So-net無料ブログ作成

予感 [音楽]



私にとって90年代は、音楽の空白期間である。

ヒット チャートを追いかける事に疲れ、流行りの曲から遠ざかり、

自分の好きなミュージシャンだけを模索し始めたからだ。

仕事方面でも、理容の競技会にのめり込んで夜中まで練習する日々。

結婚もしたし、子供も生まれた。 音楽を聴ける時間は、当然少なくなった。

そんな環境下ではあったけど、やっぱり好きな事は止められない。

細々とではあるが、楽しんでおりましたよ。



9b8d0aa918d0cd7150231cc56824f29b.jpg 

シェリル クロウを知ったのは、そんな時期だった。 

ラジオかテレビかは忘れたけれど、気に入ってCDを買ったのだ。 

練習会に行く車の中でよく聴いていた。

デビュー アルバムにしては、なかなか良く出来ているなと思った。

プロデュースも良かったけれど、彼女自身の才能も感じた。 

きっと、今後も活躍するんだろうなと思いつつ、

忙しい毎日に埋もれていったのである。。。


   51ASV46GD7L.jpg
【TUESDAY NIGHT 
         MUSIC CLUB】 
                        Sheryl Crow ’93
https://www.youtube.com/watch?v=B3Nnrj6i9Vk
          - I Shall Believe -


このラスト ナンバーが好きだから、

今でもこのアルバムが好きなのだと思う。

アルバムを聴く時、私には外せない拘りがある。
それは、ラスト ナンバーの良し悪しである。

出来が良ければ、そのアルバムをもう一度聴きたくなるしね。

私が「お気に入り」のアルバムのほとんどは、

素敵なラスト ナンバーが収録されているのよ~。(^^

今から思えば、彼女が活躍した b0321303_0102145.jpg

90年代を知らないのは勿体なかったな~と感じるのである。

名実共に、世界的なミュージシャンにのし上がっていったのだからね。

リスナーとして、損した気分である。

きっと、今後気に入った曲が見つかるのは、この時代からだろう。

聴き続けていれば、いつか新しい出会いがあるだろうから、

そんな予感と共に今後の楽しみとしておこうか。。。

nice!(20)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽

大きな音で楽しむぜ! [音楽]



音楽を気持ちよく聴く為には、ある程度の音量が必要だ。

特にロックは、大音量で聴きたくなるものである。

体に感じる低音の圧力が、ほど良い高揚感を与えてくれる。

とはいえ、ご近所に迷惑をかける訳にもいかない。

「音楽はマナーを守って楽しみましょう」

オーディオ機器に付いてくる説明書のどこかには、

こんな文字が必ず書かれているのである。

だが、たいへー家は山里の田舎町。
そして、ご近所との距離がしっかりある一軒家。
さらに月曜休みなので、周りは仕事に出かけている。
夏の昼間は窓全開、
真夜中でも極端に音量を上げなければ、
迷惑をかけることなく思う存分楽しめるのだ。

音楽リスナーにとって、こんな幸せな場所はない。

田舎の特権である。(高笑


41zXLXeNw4L.jpg
【ESCAPE】  Journey ’81
https://www.youtube.com/watch?v=4wJeWIsYoU4
                  - Keep On Runnin' -


このアルバムは、大音量で聴くとさらに良い!

なんといっても、ヴォーカルのハスキーな高音がキレッキレなんだ。

それに負けない重厚なサウンドが、全体のバランスを取ってるよな。

これでジャーニーを知ったという人は、多いだろうね。

複数のヒット曲も生まれたし、買って損しない1枚だと思う。

journey.jpg

さあ、皆さんも大音量で
音楽を楽しんでみませんか?
日頃のうっぷんも
どこかに吹っ飛んで爽やかな気分になりますよ。

ただし、あくまで自己責任でお願いします。
何かしらのトラブルが発生しても、
当ブログでは対処できませんので。(^^

nice!(17)  コメント(22) 
共通テーマ:音楽

珍しく [音楽]



個人的には、好きではないんだけれど。

いわゆる、クリスマス ソングと言われるもの。

まー、世界中に腐るほどあるんだよな。

基本、仏教の慣習が染み付いてるたいへー、

いかにも「クリスマスしてます」みたいな仕上がりの曲は、


捻くれた性格も手伝って 拒絶反応バリバリ なのよ!!

それでも、子供が喜ぶ内は、

プレゼントやらケーキやらと人並みにやっていたけどね。

別に、世の風潮に批判の声を上げる気は、さらさら無い。

楽しみたい人は、思う存分楽しんでもらいたい。

愛する人の笑顔は、見たいものね。



そんな私からで何なんですが、
今年は珍しく皆様にクリスマス プレゼント。
ささやかですが、受け取ってくださいませ~。

4c3a87cc50e74652de6d4fee702292082ca65572.jpg
【Driving Home 
     For Christmas】 
 

             Chris Rea '86
https://www.youtube.com/watch?v=9lGXOrJrif0


nice!(18)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

その思い [音楽]



レコード大好きなたいへーさん。

今日もいそいそとレコード探しに勤しんでおります。

とはいえ、買ったレコード全てが気に入る訳ではないんだ。

どんなに名盤と誉れ高い作品でも、

自分の感性に合わなければお気に入り」とはならないのである。

やっぱり、楽しめなければ意味が無いのよね。

自分が聴く為に買ってるんだから。(笑


  5112bZSKJhL__SX355_.jpg
【JONATHAN BUTLER】 ’87
https://www.youtube.com/watch?v=Mma0bh-Ok0U
             - Lise -


今年手に入れたアルバムの中で、一番好きかなぁ。

とにかく、肩の力を入れずに楽しめる1枚だ。

2枚組なのに、長く感じなかったのよね。

インストゥルメンタルがいくつもあるのは、

「ギタリストとして聴かせたい」という思いがあるのだろうか。

ジョナサン バトラーの曲は、  front.jpg

これ1曲しか知らなかったけれど、ずっと頭のどこかに残っていた。 

フッと思い立ってネットで探したら、収録アルバムが見つかるんだよ。

便利な時代になったと、つくづく思うのである。

クリック一つで
自宅に届くようになったレコードの重さは、

足を棒にして探し回った若い頃より
「軽く」なったかもしれないが、

その曲に染み付いた思いが色褪せる事はない。

レコードという「形」で棚に並べておくのも、悪くないよね。

nice!(23)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

渋すぎる~ [音楽]



「渋さ」とは何か!?

半世紀以上生きてきたけれど、未だによく分からない。

ただ、この頃は少しは味わえるようになったかな?

若い頃には見向きもしなかったモノでも、興味を抱くようになったからね。

流行りの音楽にはついていけないが、ジャンルという垣根を越えて、

より一層幅広く楽しめるようになったのだから、良い事だと思う。

これも、年の功って奴である。^^


R-871607-1300171919_jpeg.jpg
【ON THE BEACH】  
           Chris Rea ’86
https://www.youtube.com/watch?v=ev7g7uHpnd0
      - It's All Gone -


もはや、クリス レア自体が渋いのでしょうな。

声もだけど、ギターの音色や音楽全体からにじみ出てくるもん。

いかにもヨーロッパの音楽って感じよね。 

この曲の様に、同じフレーズを繰り返し長~~く引っ張るスタイルは、

扱い易さを好むメディアには受けが悪いのである。

でも、野外ライヴなんかだと気持ちよく聴けるんだろうな。

PSb_9VAxU4o.jpg

チャートの上位を賑わした代名詞的なヒット曲が無いにも関わらず、

主に欧州圏でアルバムがガッツリ売れるんだから凄いよ。

なにも、アメリカだけが音楽市場では無い。

「地元」に根を張ってじっくりと活動したっていい。
その方が、自分のスタイルを追求できる気がするし。

彼の様に、着実に活動しているミュージシャンは、

世界中に数え切れないほど存在するのだ。

その中から、自分好みの音楽を探し出すのも面白いよね。



3CE.jpg 「渋さ」とは何か!?

生まれながらに備わった人から、醸し出されるものだと思うのだが、

環境や意識や生き方などで、
時を重ねながら育む事も出来るのだろうね。


だとしたら、私の中には存在しない要素である。

「素敵なおじさま」と呼ばれてみたいものだが、

その可能性は限りなくゼロに近い言わざるを得ない・・・(冷汗

nice!(20)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽

良い時代であった [音楽]



   01060821_568c4fefbca96.jpg
【帰って来たヨッパライ】 
            ザ フォーク クルセイダーズ ’67
https://www.youtube.com/watch?v=1OSp9ykj0HE


まあ、世の中って本当に分からないものですな。

半ばヤケクソで出したコレが、ヒットしちゃうんですからね。

ヤケクソですから、やりたい放題!
今なら著作権とかで大騒ぎだろうけど、
この時代は世界中が大変大らかだったのね~。^^

珍盤にして名盤でありましょう。 

日本の音楽史における、金字塔的な1枚だよな。

folkcrusaders-.jpg


この、いかにも一張羅着てますみたいな写真が初々しいけど、

この3人は、日本の音楽シーンに
多大な影響を与えた凄い人達なんです。


「冗談」だけで終わらなくて、本当に良かった。

音を楽しむと書いて「音楽」ですから、

リスナーとして思う存分楽しめる素敵な1曲だと思うなぁ。

nice!(21)  コメント(21) 
共通テーマ:音楽

凝ってます [音楽]



129164914624416123607_Kansas.jpg

しっかし、昔のロック グループってこんな写真ばっかり。

ロン毛に髭に睨みを利かせたカメラ目線・・・(笑

70年代は、まだまだ「ロック = 不良」は健在だった。

得てして、ヘビーになりがちなプログレ サウンドだが、

このカンサスは何処となく軽やかさと明るさを感じるのである。

ロック系では珍しいヴァイオリンが大活躍するからかな・・・

でも、リズムも変調・メロディーも変調・ああそれ変調!

その音楽は、複雑かつ緻密に織り込まれたタペストリーのようだ。

演奏力も高いし、音の良いアルバムに仕上がっているのが嬉しいね。


  71q2Zl7g9zL__SL1024_.jpg
【LEFTOVERTURE】 
               Kansas ’76
https://www.youtube.com/watch?v=P5ZJui3aPoQ
    - Carry On Wayward Son -


とにかく、プログレッシブ系のミュージシャンは、

アルバムをとことん作り込む!

時間の許す限り、己が知恵と技術を注ぎ込むのだ。

が、中には作り込み過ぎて重暗~~くなっちゃったり、
凝り過ぎてリスナーが理解出来なかったものもある。

そのさじ加減は、なかなか難しいのである。

私が音楽を聴きだした頃は、 

アメリカン プログレ系のバンドが台頭してきた時期である。

でも、その多くがデビューしてすぐにヒットを出せた訳ではない。

何枚もアルバムを出しながら試行錯誤し、
年間100本以上のコンサートをこなして
演奏力を高め、
自分達のスタイルを観客に
受け入れられるようになった時、

ようやくアルバムを100万単位で売り上げる
メジャーなバンドへと成長するのである。

              Kansas_band_1.jpg

70年代は、日の目を見るのに6~7年かかったなんて~のはザラだ。 

ファンもレコード会社も、有望な新人がいれば、

長い目で
育てていこうというスタンスだったんだろうね。 

nice!(17)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

始まりの年 [音楽]



1976年。

私に「革命」が起きた年である。

中学進学のお祝いとして、モノラル ラジカセを買ってもらったのだ。

そのラジカセは、私の知りたい異国の音楽を、
何でも聴かせてくれる「魔法の小箱」だった。

それがあまりにも鮮烈だったので、

当時聴いていた音楽は無条件で好きだし、

是が非でも集めたくなる衝動に駆られてしまうのである。

お金が無かった学生時代は、買えるレコードは限られていたからね。

あれから40年以上経った現在、その「魔法」が解ける気配は無い。

さらに拍車がかかって、脇目も振らずに進んでいるのである。(笑


             無題.png
【THIRTY THREE & 1/3】
              George Harrison ’76
https://www.youtube.com/watch?v=T0i9rjTxhpY
           - This Song -


この曲を知ったのは、

「オール ジャパン ポップ 20」というAMのラジオ番組。

当時の日本で流行っている洋楽を教えてくれる、バイブル的な番組だった。

ジョージ ハリソンが、ビートルズのメンバーだった事は知っていたが、

その他はよく知らない頃。 ただただ、単純に気に入ったのである。        

振り返ってみると、    33b.jpg

中学~高校の頃は音楽に対して貪欲で、今より真剣に聴いていた。

ジャンルを問わず、気に入ったものを目いっぱい吸収していた。

その始まりである1976年の音楽は、私にとって特別なのだ。

この年に発表されたアルバムは、数多く所有しているしね。


l359668356_1.jpg 小遣いが1ヶ月1000円の頃、

1枚600円のシングル レコードは簡単には買えなかった。

だから、カセット テープに「エア チェック」したのである。

60分テープで400円。 かなりお手頃だよね。^^

そうして手に入れた曲を繰り返し聴いて、
たいへー少年は自分の夢の中で遊んでいた。
それは、誰にも邪魔されない自由な世界だった。


純粋で繊細で、とても不安定な時期だったけど、

今思えば「必要な時間」だったんだろうな。。。


nice!(21)  コメント(17) 
共通テーマ:音楽

覚醒の前 [音楽]



マイケル ジャクソン・・・といえば、

やはりモンスター アルバム 「スリラー」である。


それはもう、地球規模の爆発的大ヒットで、

当時は、ラジオもテレビも雑誌も街中の酔っ払いも、

この世の全てが「マイケル一色」であった。ポォ~~~~~ッッ!

そんな現象があまりにも強烈だったからか、

それでお腹いっぱいになっちゃったのかは定かではないが、

それ以降の彼を追いかける事はなかったな~。


   51u08A+--vL.jpg
【OFF THE WALL】
         Michael Jackson ’79

https://www.youtube.com/watch?v=5X-Mrc2l1d0
       - Rock With You -


そんな世紀的ブームの3年前に、このアルバムは発表された。

縁あって、この度我が家にやってきました。

ご機嫌なダンス ナンバーが目白押しの、
ブラック ミュージックというカテゴリーに属する、
良く出来たヒット アルバムである。 

といってもコテコテ感はなく、

ソフトで踊りやすいリズムを意識して作られている感じだ。

だから、身構えずにさらりと聴けるから、疲れないよね。

振り返れば、1980年頃のアメリカは  img_328a890855cff7811886cbcc17ec3625201019.jpg

音楽の世界でも人種の壁が今よりも如実で、それが普通だった。


乱暴な言い方をすれば、
「黒人は黒人の音楽を聴け」ってー感じ。


81年に開局した、音楽+映像=ビデオ クリップを、

お茶の間のテレビに配信する音楽専門チャンネル「MTV」だって、

創業当初は白人ミュージシャンの音楽しか流していなかった。

その壁を突き破ったのが、82年の「スリラー」だったのだ。

リスナーが、様々な人種発祥の音楽を聴けて、

様々な人種でシェア出来る「新しい価値観」が、

この時生まれたのかもしれないね。


「オフ ザ ウォール」は、
世界的スターに
覚醒していく直前の、
彼本来のカラーを最大限に生かした作品なのだろう。

9f4e89e2a90ab35012e8514892f413b2.jpg


その後の活躍は、誰もが認める通りだ。

隠れていた潜在能力の大きさに、ただただ驚くばかりである。

nice!(22)  コメント(23) 
共通テーマ:音楽

どっち? [音楽]



5170fu1kjrL__SY355_.jpg 「まちぶせ」 石川ひとみ ’81
https://www.youtube.com/watch?v=og3-Z3ysjfc        

hqdefault.jpg 「待つわ」  あみん ’83
https://www.youtube.com/watch?v=TZmpLnnripY



どちらも日本が誇る、往年のヒット曲である。 

当時はさほどには思わなかったが、


今聴き返してみると女性のもの凄い思いが歌われてるのね~。

意中の男性を、絶対モノにしてやるという「まちぶせ」。

意中の男性が、一人になるまで待ち続けるという「待つわ」。

どちらも強固な意志を主張してますな。


さて、男性の皆さんに質問。 
好かれるなら、どっち?

女性の皆さんに質問。
お友達になるなら、どっち?

コメント宜しくお願い致します。

よく分からない方は、曲を聴いみてね。



しかし、歌の中の女性って、今で言う
すとぉかぁ の資質あるよね?
昭和の時代は大らかだったからなぁ・・・^^;

nice!(25)  コメント(24) 
共通テーマ:音楽