So-net無料ブログ作成

まだやってる [提灯]


DSC02424 (2).JPG

すっかり秋らしい空になった、9月中頃である。

秋と言えば、食欲・読書・スポーツ・音楽・・・

様々なことにチャレンジできる、とっても素敵な季節だよね。

私は当然、音楽三昧・・・と思いきや、

DSC02426 (3).JPG

提灯作ってます。(^^;

只今、10月の秋祭りに間に合わせるよう製作中!

今年はまあまあ問い合わせがありました。 税率10%の影響でしょうね。 

誠にありがたい事であります。

DSC02429 (2).JPG ちゃんとたためるよ。

でも、お客様には「なるべく吊るして保管して下さいね」とお願いしている。

折り畳みを繰り返すと、破れやすくなりますのでね。

手作り故に、どうしても価格を下げて提供できません。

長持ちさせる為のアドバイスも、サービスの一環であります。

まあ、作り手側としては、
あまり長持ちして欲しくない
という気持ちも
無きにしも非ずではありますが・・・(苦笑


DSC02428 (2).JPG 珍しいの来た。

普通、丸い輪って一重なんですが、初めて二重輪の注文が入りました。

こういうサプライズって、
戸惑う時もあるけれど何処かでワクワク感もあるね。


新しい事にチャレンジする喜びみたいなものですかね。

さて、10月からは来年度の下準備が始まります。

休みを取りながら、慌てず焦らず頑張ろう。

nice!(19)  コメント(15) 
共通テーマ:音楽

疲れたぜ [提灯]



DSC02323 (3).JPG

まあ、今期一番気持ちが折れそうになった家紋。。。

難しくはなかったけど、細かいのよね。

今年は後半に注文がまとまったので、

納期に間に合うか心配でしたが、何とかなって一安心。

まだ終わったわけではないですが、一段落はつきました。


さて、しばらくはのんびりして、溜まった疲れを抜きますか。

ボチボチ、皆さんのところにもお邪魔しますね~。

DSC02308 (3).JPG

あなたが、唯一の慰めだったわ・・・^^;

nice!(23)  コメント(22) 
共通テーマ:日記・雑感

お休み入ります! [提灯]



DSC02301 (2).JPG

毎年の事なんですが、「二足の草鞋シーズン」でバタバタとしております。

なので、落ち着くまでブログをお休みいたします。

シーズンを約半分過ぎまして、徐々に疲労が蓄積してきましたね。

なんとか乗り越えて、明るい年末を迎えたいものです。(笑

DSC02302 (2).JPG

では、また会える日まで~~~。

なお、皆様の「nise!」は私の励みになりますので、

どんどん押して下さるようお願い申し上げます。(笑笑

nice!(18) 
共通テーマ:blog

また始まります [提灯]

q

DSC02254.JPG

朝靄が世界を包んでおりました。。。

まあ、可もなく不可もない1日の始まりであります。



DSC02256 (2).JPG

毎度お馴染み、当ブログではこの時期見慣れた光景。^^

始まりましたね~、「2足の草鞋生活」。

初めっから飛ばすと後半失速するので、今は慣らしながらボチボチと。

まあ、その内そんなことも言ってられなくなるんだろうけどね。^^;

来年は、娘の引っ越しがあるような予感がする。

まだまだ銭がかかるたいへー家。 踏ん張るしかないわけです。

また、その内ゆっくりなブログになると思います。

気長なお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

nice!(22)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

下準備 [提灯]



クソ熱い夏が過ぎ、
台風の襲撃がようやく落ち着いたこの頃。


朝晩の気温も下がり、秋が本格化してきましたな。

10月~4月までは、提灯のオフ シーズンである。

春夏秋冬、祭はあるけれど、その都度注文がある訳ではないのだ。

012.JPG

メインは、5月~7月にかけての盆の「供養提灯」となる。

だが、この時期に1から提灯を作っていては期日に間に合わない。

なので、オフ シーズンに「下準備」をしておくのである。

足りなくなった材料の補充・発注や、

「白張り」をストックして来シーズンに備えるのだ。

(白張り : 何も描き入れていない真っ白な提灯)

011.JPG

数多く出る家紋は、かみさんが前もって下書きしておくのだが、


名前・屋号や数的に少ない家紋は、受注後にしか描けない。

けっこう、一発勝負的な要素が多いこの仕事である。

どうやら、来年度は税率10%の可能性が高い。

今年は材料を多めに仕入れておいた方が良さそうだ・・・

013.JPG

ストックは、来年4月までに揃えれば良いので、

無理せず、慌てず、マイペースに進めております。

お陰さまで、来年度の祭り提灯の注文を数件頂いてます。

忘れない様に、納期に間に合わせないとね~。

nice!(22)  コメント(26) 
共通テーマ:日記・雑感

粘れる! [提灯]



毎年の事ながら、
コイツらと楽しく遊ぶ季節がやってきました。^^;


001.JPG

でも、今年は体の負担が少ない。 理由は単純明快。


週5日、往復2時間の娘の送り迎えが無くなったから。

この「ロス タイム」を補うために、早朝の提灯作りしていた訳だ。

いつも、どよ~~んとした疲れが全身を包んでいた。

週末の体のだるさは年齢のせいだと思っていたが、

どうやらこれが原因だったようだ。


今シーズンからは、夜型にシフトして朝はしっかり寝ている。

なので、週末になっても粘れるんだよね。

そうはいっても、8月半ばまでの長丁場である。

「おじさん」は、
疲れの抜けがすこぶる宜しくない。


上手く休みを取りながら、旨い日本酒でも飲んで乗り切るしかないね。

nice!(17)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

時代と共に [提灯]



注文を頂いていた提灯が完成し、無事に受け渡す事ができた。

いつもだが、受け渡しが完了すると心がスッと軽くなるね。

提灯屋を引き継いで、まだ7年目。 

技術も経験も未熟な私達に、声をかけてくれる人が居る。 

それだけで、今は感謝であります。


 002.JPG 近年は、提灯業界も大きく変化している。

元来、ロウソクを灯していたが、もはや電球仕様になって久しい。

今は、急速にLED化が進んでいる最中である。

そして、防水加工として油をひいていたが、

提灯用油の高騰・扱う業者の減少により、

対応策としてビニール掛け仕様の提灯が登場してきた。

盆提灯は以前からビニール掛けだが、


祭り提灯は油びきで・・・ そんな思いで今までやってきたが、

いよいよ在庫が少なくなり、続けていくのが難しくなった。

全国的にも、ビニール掛け仕様を多く見かけるので、

我が店も導入する事となったのである。

 005.JPG 野外で吊るすことの多いこのタイプ。

小さな屋根の下か軒先なので、横からの雨対策が課題だ。

でも、まだ完成形ではない。 只今、試行錯誤㊥なのである。

「伝統工芸」は、
昔ながらのやり方を頑なに守るだけではなく、
その時代に合ったスタイルを取り入れながら、
今日へと継承してきたものなのだと、最近は思う。 

全てビニールの提灯もあるが、

やはり和紙仕様の方が神社仏閣には合うし、趣きが良いね。



今年も、提灯シーズンに突入した。 

8月初めまでの長丁場、疲れを貯めないようにペース配分しないとね。

まあ、単純明快に頑張るしかない訳です。 

専門学校生2人を抱えていると、何かと物入りですから。

それに、自分のお小遣いだって欲しい!
レコードオーディオ日本酒・・・

楽しみの無い人生を、送りたくはないものね。^^

nice!(19)  コメント(20) 
共通テーマ:日記・雑感

やれやれ・・・ [提灯]



無事に受け渡しできました。。。

016.JPG    019.JPG

これで今年の秋の提灯シーズンは終わり!

しばらくのんびりと過ごして、心身の疲れを取ります。

さあ、飲めや歌えや!
良きに計らえ~♪(^^)v



nice!(19)  コメント(18) 
共通テーマ:日記・雑感

間に合った! [提灯]



8月に入ってから、駆け込みの盆提灯の注文が多数ありましたので、

予定が大幅に狂いましたが、何とか期日前に仕上げることができた。

国の重要無形文化財に使用されるモノとなれば、

「間に合わない」などという事は絶対に許されないのです。^^;

q

002.JPG  003.JPG

長野県の南部、阿南町は和合地区の「念仏踊り」用の提灯。

詳しくはこちら。↓
http://www.town.anan.nagano.jp/kanko/cat177/000369.html

q

004.JPG 同じく、新野地区の「盆踊り」用の提灯。

詳しくはこちら。 ↓
http://www.town.anan.nagano.jp/kanko/cat177/000370.html



どちらも、古の形態を今に残す盆の行事だ。 

そんな歴史的文化に少しでも携わる事が出来るなんて、なんか不思議。

若い頃は、伝統なんて見向きもしなかったのにね。

さて、これで今シーズンも終わり・・・ではない。

なんと、12日の晩までに仕上げる盆提灯が飛び込んできましてね。

まだまだ休んでいられないみたい・・・(^^;

nice!(20)  コメント(17) 
共通テーマ:日記・雑感

珍! [提灯]



いやいやいや・・・、何とか乗り越えられましたよ。

今年は注文が遅めだったので、7月半ばから身動き取れませんでした。

心身共にヘトヘトですが、受注があるという事は嬉しいですね。

まあ、収入の大半は子供達の学費に回るだろうけども・・・^^;



毎年の事だが、今まで見た事も無いような家紋にお目にかかるもので、

今年も例外ではありませんでした。


001.JPG

    「丸に抱き青山菊の葉に菊」

手持ちの家紋帳には無く、ネット検索でも受注画像と所々微妙に違うので、

各パーツをピックアップして合体させるしかなかった珍家紋。

かみさんが、「葉っぱが細かくて嫌だ!」とぼやいていたっけ。^^


004.JPG

もはや名前すら分からない珍家紋。 ちなみに、金魚ではない!

竹の中といえば雀じゃね? 昔話の「すずめのお宿」を連想するなぁ。

えて名称を付けるとしたら、「竹輪に雀に竹の花」かしら・・・?




今はパソコンとコピー機があるので、合成などは容易に出来るが、

父親の時代には手書きで型を起こさなくてはならなかったから、

大変だったろうなぁ。

さてと、提灯との戦いはまだ終わらない。

8月のお盆までに3つ、9月の終わりまでに5つの祭り提灯を仕上げないと。

あまり、のんびりもしてられないか・・・^^;

nice!(19)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感