれうたた寝」 by 画伯

♪ 床に倒れて誰かの名を~ 呼び続けて寝てしまいました~ ♪

   この手の形が良いね~・・・^^


nice!(30)  コメント(28)