So-net無料ブログ作成

思い出遠く [日常]

q

人間ドックの余波が冷めやらぬ、2月19日の朝。

開店準備をしていると、姉から電話が。

「新聞のお悔やみ欄に知った名前があるが、本人か?」

今は忙しいので後で確認すると言って、電話を切る。

朝1番のお客様が「名前の人」と同じ地区だったので、聞いてみる。

すると、「18日に亡くなっていたのが見つかった」との事。

動脈瘤破裂、仕事から帰ってきた服装そのままだったという。

母親が施設に入居してまもなくの出来事だった。

私達が引っ越す前は、お隣さんだった。

葬式には顔を出さないといけないな~と話していると、

「それはそうと、お前の同級生も亡くなったっていう話だぞ。」

寝耳に水とは、この事である。 

そういえば人間ドックの日、携帯に同級生からの着信履歴が。

夕方確認してみると、「17日に死んでいるのが見つかった」と。

こちらも血管破裂とのこと。 夜になると、メールが入る。 

「明日、顔を見に行くが、お前はどうする?」

付き合いがあるのならともかく、もう30年ほど疎遠になっていた人である。

「行かないでおく」と返信してはみたものの、どうにも心が定まらない。

翌朝、一緒に行くという同級生に「見舞い」を託したのである。

・・・小学5年の時だったか。

ある日登校すると、グラウンドで相撲を取って遊んでいる人達が。

嫌いではないので、私も参加することに。 

対戦相手は、
ドラえもんのジャイアンのような体格の「彼」。 

当時はガリガリでチビだった私は、案の定電車道で寄り倒され、重ね餅。

右鎖骨骨折で病院送りとなったのである。 

後日、家まで見舞いに来てくれたが、気まずさから会話することも無く、

テレビを見ながらもくもくとケーキを食べた・・・

そんな思い出が、頭を過った。

これから先は、突然の訃報を聞く機会も増えるのだろう。 

もちろん、私だってどうなるかわからないが、

生きている限りは向き合っていかねばならないのだ。

50代・60代での「旅立ち」は、今ではあまりに早過ぎる。

残された親の悲しみを思うと、何とも言えぬ気持ちになる。

nice!(27)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感

先生に叱られた [日常]



♪ 叱~ら~
れて~~
      
叱~ら~れええて~~
        
血糖値と尿酸値が
          
上~があったあの~~ 

                                                           童謡 「叱られて」のメロディで


人間ドックなんか、
大っ嫌いだぁっっ!!!


まあ、飲む量も増えてたしね。 仕方ねぇ、節制しよう。

「薬飲みましょう」って言われないだけ、マシか・・・

th.jpg  とりあえず、反省。^^;

nice!(21)  コメント(25) 
共通テーマ:日記・雑感

予感 [音楽]



私にとって90年代は、音楽の空白期間である。

ヒット チャートを追いかける事に疲れ、流行りの曲から遠ざかり、

自分の好きなミュージシャンだけを模索し始めたからだ。

仕事方面でも、理容の競技会にのめり込んで夜中まで練習する日々。

結婚もしたし、子供も生まれた。 音楽を聴ける時間は、当然少なくなった。

そんな環境下ではあったけど、やっぱり好きな事は止められない。

細々とではあるが、楽しんでおりましたよ。



9b8d0aa918d0cd7150231cc56824f29b.jpg 

シェリル クロウを知ったのは、そんな時期だった。 

ラジオかテレビかは忘れたけれど、気に入ってCDを買ったのだ。 

練習会に行く車の中でよく聴いていた。

デビュー アルバムにしては、なかなか良く出来ているなと思った。

プロデュースも良かったけれど、彼女自身の才能も感じた。 

きっと、今後も活躍するんだろうなと思いつつ、

忙しい毎日に埋もれていったのである。。。


   51ASV46GD7L.jpg
【TUESDAY NIGHT 
         MUSIC CLUB】 
                        Sheryl Crow ’93
https://www.youtube.com/watch?v=B3Nnrj6i9Vk
          - I Shall Believe -


このラスト ナンバーが好きだから、

今でもこのアルバムが好きなのだと思う。

アルバムを聴く時、私には外せない拘りがある。
それは、ラスト ナンバーの良し悪しである。

出来が良ければ、そのアルバムをもう一度聴きたくなるしね。

私が「お気に入り」のアルバムのほとんどは、

素敵なラスト ナンバーが収録されているのよ~。(^^

今から思えば、彼女が活躍した b0321303_0102145.jpg

90年代を知らないのは勿体なかったな~と感じるのである。

名実共に、世界的なミュージシャンにのし上がっていったのだからね。

リスナーとして、損した気分である。

きっと、今後気に入った曲が見つかるのは、この時代からだろう。

聴き続けていれば、いつか新しい出会いがあるだろうから、

そんな予感と共に今後の楽しみとしておこうか。。。

nice!(21)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

こんぷり~~~と!! [レコードなど]



ようやくである。

DSC02118.JPG

この程、ケイト ブッシュの主なアルバムをレコードで揃える事ができました。

遂に念願叶ったという訳である。 今、至福の時に埋もれております。(笑

ここ数年、あと一歩のところまで来ていたのだが、

足踏み状態が続いていた。 その原因が、 


           DSC02121.JPG


93年に発表された7作目の「ザ レッド シューズ」。          

購入できなかった理由の一つは、

彼女のアルバムの中で、
1番自分の感性に合わなかったから。


1曲1曲は申し分ないのだが、全体の雰囲気が受け止められず、

どうしてもその世界観に入っていけなかったのだ。

そして、もう一つは、

レコードで見つけるのが難しかったから。


レコード屋さんが、CDショップになって久しい93年頃、

地方都市で
生産が激減していたレコードを見つけるのは困難だった。

当時は、パソコンもネット通販も知らない。 尚更である。


DSC02120.JPG

このアルバムの、オリジナル レコードがあることは知っていた。 
だが、見つけたそのお値段、5万円也!!
              ・・・流石に手は
出ない。(大汗

しかし、私の中にもコレクター魂というモノがありまして、

どうせなら全てレコードで揃えたいという思いが日に日に膨らむ。

長期戦を覚悟で待つこと1年強・・・

なんと、去年リマスター盤として再発売!!
思わず飛びついてしまったという訳である。(^^;

DSC02123.JPG

レコード世代ですから、レコードで揃えられたという満足感はありますね。

でも、出来ればオリジナルで欲しいよな~。

どこかに安く売ってないかしら? 

nice!(24)  コメント(19) 
共通テーマ:音楽