So-net無料ブログ作成
検索選択

イジけるよなぁ・・・ [TV]

 

分かっているよ。 

君が悪い訳じゃないんだ。

ただね、

その風貌が、ちょっとね・・・^^;

 無実だ~.jpg 地球人から見れば、

怖い怪獣だと思われても仕方がない。

だから地球を守るために、攻撃されちゃったんだよねぇ・・・

 

シーボーズ、君の言いたいことは分かるよ。

なんだよ、僕は怪獣墓場から

 落っこちてきただけなんだよ。

 別に地球で暴れようとしたわけじゃないよ。

 なのに、なんでみんなは僕を虐めるの? 

                   酷いよ!!

                     だって、飛べないんだもの・・・.jpg

 で、イジけちゃったね。

 

最後にはウルトラマンにも叱られちゃってね。

飛べないんだから、しょうがないよね。

でも、ロケットで帰れたんだから、許しておくれ。

もう、落ちてくるんじゃないよ。

怪獣墓場でゆっくり眠っておくれ・・ 

           優しくしてよ・・・.jpg

でも、怪獣墓場って、

意外と地球の近くにあるんだね。

君が落ちてくるくらいだもの、きっと、そうに違いない・・・


nice!(41)  コメント(37) 
共通テーマ:テレビ

今時はお勧めできない [TV]

 

怖いもの見たさではあったが、

子供の頃、そりゃー夢中になって見ていたアニメがある。

     なにかようかい~~.jpg                    

姿形は恐ろしいが、    こわい。。。.jpg  

彼らは普通の人間より 「人間らしい心」 を持っている。 

普段は人間に近い姿に変化しているんだけど、

それでも怪しい雰囲気は隠せないのよ・・・(笑

悪い妖怪に襲われた人間を助けているのだが、

本来の姿を見られたら、たいがいの人は驚いて逃げてしまうのだ。

彼らは天涯孤独な存在なのである。  

 

早く・・・.jpg それでも彼らは人間を助けるのである。

良い行いをすれば「人間になれる」と信じているからだ。

ほんのちょっとのかけ違いから生まれてしまった 人間に・・・.jpg

妖怪人間。 ささやかな希望さえも、人の好奇の眼差しにかき消されて

しまう。 ああ、なんと不憫であろうか・・(涙

 なりたい・・・.jpg 今思い返せば、

外見ではなく中身が大事だなんだよ

というメッセージが込められていたのでしょうね。 

しかし、子供の私には理解できずに、

「早く人間になりたい~~~」とおどけて遊んでいたのであるが。^^; 

劇中、彼らの優しさを見抜くのは決まって子供達である。

やはりピュアな心が物事の真意を見抜く力を持っているという事であろう。

 

その後、彼らが無事に人間になれたかは、定かでない。

もし、まだなれてないのなら、「人間になる」事を進められないなぁ。 

この頃起こる出来事は、目を覆いたくなるものばかりだもの・・・


nice!(44)  コメント(47) 
共通テーマ:アニメ

とっても寂しい・・・^^; [TV]

 

最近世間を騒がしている 「伊達 直人」。 

ご存じ、タイガー マスクの本名である。 

リアルタイムでアニメを見ていた私には、懐かしい感覚を呼び覚ましてくれる。

リングの上で体を張って闘っている彼は、素性を隠して自分が育った施設に

プレゼントや資金援助をする心やさしいヒーローだ。

そんなアニメ、「タイガー マスク」で最も私が印象に残っているのは、

このエンディング曲なのである・・・

                           お前は虎だ!.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=DiytzibwMjQ&feature=related

                                     - みなし児のバラード-

 

子供心に、「なんて寂しい歌なんだ」 と思っていました。^^; 

すでにタイトルからしてウルウルしてしまいそうだが、

歌詞や曲調も、さらに悲しさ倍増の仕上がりだ。

子供向け番組にしては、重過ぎるような気はするのだが、

歌詞の通り、寂しさを受け入れた人間は、

人の悲しさを理解できるようになるものなのだろう。

 がお~~~.jpg  施設の援助のために、

義務付けられていたレスラー養成機関「虎の穴」への上納金を怠り、

「虎の穴」から命を狙われるようになるタイガー マスク。 だが伊達直人よ、 

そこまで孤高な戦いをしなくてもいいのでは?

レスラー仲間にも同じような境遇の人もいよう。

「虎の穴」を裏切った負い目もあろうが、

ここはひとつ、自らの心を開いて仲間を募ってはどうだろう?

アニメを見ている限り、ジャイアント馬場やアントニオ猪木なんかは

喜んで賛同してくれると思うのだが・・・^^;

 

まあ、そうも出来ない性格なのだろう。 虎になるんだ!!.jpg

子供の頃の家庭環境が、その後の人格をも左右する場合もあるのだ。

アニメ「タイガーマスク」は、

「伊達直人」のような寂しい幼少時代を過ごす子供を、

一人でも減らさなければならないという、

裏テーマが潜んでいるのかもしれない・・・(本当か? ^^;


nice!(43)  コメント(44) 
共通テーマ:アニメ

食べれるモンなら、食べてみたい。 [TV]

 

みなさ~~ん、

お金は好きですかぁ?

あって困るもんじゃないですよね。

 

でも、あの世に行く時は 「6文」 しかいらないそうなので、

稼いだお金はこの世にいる内に使ってしまった方がいいようですよ。

それにしても、いくら好きだからといって、

     カネゴンのような真似をしてはいけません!!

                 

 

     金くれ~~!!.jpg

    お金は食べても栄養にはなりません。^^;

 

でもね、もし飼い慣らすことが出来たなら、動く貯金箱ですよ。

散歩させるだけで、自動的に貯まっていくんだからなぁ。

我が家にも1匹欲しいなぁ・・・^^;


nice!(39)  コメント(43) 
共通テーマ:テレビ

君は宇宙人とちゃぶ台を囲めるか!? [TV]

 

metoron1.jpg メトロン星人には、

なぜか夕日がよく似合う・・・^^;

 

人間の姿で安アパートの下宿生活をしながら虎視眈々と地球征服を

目論んでいた為なのか、日本の情緒までも身につけてしまった、

非常に珍しい宇宙人だ。 だから、ウルトラ セブンであるモロボシ ダンとも、

      metoron3.jpg

      こ~んな形で対面している。 

昭和40年代をホウフツとさせる部屋の中に、カラフルな宇宙人がとっても

ミスマッチなのだが、彼らは地球の事で真剣に舌戦しているのだ。

metoron2.jpg 上の画像では分かり難いが、

 ↑ このようにちゃぶ台を囲んでいる。 そんな宇宙人は後にも先にも

メトロン星人だけである。 流石にひっくり返すことはなかったようだが、

日本の生活にすっかり馴染んじゃってるなぁ・・・

 

で、どんな方法で地球を手に入れようとしたかというと、

タバコの中に「未知の発狂成分」を仕込んで、

地球人同士を戦わせ、死に絶えてから手に入れようという、

なんとも気長な作戦なのだ。^^;

当時の専売公社の職員なのかタバコ屋の店員なのかは記憶にないが、

非常に地道な作業なわけよ。 いくら喫煙率が高い昭和40年代とはいえ、

タバコを吸わない人もいるわけから、成功するとは思えないんだけど・・・

 

metoron5.jpg それにしても、

茹でたら手長エビみたいな味がしそうな気がする。

もしくは、顔の部分がカラフルな魚にも見えるので、

焼いたり煮付けたりしても、美味しく頂けるかもしれない。

などと、ちゃぶ台越しにこんな妄想を私ならしてしまうだろう。

これでは地球を救えそうもないなぁ・・・^^;


nice!(39)  コメント(40) 
共通テーマ:テレビ

単身赴任は辛いよ [TV]

 

         dada1.jpg

彼の名は「ダダ271号」。 地球人6体を「人間標本」にしてダダ星に

持ち帰る為に地球に来たのだ。 まあ、早い話が単身赴任である。

彼は地球にウルトラマンがいることを承知していた。

なので、見つからないようにこっそりと作業をしていたのである。

 

    dada3.jpg

顔はそっくりだが、こちらは上司の方である。 

断る事に271号に指令を出し、早く任務を遂行しろと催促するのだ。

だったら複数で派遣すればよいのでは?と思うのだが・・・

結局ウルトラマンにバレてしまうと、この上司は271号に

ウルトラマンと戦えと命じる。 だけどね、

dada2.jpg コイツ弱いんだ・・・^^;

得意技は「透明になる」とか「瞬間移動」くらいで、光線技がないのよ。

それじゃあウルトラマンには歯が立たない。

結局、逃げる途中でやられてしまうんだな~。

まあ、行き先が悪かったとしかいいようがない。

せめてもの救いは、「赴任先の戦死」であるから

遺族への保険金はしっかり降りるだろうという事だ。

彼も安心して冥土に行けよう・・・^^;

 

********************************* 

 

しかしながら、ダダを見つめていると・・・

 dada4.jpg dare.jpg 

  同じに見えてしょうがない!! 

                         私の気のせいだといいのだが・・・


nice!(46)  コメント(46) 
共通テーマ:テレビ

その作戦は正しいのか? [TV]

地球を征服しに来る宇宙人が、みんな好戦的だとは限らない。

中には頭脳戦が得意なインテリ宇宙人もいるのだ。

 m2.jpg メフィラス星人は、

その自慢の高頭脳地球を我が物にしようとした、珍しいタイプである。

バルタン星人・ザラブ星人・ケムール人を従え、地球に圧力をかけたり、

科学特捜隊のアキコ隊員を

巨大化させ街中で暴れさせたり と、

                                                様々な「力」を見せつけてくれた。 

自分のリスクを最小限に地球を我が物にしようとしたメフィラス星人。 

彼はなぜ、そうした作戦を取ったのだろう?

                  m3.jpg

ある日、メフィラス星から宇宙の星を見上げていたメフィラス星人は、

その中に一際美しい星を見つけた。 それが地球である。

地球を見つめているうちに、彼は「どうしても地球が欲しくなった」

のである。 彼は高学歴を自負するインテリであった。 暴力的に地球を

手に入れる事は、彼のプライドが許さない!!

そこで地球人にお願いして、「地球をあげます」

言ってもらおうとしたのだ。 その交渉相手に選んだのが、

日本に住むサトル少年だった!?

 m1.jpg

サトル少年を誘拐監禁し、空中に浮かせて自由を奪い、

「地球をあげます」と言わせようとするメフィラス星人・・・

う~ん、身代金目的の誘拐犯と同じ内容なのだが、

これって、頭脳的な作戦なのだろうか?

国連のトップとかアメリカ大統領とかでも、身長50mもあるんだから

十分に勝てる気がするのだが・・・ 結局サトル少年に断られ、

逆切れしてウルトラマンと戦うも途中で戦意喪失。 

「宇宙人同士が争ってもしょうがない」

と言って戦いを止めてしまう。 最後は 「(また)必ず来るぞ!」

捨て台詞を置いて帰ってしまうのだが、

結局は 地球の子供に負けた という事でしょ?

そもそも、この計画自体が「欠陥」だったのではないだろうか?

他の宇宙人を従わせる力を駆使すれば、 m4.jpg

十分地球を手に入れることが出来たはずなのである。 

頭の中に描いた計画が一つでも思い通りに行かないとモロくも

崩れてしまう・・・ これがインテリの弱点でもある。 

世の中、机の上の絵空事で片付くような簡単なものではないのだ。 

もし、もう一度征服しに来るのなら、もっと戦い方の勉強をし、

実地修練してから来て頂きたい。 

でないと、また子供に負けるよ・・・^^;


nice!(41)  コメント(39) 
共通テーマ:テレビ

恨み晴らさでおくべきか・・・ [TV]

 

ウルトラシリーズに何回も登場する怪獣は数あれど、

バルタン星人ほど登場回数が多いものはいないだろう。

初代ウルトラマンから近年のウルトラマンまで、世代が代わっても尚現れる

超スタンダードなダーク ヒーローなのである。

fo4.jpg ふぉっふぉっふぉっふぉっ・・・

 

お馴染みの声と共に現われるセミに似た宇宙人は、宇宙忍者と呼ばれる。

瞬間移動はもちろん身長は伸縮自在、おまけに分身までしちゃうのだ。

地球とウルトラ兄弟並々ならぬ執着心 を持ち、

やられてもやられても立ち向かっていくのだ。

ではなぜバルタン星人は、しつこくウルトラ一族を追いかけるのだろう? 

それは、彼等にとって悲しい事情があったからである・・・

 

     fo1.jpg

 

バルタン星人は、バルタン星の消滅によって住む星を失い、宇宙流民として

漂っていた。 新しく住める星を探している最中に目をつけたのが、

我が地球だったのである。 直ちに侵略を試みる。

しかし、そこに立ちはだかったのが初代ウルトラマンだった。 

その戦いの最中ウルトラマンが放ったスペシウム光線によって、

乗って来た宇宙船と、

中にいた20億のバルタン星人

宇宙の藻屑と消えてしまったのである・・・

            fo9.jpg

ウルトラマン側からすれば、地球を守る為の止む終えない行為だろう。

だが、バルタン星人側にしたら、たまったものではない。

正々堂々と(?)たった1人で侵略に挑んだのに、

20億も同胞を殺されては割が合わないではないか!

この惨事を辛うじて生き残ったバルタン星人達の怒りは尋常ではない。

恨みを晴す為に、「ウルトラ」と「地球」という名前がある限り、

これからも全身全霊、未来永劫襲い掛かってくるであろう。

 

 fo6.jpg でもねぇ、

これって逆恨みでないかい?

勝手に侵略に来て返り討ちですからねぇ・・・ 

まあ、1地球人の私としては、もう無駄な抵抗は止めて他の星を

探したらどうだろうかと言いたい。 宇宙は広いのだ。 

バルタン星人達が安心して暮らせる星などいくらでもあると思うのだ。

その方が、彼等の幸せが早く訪れる気がするなぁ・・・


nice!(42)  コメント(43) 
共通テーマ:テレビ

水戸黄門を考える [TV]

 

画像 002.jpg ある日のことである。

仕事中、となりで同じく仕事をしていた父親の言葉が耳に入ってきた。 

最近の水戸黄門はつまらない。 

助さん格さんが若過ぎて、風格がない」からだというのだ。

それを聞いて、私はふと考えるのである・・・

 

黄門様は、ご存じの通り杖をついて歩く白髪の老人であるから、

諸国世直し旅に同行する助さん格さんは、とても大変であろう。

旅の途中で具合が悪くなるかもしれないし、

逆恨みで悪党に命を狙われるかもしれないし、

時には盗賊に襲われることもあるだろう。

だからこそ、忠義心があり、武術に長け、

緊急時にはご隠居を背負って走るくらいの体力がないと

勤まらないのではないだろうか? 

江戸時代、人生50年といわれていた頃である。 

経験豊富だが すぐに息切れしちゃう

30代の助さん格さんより、多少頼りないが、

最後まで体力の尽きない

1~20代の助さん格さんの方が、安全な旅になるはずである。

 

従って、第40部の水戸黄門の年齢バランスは、

極めて現実的で理に適った構成と言える。

  koumon.jpg

                       注) 役者の実年齢は度返しです!

人間は、歳を重ねるごとに頑固になっていくものらしい。^^;

ご機嫌取りは、(由美)お娟さんと、(林家)ちゃっかり八兵衛に

任せておけばよい。 いくら越後のちりめん問屋の気まま旅を装っても、

命あってのモノダネだ。 

切り札の印籠が出る前に、

ご隠居の身に何かあっては遅いのである・・・  


nice!(54)  コメント(49) 
共通テーマ:テレビ

幸せだろうか? [TV]

 

 26550_4.jpg 

’68年版もかすかに記憶がある、たいへーです。^^;

一芸に秀でる・・・ とは、この事を言うのだろう。

ゼロゼロナンバーの戦士達は、皆一つの特殊能力を持っている。

そして9人が力を合わせて敵をやっつけていく様は、

団体意識が強い日本人にはたまらないシチュエーションである。

 

凡人である我々から見れば、何か一つ人より秀でるものがあればいい

と思うものである。 いわゆる「無いもの強請り」なのだが、

実際に秀でた能力が、本人達には幸せなのだろうか?

     s-009.jpg

今回はこの9人の戦士を例に挙げ、検証してみようと思うのである・・・。

 

################################ 

 

 001.jpg 001は、脳味噌のみ改造された。 

強力な超能力で仲間を助けたり敵を翻弄したりする。 

しかし、体の成長0歳児で止まってしまった。 

これでは、一生誰かの介助が必要だ。

 

 002.jpg 002はマッハ5の飛行能力。 

仲間の中で唯一空を飛び、空中攻撃が得意である。 

でも、縦横武人に飛び回っていたら、空のダイヤが乱れるだろうし、

「未確認飛行物体」として、どこかの国の空軍に追い掛けれそうだ。 

ワイドショーも来るよなぁ・・・

 

 003.jpg 003はレーダー・サーチ能力に長けている。

遠視・透視や超聴覚やセンサーなどで多くの情報を集める事が出来る。

が、人間の心の声まで読み取ってしまうようだ。 

19歳の乙女には、醜い人の本音を垣間見る事は相当の苦痛であろう。

 

 004.jpg 004は全身武器だらけだ。 

手にはマシンガンやカッター、膝にはミサイル、ミニ核爆弾だってある!!

これでは恋人との×××の時に、熱く燃え上がれない。 

ヘタに興奮して兵器が暴発でもしたら、2人とも木っ端微塵だ!!

 

 005.jpg 005は超怪力の持ち主である。 

ミサイルも素手で打ち返す事だって出来るのだ。 でも、日常生活では

神経を使うだろう。 力の加減を少しでも間違えれば、

身の回りのものは、すべて粉々に破壊されてしまう・・・

 

 006.jpg 006は、鋼鉄をも溶かす炎を口から吐く「火炎放射器」だ。

となると、風邪などひいてしまったら調節がおかしくなって、

くしゃみの度に炎が吹き出してしまうのではないだろうか? 

これはもう、未曾有の大火事が起きてしまうなぁ・・・

 

 007.jpg 007は、何にでも化ける変身能力だ。

細胞の配列を変えて、周りと同化して透明人間にもなることが出来る。 

でも、変身を繰り返していると、頭がこんがらがって自分の本当の姿を

忘れてしまわないだろうか? 特に、彼の老後が心配だ。

 

 008.jpg 008は潜水能力に秀でている。 何千メートルの深海でも、

らくらく潜れるのだ。 だが、深海には人間は住んでいない。 

折角のスーパー能力も、一般的に認知されることはない。

その代わりに、謎の潜水艦に追い回される事になりそうだ。

 

 009.jpg 009は、008までの能力を兼ね備える完成形である。

特に「加速装置」での高速移動は大きな武器だ。 この加速装置、

彼の奥歯にスイッチがあるのだが、スイッチの不具合が起きたら大変だ。

食事の時、モノを噛む度に加速して勢い余ってテーブルを

ひっくり返す、なんて事にもなりかねない。 

食卓の雰囲気をぶち壊すには十分だ・・・

 

******************************

 

さて、困ったモノだ。 彼らは元々「兵器」として改造されているのだ。

その能力は、極限まで グレード アップ されている。

一般生活においての「格差」は、とても激しいものになるだろう。 

当の本人にはなんでもないことでも、一般市民には甚大な被害である。

社会に溶け込むには、相当の精神力が必要となる。

そうだ! 彼らをサイボーグにしたギルモア博士に頼んで、

特殊能力を取り除いてもらったらどうだろう? 

だが、これも問題がある。 

ゼロゼロ戦士達は、博士と共に

「ブラック ゴースト団」という悪の組織から

抜け出してきた経歴がある。  

彼らは、「裏切り者」として命を狙われているのだ。 

特殊能力が無くなるという事は、すなわち を意味するのである。

生き残る為には、ギルモア博士と9人の戦士達はいつも行動を共にし、

お互いの特殊能力をフルに使って、助け合わなくてはならない。

            009a.jpg

彼らが一般社会的な生活を手に入れるには、

「ブラック ゴースト団」を倒すしか方法がない!

その日が来るまで、結局は戦い続けなければならないのである・・・


nice!(43)  コメント(47) 
共通テーマ:アニメ