So-net無料ブログ作成

偽昔話 ④ [非日常]

その昔、浦島太郎は助けた亀に連れられて

「竜宮城」に行ったという・・・

この様な文章にしてさらっと読めば   うらしま2.jpg

さほど不思議には思わないが、ちょっと考えてみればとんでもない事である。

潜水服も、酸素ボンベも、潜水艇も無い時代に、

亀につかまって、

海底の摩訶不思議な都に行ったというのだから!

今風で言えば、

「宇宙人のUFOに乗って、よその惑星に行った」と同じだ。

そんな浦島太郎のこの体験を、どう解釈したら良いのだろう? 

とりあえず、最も気になる4点を検証してみよう。。。

① 亀は、なぜ浦島太郎を竜宮城に連れて行ったのか?

   普通、亀は喋らない。 従って、この亀は亀ではなく、

   秘密裏に竜宮城から「地上の調査」に来た亀型の調査員だった!?

   運悪く、調査中に村の子供達の「遊び道具」として捕まってしまったのだ。

   このピンチに、救いの手を差し伸べたのが浦島太郎だったのである。

うらしま.jpg  助けられた調査員は、

   思わず「ありがとうございます」と喋ってしまった! 

   亀が喋ったのだから、太郎は腰を抜かすほど驚いたに違いない。 

   「しまった、バレたか?!」

   調査員も焦ったはずだ。 彼はとっさの判断で助けたお礼と称し、

   太郎を竜宮城に連行したのではないか・・・

② 乙姫は、なぜ浦島太郎をもてなしたのか?

   この緊急事態は、竜宮城の「乙姫」の耳にも入る。

   彼女は巨大な城を有し、海中の覇権を握る女帝であった。

   海を制覇してしまった彼女の次なる野望は、

   地上の征服だったのである!

   先ずは、地上人に気づかれないように調査員を派遣したのに、

   亀型調査員が喋ったことで、目論みが発覚するやもしれぬ。

   地上の兵力も解らぬうちに戦を仕掛ける訳にもいかないので、

   乙姫は、太郎を竜宮城内に「軟禁」し、

   接待攻撃で思考を停止させ、

   同時に地上人のデータを取ろうと考えたのだ。。。

③ 村の時間がもの凄く経過していたのは、なぜ?

   竜宮城は、ただの城ではなかった。

   強力な武力と科学力を有する、

   竜宮人の技術の粋を集めた超巨大要塞だったのだ。                

    しかも、調査員を海亀の姿にできるテクノロジーを持っているのだ。 

   時間や次元をも操作できる術も持ち合わせていよう。

           ウラシマ.jpg 

   乙姫は、「帰りたい」と願う太郎を強引に引き留めたりはしなかった。 

   送ると称して、

  太郎を未来にワープさせたのである!

   そうすることで、周りの時間が進み、太郎のことを覚えている村人は

   誰もいない状態になるのである・・・ 調査員を助けてくれた手前、

   無下に殺すわけにもいかなかったのだろう。

④ 玉手箱は、なんのために?

   それでも、問題は残る。

   地上で、太郎は竜宮城のことや経緯を話すはずだ。

   たいがいは、そんな太郎を「変人」扱いするだろうが、

   ごく少数、竜宮城の存在に気が付く輩がいるかもしれない。

   そこで乙姫は、お土産と称して「玉手箱」を太郎に差し出す。

   たぶん、悲しみに暮れる太郎が最後に辿り着くのが、

   竜宮城の思い出たっぷりの「玉手箱」だろう。

   きっと開けるに違いないとふんで、老化ガス を仕込んだのだ。

                       うらしま4.jpg

   白髪のお爺さんになってしまえば、事実を話しても

   「この爺さん、ボケとるんと違うか?」

   と相手にされないだろう。 竜宮城の話が風化するのも早かろう・・・

                    

このように、女帝乙姫の地上征服計画の秘密は守られた。

だが、そこまでの工作をする必要があったのだろうか? 

私は、こう推測する。 

海中の覇者となり、強大な力を誇示する乙姫だが、

地上では、竜宮人の存在自体すら知らないのだ。

自尊心の強い乙姫には、耐えがたい事態!

知られるのも嫌だが、かといって全く知られないのもシャクに触る。

そこで、浦島太郎に体験談を囁いてもらうことで、地上の物語や伝記などに

チラッと「竜宮城」とか「乙姫」とかの文字が載るのではないか? 

地上人の頭の中に海の底には美しの都があるやもしれぬ、

というイメージが植え付けられるのでは・・・と、考えたのだ。

               うらしま3.jpg

今現在、我々は浦島太郎の摩訶不思議な旅を文献で読む事ができるし、

各地の残る竜宮伝説に海中へのロマンを掻き立てられる若者も多かろう。

乙姫の策略は、まんまと成功したのである! 

竜宮人は、この太古の偉人の業績を褒め称えているに違いない。

しかし、肝心の地上征服はどうしたのだろう?

こちらの方は、何らかの理由で実現できなかったものと思われる。

もしかしたら、武力行使からビジネス戦に切り替えたかもしれない。

浦島太郎が賛美した、「鯛や魚の舞い踊り」 や

「この世のものとは思えぬ御馳走」 などを目玉に

「竜宮城体験ツアー」 として観光客を招き、

外貨 を稼いだほうが、経済的発展見込めるではないか・・・^^;


nice!(36)  コメント(34) 
共通テーマ:日記・雑感

想像してごらぁ~~ん。 ② [非日常]

 

私は、妄想して止まないのである。

薬用 養命酒で、

2日酔いになれるもの

なのだろうか・・・

味はともかく、アルコール度数は約14%。 

ワインと同じ位である。

一晩で一本空ける事が出来るならば、それも可能と睨んでいる。

おいしい・・・?.jpg 

このサイズで1リットルだ!

さあ、誰かチャレンジする方いませんかね?

私? 私は・・・ほら、

ビール党だから。^^;


nice!(39)  コメント(43) 
共通テーマ:音楽

想像してごらぁ~~ん。 [非日常]

 

 イメージして下さい・・・

 おやゆび・・・.jpg   足の親指姫。

                              ちょっぴり、メタボ?

 

 

 イメージして下さい・・・

  取って….jpg   小太り爺さん。

                   人間ドックでは、毎回先生に叱られる・・・

 

 

 イメージして下さい・・・

 画像 001.jpg 娘が読んでる漫画。

 この目の大きさだと、

  頭蓋骨の強度が心配になるよね・・・

 

皆さんも、いろいろな事をイメージして楽しんでみてくださいね。^^;


nice!(50)  コメント(40) 
共通テーマ:日記・雑感

偽昔話 ③ [非日常]

 

かぐや姫は月の住人だった・・・

このことを疑う人はいないだろう。

あの青竹の一節にすっぽり入るとか、

3か月で成人女性の体型になるとか、

どう考えたって地球上の生物とは思えない不可思議な現象だ。

まあ、そんなことは竹取の翁にはどうでもいい事だったらしい。

並々ならぬ愛情を注いで、かぐや姫を育てるのである・・・

 

 kaguya.jpg  しかし、なぜかぐや姫は、

竹の中に潜んでまで竹取の翁の元で育ててもらう羽目になったのだろう? 

「姫」と付くくらいだから、普通に考えたら月の支配者の娘だ。

そんな大事な人を、素姓の分からない異星人に預けるのだから、

相当な緊急事態が起きてしまったと考えられる。 

それは 月の支配権をめぐるお家騒動 ではないだろうか。

かぐや姫一族には、当時かぐや姫しか後継ぎがいなかった。

そこで他の支族がこれ幸いにとクーデターを起こし、

月は内乱状態になった推測できる。 

かぐや姫は命を狙われていたはずだ!!

彼女の身を守るために取られた手段が、地球への逃避行 だ。

そして人の良さそうな竹取の翁の噂を聞きつけ、竹の中に姫を隠した。

かぐや姫が来てからというもの、おじいさんが竹を切りに行くと

竹の中から黄金でてくるが、これはクーデター側の目を避けるために、

ワザと竹の中に忍ばせるという護衛隊の機転の効いた策だと思われる。

いくら都落ちをしたとはいえ、名のある一族の姫である。

疎開先で貧乏な生活を

させる訳にはいかなかったのだろう。^^;

             kaguya 2.JPG     

なんとかクーデターを抑え込んだ一族がかぐや姫を迎えに来たのは、

それから三年後のことである。

時代に翻弄されたかぐや姫は、無事に月へと帰っていくのである・・・

だが、おじいさん・おばあさんは

泣くに泣けない!!

三年もの間、丹精込めて育てた「娘」から引き離されてしまうのだから。

黄金のお陰で大金持ちにはなったが、

姫が結婚し世継ぎを・・・

という翁達の夢は、

モロくも崩れ去ったのである。 

当時の平安貴族の実力者に直訴しても、月まで行ける乗り物は無いし、

思い切り叫んでも、月まで声は届かない。 

余生を寂しく過ごすしか手はないのである・・・(合掌

 

しかし、かぐや姫はこの恩を忘れてはいなかったようである。

地球で体験した出来事を、代々伝えていたようなのだ。

少し前、その子孫が地球の学校に留学していた。

かなりのお転婆で、

相当「お仕置き好き」ではあったようだが・・・^^;

               プリンセス~.jpg

 

   * お陰さまで800記事達成です。 本人もビックリ!!

                             引き続き、ごひいきに~~~。^^v


nice!(46)  コメント(48) 
共通テーマ:blog

イヤンな感覚 [非日常]

 

突然ですが、

nikotin.jpg

   ニコチネルを、

      チンコチネル と聞き間違えるとか・・・

 

日本ぱちんこ部品のCMソング、(地域限定かもしれないが)

♪ にほん ぱ~~ちんこぶひん ♪ の、

           「ちんこ」の部分が異常に気になる・・・とか、

 

そんなイヤンな感覚

貴方の中にもありませんか?

 

共感した方は、コメントに自分のイヤン体験を書き込んで下さいね。 

ドゾ、ヨロシク。^^;


nice!(52)  コメント(51) 
共通テーマ:日記・雑感

偽昔話 その二 [非日常]

 

耳なし芳一の真実

 

「耳なし芳一」という話を、皆さんはご存知だと思う。

 

盲目琵琶法師の芳一が、平家の亡霊に寺から連れ出され、

安徳天皇の墓碑の前で「平家物語」を連夜奏でさせられるのである。 

彼の身を案じた寺の和尚が、亡霊に見えないよう全身に「般若心経」

書き入れ、「亡霊が来たら一言も声を出すなよ」

念を押す。 その晩現れた亡霊は、呼べど探せど芳一が見えない。

しかし、空中に浮かぶ両耳を見つけると、「ここに来た証」にと

耳をもぎ取って帰っていくのである。

命と引き換えに両耳を失った芳一だが、この不思議な話と共に

「耳なし芳一」として、世に名を轟かすのである・・・

 

         miminasi.jpg

 

結果、誠にめでたい話で終わるのだが、疑問は残る。

耳をもぎ取られた「損害賠償」は誰がするべきだろう?

そもそもの原因は、寺の小僧が耳に「般若心経」を書き忘れたからだ!

小僧の「業務上過失」も然る事ながら、それを指導した和尚の

「監督不行き届き」も見逃せない!!

命が助かったとはいえ、耳が無くなるという大事である。 

芳一は「慰謝料」を寺側に

請求出来るのではないだろうか? 

さらに、真夜中に琵琶を弾かされるという「時間外労働」もさせられている。

これは労働基準法に違反し、強制労働にも当たるのではないか?

まあ、複数の目撃証言があるとはいえ、連れて行ったのは「亡霊」だ。

また捕り憑かれたらたまらないから、「平家側」に強くは言えまい。

となれば、やはり彼の面倒を見ている「寺側」に・・・という事になる。

 

私は妄想して止まないのである。

「貴方達のミスで私は耳を失った。 

   どう責任を取ってくれるのか!!」

     鬼の形相で詰め寄る芳一に、和尚はこう囁いたに違いない。

 

まあまあ・・・

 これで君も超有名人じゃなか。

 日本各地から君の琵琶を聴きたいという

 オファーが殺到しているんだ。 

 どうかね? ここは一つ

 ビジネス ライク行こうじゃないか。 

 私と組めば大金手に入るよ。 

 そして君は大好きな琵琶名誉を得、

 寺の名は全国に広まり格が上がる。

   お互い悪い話じゃないと思うが・・・

             流石は和尚。 1枚も2枚も上手ですなぁ・・・(^^;

 

    kaonasi .jpg   tomodati.jpg

        * ニセ芳一に、ご注意を・・・


nice!(56)  コメント(61) 
共通テーマ:日記・雑感

偽昔話 [非日常]

 

“新説” 桃太郎

 

むかしむかし、ある所に桃太郎という元気な男の子がおりました。

しかし、桃太郎はイタズラ好きな妖術使いによって

赤ちゃんの姿にされて桃の中に閉じ込められ、

川に投げ込まれてしまいました。

そのまま、川下へと流された桃は、偶然川に洗濯に来ていた、

近所でも有名な意地悪なお婆さんに拾われたのです・・・

 

婆さんが家に戻ると、これまた近所でも評判の意地悪なお爺さんが、

芝刈りから帰っておりました。 桃を包丁で2つに割ってみると、中から

奇跡的に無傷の桃太郎 出て来たではありませんか!!

お爺さんとお婆さんは、たいそう驚きましたが、

やがて、お爺さんがニヤリと笑ってこう言いました。

「こいつはいいや。 

 この子を育てて、早く働けるようにしよう。 

           そうすれば楽が出来るぞ。」

 

時は流れて・・・

大きくなった桃太郎は、家事洗濯はもちろん、畑仕事や芝刈り・

近所の付き合いなんかも一人でこなせる様になっていました。

お爺さんとお婆さんはというと、仕事は桃太郎に任せて道楽三昧です。

これを桃太郎がよく思っている訳ではないのですが、何かにつけて、

 「お前を拾ってやって育てたんだ。

              恩を忘れるなよ。」

言われるので、桃太郎はグッと堪えていたのです。

とはいえ、桃太郎一人の稼ぎですから、知れています。

遊ぶ金が無くなると、お爺さんやお婆さんは

「もっと稼いできな!」

と、桃太郎を攻めるのでした・・・

 

そんなある日、遠い都で鬼が現れて暴れ、金銀財宝盗んでいくという噂話が、

桃太郎の村にも伝わってきました。 これを聞いた欲深いお爺さんお婆さんは、

鬼の住んでる鬼が島に行けば、お宝が手に入る・・・と考えました。

そして、桃太郎に 鬼退治に行くように命令 したのです。

育ての親には逆らえません。 渋々鬼退治に出かけます。

一人では心もとないと、相方を公募したり、地元の有権者に

頼んだりしてみたのですが、集まったのは人間ではなく、

キビダンゴに釣られた犬・猿・キジでした・・・

絶望の中、桃太郎は夜の鬼が島になんとか上陸。 鬼達を探しますと、

大きな洞窟の中で鬼達が酒盛りをしているではないですか!?

その光景を見た桃太郎は、思わず側に寄り、鬼達の前で

今までの身の上話を必死で話しました。

自分の生い立ち、育ての親の仕打ち、ここに来た訳etc・・・

すると鬼達は、感動し、涙を流し、宴の中に桃太郎達を招き入れ、そして快く

食べ物や飲み物を分け与え、いっしょにドンチャン騒ぎしてくれたのです・・・

 

朝方、桃太郎は荷車いっぱいのお宝を引いて、洞窟から出てきました。

昨夜の宴の酒や料理に、毒薬を入れて鬼達に食べさせていたのです。

「やれやれ、単純な奴らで良かったぜ。」

荷車を舟に積みながら、桃太郎は呟いた。

「爺達は、オレがお宝を持って帰ると思ってるだろうが、

とんだお門違いだ。 オレはお宝を持って都に行くぞ。

都の人達は、オレが鬼からお宝を取り返した

ヒーローだと思うだろう。

そうすれば、地位も名誉も金も女も

オレに転がり込んでくる。 長年、我慢した甲斐があったぜ・・・」

そう呟きながら、桃太郎は不気味な笑顔を浮かべ、

船を都へと向けるのであった・・・

                                 おしまい

 

 

 65758_3_d1_1.jpg momo10.jpg imgf79ede10yhn9ds.jpg

 みんなは、どのモモが好きかな?


nice!(56)  コメント(65) 
共通テーマ:日記・雑感

似て非なるもの・・・Ⅲ [非日常]

 

    どうしても、

     オーバーラップしてしまうんです・・・  

 

                

         現首相       と      おしりかじり虫

 

  いったん頭の中に浮かんでしまうと、

  なかなか抜けなくて、夜も眠れません。

 

         ああ、誰か助けて・・・


nice!(67)  コメント(68) 
共通テーマ:日記・雑感

想像したくない事 [非日常]

 

何の脈絡もありませんが、

こうだったら、違和感があるな~と思う事を考えちゃいました・・・

 

「おかあさんといっしょ」

       体操のおにいさん が、

                       小島よしお・・・

                              

               

もし、アンパンマンが実写版になったら・・・

お腹が鳴ったお友達に

自分の顔を

引き千切って渡すシーン・・・

 

 

「渡る世間は鬼ばかり」 の、

              「幸楽」に訪れるお客様が、みんな・・・

                                   

 

映画 「ローマの休日」 の 

オードリー ヘップバーン の吹き替えの声が、   

              

            千葉真子・・・

 

すっかり秋ですねぇ・・・ 

こんな しょーもない事 を考えている、今日この頃です。。。


nice!(62)  コメント(66) 
共通テーマ:日記・雑感

似て非なるもの・・・Ⅱ [非日常]

達磨大師 と マグマ大使

             

 

朝鮮人参 と 朝鮮人民

              

 

コロスキン と 「殺す気?」

              

 

スーパー銭湯」 と 数%         

                            

 

 ああ・・・似てるけど、違う。

 

でも、まなかな よりは、

            分かりやすいと思う・・・

              


nice!(43)  コメント(50) 
共通テーマ:日記・雑感