So-net無料ブログ作成

思いを込めて [音楽]



音楽に、こうでなければならないという規則 は、無い。

音の余韻・迫力やプレイヤーの力量を堪能できる生演奏や、

シンセサイザーで新しい音を模索していったり、

スタジオ ワークで作品の完成度を高めたり、

音楽ソフトで「打ち込んで」自分の思い通りに仕上げるなど、

手段は数々あるけれど、出来上がった楽曲が良ければいいじゃない! 

と、私は思うのである。 

まあ、そうは言っても、最近の流行歌を耳にする度に、


「なんて貧しい音なんだ・・・」と嘆き、

サザンの「ミス ブランニューデイ」が頭の中でリフレインする、

昔ながらのおじさんではあるのだが・・・^^;

要は、作り手の情熱でどうにでもなると思うんだ。

折角だもの、リスナーの心に響くよう思いを込めてもらいたいよね。
 

original.jpg
【HUMAN’S LIB】 Howard Jones ’83
https://www.bing.com/videos/search?q=%e3%83%8f%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba+youtube&view=detail&mid=AE1D69226383F0EDDCEDAE1D69226383F0EDDCED&FORM=VIRE


                                                       - What Is Love -


このアルバムを初めて聴いた時、

若干の「違和感」を感じたんだけど、すぐ慣れた。(笑

それ以前に、クラフトワークやYMOの曲を耳にしていたからだろう。

電子ドラムの音は、普通のドラム音に慣れていた当時の若者達に、

革新的で最先端だ と受け止められたのである。

80年代に人工音は飛躍的に進歩したけれど、 m_howard.png

聴きやすくするのに操作や扱い方は難しかっただろうと想像できる。

でも、しっかり作り込んでいるから「楽曲として生きている」のである。

b367749e9c26439022c4dc81d42e2ef5.jpg 確か、地球規模の音楽の祭典、 

「ライヴ エイド」の映像でハワード ジョーンズのステージングを
見たな。 

菜食主義だと聞いたが、スリムな体格からは想像できないほどアクティヴに、

ステージ上を動き回って元気に歌っていたのを思い出す。 

音楽は、次第に楽器の生演奏からシンセサイザーなどの人工音を多用する

スタイルに変わってゆく。
 今では、パソコンで容易に作曲・アレンジ出来るし、

ギターしか出来なくても、ドラム・ベース・ピアノの音を「装置」で出して


たった一人でもステージに立って「演奏」出来るようにもなった。

でも、そこから生まれてくる「音」に、
断固たる自己主張が感じられないのは、
寂しい気がするのである。


「それが今なんだ」と言われればそれまでだが、

競って個性を出そうとしていた
70年代が青春だった私には、

どうしても物足りなさを覚えてしまうのである。


ファンには通じるが、それ以外の人に響いていかない。

大ヒット曲が生まれにくい、ひとつの要因ではある。


nice!(17)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

納得 [音楽]



長い間、洋楽を聴いてきた私だが、

ディープ パープルのレコードを購入したことは無かったのだ。

多分、タイミングのズレなんだろう。

彼らの有名な曲は、私が音楽を聴きだす76年より前に出揃っていた。

ヒット チャート番組で流れることは、少なかったからね。

遅ればせながら、このほど3枚のアルバムを手にすることができた。

そして、その中の1枚が「名盤」と言われているのが、

聴いてみて理解できたのである。


 mij.jpg
【MADE IN JAPAN】 Deep
Purple ’72
https://www.youtube.com/watch?feature=related&v=7zKAS7XOWaQ&rl=yes&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=                     
                      - Highway Star -



日本では「ライヴ イン ジャパン」のタイトルでお馴染みだが、

出来の良さが評価されて、改めて世界発売になったと聞いた。

学生時代、カセット テープに「エア チェック」してた彼らの曲は、

このアルバムのものが中心だったと今になって分かった。

当時の日本の音楽には無い、ド迫力と圧倒的なパワーに魅了されて、

同じハード ロック系のミュージシャンの曲を探したっけなぁ。

th.jpg

パッと見、絶対に近づいちゃいけない人達に見えるけど、

当時はこーゆーのが流行りだったんだろうと、今は思える。

それにしても、私は少々驚いたのだ。 このライヴ アルバムでは、


観客が演奏中は騒がず静かに聴いているのである。

特に、アルバムのラスト ナンバーは、
最後静かにフェード アウトしていくのだが、
きっちりと演奏が終わってから
盛大な歓声と拍手が湧くのである。


コレが欧米圏だったら、絶対にこうはならない。

消えゆく音をさえぎる様に観客の雄たけびが響き渡るだろうし、


演奏中でも構わず騒ぎまくる!! 体中で音楽を感じようとするのね。

まあ、その方が一体感が生まれて、会場は大いに盛り上がるんだけどね。 

70年代初めの日本の若者だって、 thPXNLWRX3.jpg

世間や親に反発してただろうし、長髪に流行りの服で街を闊歩しながら、

心に溜めている憤りのはけ口を探していたに違いないのである。 

コンサートで、バカ騒ぎしながら憂さを晴らしたいはずなのに、

一生懸命演奏する異国のミュージシャンに、最大限の礼を尽くす。

当時
は、まだまだ 和の心 に包まれた国だったのね。。。

nice!(17)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

解るようになった [音楽]

q

日本酒を嗜むようになったからだろうか? 
演歌が嫌いではなくなった。


自分には程遠いジャンルだと思っていたが、最近は心に沁みてくる。

私も半世紀以上生きて、世の中のことが少しは分かってきたのだろう。

若い頃から、大人の想いが理解できるはずもない。

いろいろな経験をして、時間と共に育むものなのだ。 

しかし、ちょっと困った問題も起きる。


営業中はテレビをつけているのだが、番組の中で

子供が一生懸命頑張ってるとか
人の苦労話とか
動物の純粋な行動などを目にすると、

涙が溢れてきて仕事に支障をきたすのだ。 

歳を重ねると涙もろくなると言いますが、まさにその通りである。

なので、そのような場合は
極力意識をずらして、

違うことを考えるようにしている。(笑


私には、絶対に見てはいけない番組がいくつかあるのである。

例)「はじめて〇おつかい」「ラ〇オンのグータッチ」「グ○と!地球便」・・・


img_0.jpg
【石狩挽歌】 北原ミレイ ’75
https://www.youtube.com/watch?v=Gq5e9H6SS4I


こんな歌を聴きながら、しみじみと飲めるようになっちゃいましたね~。

何かと「役」が付いて回るお年頃になってしまった、私。
 

新年会・懇親会・忘年会という、いわゆる「宴会」に参加する機会が多い。 

がっ! これが大の苦手なのよ。


「偉い人」がいると、酌したり話を合わせたりと何かと気を遣う。 

仲間内の飲み会じゃないから、結構辛いもんなんですよ。

苦い酒で悪酔いすることも、あるのよね・・・

やっぱり、一人手酌でやる方が好きだな。



そういえば、昔は「大人の音楽」もヒット チャートを賑わし、

若い世代の音楽と肩を並べて順位争いをしていたものだ。

親父達が元気で「今」を猛進していた、輝かしい時代であった。。。

nice!(20)  コメント(19) 
共通テーマ:音楽

見つけた! [音楽]



彼等との出会いは、私にとって大きなものだった。

音楽を聴き始めた当時の私の感性にピタッとハマったというか、

「こういう音楽が聴きたかったんだ!」

と思わせてくれた、
最初のグループだったから。。。


   The-Grand-Illusion.jpg
THE GRAND ILLUSION】 
                    STYX ’77

https://www.youtube.com/watch?v=e5MAg_yWsq8
            - Come Sail Away -


このアルバムで、本国アメリカでのブレイクを果たしたスティクスだが、

日本での認知度はほぼゼロ、当時は知る人ぞ知るマニアックな存在だった。

大胆に入るシンセサイザーの音色と変化に富んだ曲調が、琴線に触れたんだろう。 

この曲を一聴しただけで、急速かつ猛烈に好きになった。

好きになれば、当然レコードが欲しくなる。 だが、悲しい現実に直面する。 

日本での認知度ほぼゼロは、

最寄りの地方都市のレコード店に「品物」が無い事を意味する。

私の知る限りのレコード店を回ってみたが、発見には至らなかった・・・(涙

styx-55aad8413d519.jpg

70年代の山里の田舎町で、最新のヒット曲を手にする確実な方法は、

FM放送から流れる曲をカセット テープにエア チェックすることであった。

当時、NHKーFMの日曜18時から「リクエスト コーナー」という番組があり、

隔週でアメリカのビルボード チャートの最新ヒット曲をガンガン流していた。

時間になると、いつでも録音ボタンを押せるようセッティングして、待つのだ。

そして、お気に入りの曲を繰り返し聴いて、いろいろと想像を膨らませながら、

予約したアルバムがレコード店に入荷する日を待ち侘びるのである。

81VdF0Oec-L._SL1500_ (4).jpg 

日本におけるスティクスのピークは、79~83年辺りだ。 

人気が出る前から聴いていたリスナーからすれば、


ヒットを飛ばし、世間に認知されていく様は気分が良いものである。

「お前らが知らない頃から俺は応援してたんだぜ!」

そんな心の叫びを隠しつつほくそ笑む・・・まあ、小さな優越感ですわ。(笑

nice!(17)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

光と影 [音楽]



rs-carole-king-52f11705-1539-4780-bead-d4de6cb56416.jpg

キャロル キングといえば、「タペストリー」・・・

洋楽好きなら誰もがこう思うだろう。 71年に発表されるや否や、

大ヒット&ロング セラーになった世紀の名盤である。

どれを聴いてもハズレ無しの、粒揃いの曲がずらりと並ぶ。

60年代はソングライターとして楽曲を提供し、評価されていた彼女だが、

ブレイク以降はシンガーとしても注目されるようになった。

「タペストリー」がソロ2作目だとは知っていたが、

彼女のアルバムはこれ1枚でいいかな~と、長い間思っていた。


去年、ようやくデビュー アルバムを入手してみたら、なかなか良い。

となると、もうちょっと揃えてみようという「悪い虫」が騒ぎますよね?

・・・さらに4枚ほど追加しちゃったわけである。^^;

DSC02155.jpg

結論から言えば、
あまりにも「タペストリー」が眩い光を放つので、
他の作品がその陰に隠れちゃった感は拭えないな。


でも、よくよく聴いてみると、どのアルバムも出来が悪いわけではない。

ピアノと彼女の声が情緒豊かに響く、心地良い秀作ばかりである。

長閑な休みに、聴き流しながら自分の好きなことを楽しむ、

な~んて贅沢な時間を豊かに演出してくれる事請け合いだ。


51qXQ7VWiuL.jpg
【MUSIC】 Carole King ’71
https://www.youtube.com/watch?v=get4cg_zdFo
       - Brother , Brother -


やはり目が向くのは、そのミュージシャン最大のヒット作である。

知らず知らずに他の作品と比べてしまうのは、ごく自然なことなのだ。

でも、ちょっと視野を広げてみるだけで、

影に隠れた素敵な曲に出会えるかもしれないんだよね。

ヒット作までの過程、そしてその後の過程。
そこからいろいろなものが見えてくる。

最近は、そ~ゆ~のが楽しくてしょうがない。

だから、レコードの枚数が増えるんだよなぁ・・・(笑

nice!(19)  コメント(12) 
共通テーマ:音楽

予感 [音楽]



私にとって90年代は、音楽の空白期間である。

ヒット チャートを追いかける事に疲れ、流行りの曲から遠ざかり、

自分の好きなミュージシャンだけを模索し始めたからだ。

仕事方面でも、理容の競技会にのめり込んで夜中まで練習する日々。

結婚もしたし、子供も生まれた。 音楽を聴ける時間は、当然少なくなった。

そんな環境下ではあったけど、やっぱり好きな事は止められない。

細々とではあるが、楽しんでおりましたよ。



9b8d0aa918d0cd7150231cc56824f29b.jpg 

シェリル クロウを知ったのは、そんな時期だった。 

ラジオかテレビかは忘れたけれど、気に入ってCDを買ったのだ。 

練習会に行く車の中でよく聴いていた。

デビュー アルバムにしては、なかなか良く出来ているなと思った。

プロデュースも良かったけれど、彼女自身の才能も感じた。 

きっと、今後も活躍するんだろうなと思いつつ、

忙しい毎日に埋もれていったのである。。。


   51ASV46GD7L.jpg
【TUESDAY NIGHT 
         MUSIC CLUB】 
                        Sheryl Crow ’93
https://www.youtube.com/watch?v=B3Nnrj6i9Vk
          - I Shall Believe -


このラスト ナンバーが好きだから、

今でもこのアルバムが好きなのだと思う。

アルバムを聴く時、私には外せない拘りがある。
それは、ラスト ナンバーの良し悪しである。

出来が良ければ、そのアルバムをもう一度聴きたくなるしね。

私が「お気に入り」のアルバムのほとんどは、

素敵なラスト ナンバーが収録されているのよ~。(^^

今から思えば、彼女が活躍した b0321303_0102145.jpg

90年代を知らないのは勿体なかったな~と感じるのである。

名実共に、世界的なミュージシャンにのし上がっていったのだからね。

リスナーとして、損した気分である。

きっと、今後気に入った曲が見つかるのは、この時代からだろう。

聴き続けていれば、いつか新しい出会いがあるだろうから、

そんな予感と共に今後の楽しみとしておこうか。。。

nice!(21)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

大きな音で楽しむぜ! [音楽]



音楽を気持ちよく聴く為には、ある程度の音量が必要だ。

特にロックは、大音量で聴きたくなるものである。

体に感じる低音の圧力が、ほど良い高揚感を与えてくれる。

とはいえ、ご近所に迷惑をかける訳にもいかない。

「音楽はマナーを守って楽しみましょう」

オーディオ機器に付いてくる説明書のどこかには、

こんな文字が必ず書かれているのである。

だが、たいへー家は山里の田舎町。
そして、ご近所との距離がしっかりある一軒家。
さらに月曜休みなので、周りは仕事に出かけている。
夏の昼間は窓全開、
真夜中でも極端に音量を上げなければ、
迷惑をかけることなく思う存分楽しめるのだ。

音楽リスナーにとって、こんな幸せな場所はない。

田舎の特権である。(高笑


41zXLXeNw4L.jpg
【ESCAPE】  Journey ’81
https://www.youtube.com/watch?v=4wJeWIsYoU4
                  - Keep On Runnin' -


このアルバムは、大音量で聴くとさらに良い!

なんといっても、ヴォーカルのハスキーな高音がキレッキレなんだ。

それに負けない重厚なサウンドが、全体のバランスを取ってるよな。

これでジャーニーを知ったという人は、多いだろうね。

複数のヒット曲も生まれたし、買って損しない1枚だと思う。

journey.jpg

さあ、皆さんも大音量で
音楽を楽しんでみませんか?
日頃のうっぷんも
どこかに吹っ飛んで爽やかな気分になりますよ。

ただし、あくまで自己責任でお願いします。
何かしらのトラブルが発生しても、
当ブログでは対処できませんので。(^^

nice!(17)  コメント(22) 
共通テーマ:音楽

珍しく [音楽]



個人的には、好きではないんだけれど。

いわゆる、クリスマス ソングと言われるもの。

まー、世界中に腐るほどあるんだよな。

基本、仏教の慣習が染み付いてるたいへー、

いかにも「クリスマスしてます」みたいな仕上がりの曲は、


捻くれた性格も手伝って 拒絶反応バリバリ なのよ!!

それでも、子供が喜ぶ内は、

プレゼントやらケーキやらと人並みにやっていたけどね。

別に、世の風潮に批判の声を上げる気は、さらさら無い。

楽しみたい人は、思う存分楽しんでもらいたい。

愛する人の笑顔は、見たいものね。



そんな私からで何なんですが、
今年は珍しく皆様にクリスマス プレゼント。
ささやかですが、受け取ってくださいませ~。

4c3a87cc50e74652de6d4fee702292082ca65572.jpg
【Driving Home 
     For Christmas】 
 

             Chris Rea '86
https://www.youtube.com/watch?v=9lGXOrJrif0


nice!(18)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

その思い [音楽]



レコード大好きなたいへーさん。

今日もいそいそとレコード探しに勤しんでおります。

とはいえ、買ったレコード全てが気に入る訳ではないんだ。

どんなに名盤と誉れ高い作品でも、

自分の感性に合わなければお気に入り」とはならないのである。

やっぱり、楽しめなければ意味が無いのよね。

自分が聴く為に買ってるんだから。(笑


  5112bZSKJhL__SX355_.jpg
【JONATHAN BUTLER】 ’87
https://www.youtube.com/watch?v=Mma0bh-Ok0U
             - Lise -


今年手に入れたアルバムの中で、一番好きかなぁ。

とにかく、肩の力を入れずに楽しめる1枚だ。

2枚組なのに、長く感じなかったのよね。

インストゥルメンタルがいくつもあるのは、

「ギタリストとして聴かせたい」という思いがあるのだろうか。

ジョナサン バトラーの曲は、  front.jpg

これ1曲しか知らなかったけれど、ずっと頭のどこかに残っていた。 

フッと思い立ってネットで探したら、収録アルバムが見つかるんだよ。

便利な時代になったと、つくづく思うのである。

クリック一つで
自宅に届くようになったレコードの重さは、

足を棒にして探し回った若い頃より
「軽く」なったかもしれないが、

その曲に染み付いた思いが色褪せる事はない。

レコードという「形」で棚に並べておくのも、悪くないよね。

nice!(23)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

渋すぎる~ [音楽]



「渋さ」とは何か!?

半世紀以上生きてきたけれど、未だによく分からない。

ただ、この頃は少しは味わえるようになったかな?

若い頃には見向きもしなかったモノでも、興味を抱くようになったからね。

流行りの音楽にはついていけないが、ジャンルという垣根を越えて、

より一層幅広く楽しめるようになったのだから、良い事だと思う。

これも、年の功って奴である。^^


R-871607-1300171919_jpeg.jpg
【ON THE BEACH】  
           Chris Rea ’86
https://www.youtube.com/watch?v=ev7g7uHpnd0
      - It's All Gone -


もはや、クリス レア自体が渋いのでしょうな。

声もだけど、ギターの音色や音楽全体からにじみ出てくるもん。

いかにもヨーロッパの音楽って感じよね。 

この曲の様に、同じフレーズを繰り返し長~~く引っ張るスタイルは、

扱い易さを好むメディアには受けが悪いのである。

でも、野外ライヴなんかだと気持ちよく聴けるんだろうな。

PSb_9VAxU4o.jpg

チャートの上位を賑わした代名詞的なヒット曲が無いにも関わらず、

主に欧州圏でアルバムがガッツリ売れるんだから凄いよ。

なにも、アメリカだけが音楽市場では無い。

「地元」に根を張ってじっくりと活動したっていい。
その方が、自分のスタイルを追求できる気がするし。

彼の様に、着実に活動しているミュージシャンは、

世界中に数え切れないほど存在するのだ。

その中から、自分好みの音楽を探し出すのも面白いよね。



3CE.jpg 「渋さ」とは何か!?

生まれながらに備わった人から、醸し出されるものだと思うのだが、

環境や意識や生き方などで、
時を重ねながら育む事も出来るのだろうね。


だとしたら、私の中には存在しない要素である。

「素敵なおじさま」と呼ばれてみたいものだが、

その可能性は限りなくゼロに近い言わざるを得ない・・・(冷汗

nice!(20)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽