So-net無料ブログ作成

思い出遠く [日常]

q

人間ドックの余波が冷めやらぬ、2月19日の朝。

開店準備をしていると、姉から電話が。

「新聞のお悔やみ欄に知った名前があるが、本人か?」

今は忙しいので後で確認すると言って、電話を切る。

朝1番のお客様が「名前の人」と同じ地区だったので、聞いてみる。

すると、「18日に亡くなっていたのが見つかった」との事。

動脈瘤破裂、仕事から帰ってきた服装そのままだったという。

母親が施設に入居してまもなくの出来事だった。

私達が引っ越す前は、お隣さんだった。

葬式には顔を出さないといけないな~と話していると、

「それはそうと、お前の同級生も亡くなったっていう話だぞ。」

寝耳に水とは、この事である。 

そういえば人間ドックの日、携帯に同級生からの着信履歴が。

夕方確認してみると、「17日に死んでいるのが見つかった」と。

こちらも血管破裂とのこと。 夜になると、メールが入る。 

「明日、顔を見に行くが、お前はどうする?」

付き合いがあるのならともかく、もう30年ほど疎遠になっていた人である。

「行かないでおく」と返信してはみたものの、どうにも心が定まらない。

翌朝、一緒に行くという同級生に「見舞い」を託したのである。

・・・小学5年の時だったか。

ある日登校すると、グラウンドで相撲を取って遊んでいる人達が。

嫌いではないので、私も参加することに。 

対戦相手は、
ドラえもんのジャイアンのような体格の「彼」。 

当時はガリガリでチビだった私は、案の定電車道で寄り倒され、重ね餅。

右鎖骨骨折で病院送りとなったのである。 

後日、家まで見舞いに来てくれたが、気まずさから会話することも無く、

テレビを見ながらもくもくとケーキを食べた・・・

そんな思い出が、頭を過った。

これから先は、突然の訃報を聞く機会も増えるのだろう。 

もちろん、私だってどうなるかわからないが、

生きている限りは向き合っていかねばならないのだ。

50代・60代での「旅立ち」は、今ではあまりに早過ぎる。

残された親の悲しみを思うと、何とも言えぬ気持ちになる。

nice!(27)  コメント(21) 
共通テーマ:日記・雑感