So-net無料ブログ作成

思いを込めて [音楽]



音楽に、こうでなければならないという規則 は、無い。

音の余韻・迫力やプレイヤーの力量を堪能できる生演奏や、

シンセサイザーで新しい音を模索していったり、

スタジオ ワークで作品の完成度を高めたり、

音楽ソフトで「打ち込んで」自分の思い通りに仕上げるなど、

手段は数々あるけれど、出来上がった楽曲が良ければいいじゃない! 

と、私は思うのである。 

まあ、そうは言っても、最近の流行歌を耳にする度に、


「なんて貧しい音なんだ・・・」と嘆き、

サザンの「ミス ブランニューデイ」が頭の中でリフレインする、

昔ながらのおじさんではあるのだが・・・^^;

要は、作り手の情熱でどうにでもなると思うんだ。

折角だもの、リスナーの心に響くよう思いを込めてもらいたいよね。
 

original.jpg
【HUMAN’S LIB】 Howard Jones ’83
https://www.bing.com/videos/search?q=%e3%83%8f%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%ba+youtube&view=detail&mid=AE1D69226383F0EDDCEDAE1D69226383F0EDDCED&FORM=VIRE


                                                       - What Is Love -


このアルバムを初めて聴いた時、

若干の「違和感」を感じたんだけど、すぐ慣れた。(笑

それ以前に、クラフトワークやYMOの曲を耳にしていたからだろう。

電子ドラムの音は、普通のドラム音に慣れていた当時の若者達に、

革新的で最先端だ と受け止められたのである。

80年代に人工音は飛躍的に進歩したけれど、 m_howard.png

聴きやすくするのに操作や扱い方は難しかっただろうと想像できる。

でも、しっかり作り込んでいるから「楽曲として生きている」のである。

b367749e9c26439022c4dc81d42e2ef5.jpg 確か、地球規模の音楽の祭典、 

「ライヴ エイド」の映像でハワード ジョーンズのステージングを
見たな。 

菜食主義だと聞いたが、スリムな体格からは想像できないほどアクティヴに、

ステージ上を動き回って元気に歌っていたのを思い出す。 

音楽は、次第に楽器の生演奏からシンセサイザーなどの人工音を多用する

スタイルに変わってゆく。
 今では、パソコンで容易に作曲・アレンジ出来るし、

ギターしか出来なくても、ドラム・ベース・ピアノの音を「装置」で出して


たった一人でもステージに立って「演奏」出来るようにもなった。

でも、そこから生まれてくる「音」に、
断固たる自己主張が感じられないのは、
寂しい気がするのである。


「それが今なんだ」と言われればそれまでだが、

競って個性を出そうとしていた
70年代が青春だった私には、

どうしても物足りなさを覚えてしまうのである。


ファンには通じるが、それ以外の人に響いていかない。

大ヒット曲が生まれにくい、ひとつの要因ではある。


nice!(21)  コメント(20) 
共通テーマ:音楽

大人の「針」遊び [オーディオ]



DSC02246 (2).JPG

audio-technica  AT-ART7 (+ MG-10 / AT6108)


これで、ステレオ カートリッジの世代交代が完了した!

この手の「針」には目が無いので、致し方ありません。

DSC02252 (2).JPG

前列が2代目、後列が先代となる。

「先代」を購入して10年は経ったので、リニューアルの時期であろう。

DENON (右) の腰の据わった低音とバランスの安定感

GOLDRING (中) の芯の通った押しの強さと切れの良さ

technica (左) の明るく軽快な響きと細やかな表現力

その日の気分やジャンルで変えながら、それぞれの個性を楽しむ。

レコードでしか出来ない醍醐味でありますな! 
^^

これで、2年間備蓄した
「軍資金」は全て使い果たしました。

折しも提灯シーズン突入であります。

2ヵ月ちょっと
は「引きこもり状態」なので、お金を使うことも無い。

また大いに備蓄に励んで、次回を心待ちにしたいと思いま~す。 v(^^)v


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ー 追記 -

旅爺さんの質問の回答。

下の画像の赤丸の部分が、ソレです。 ここに接続して使います。

150y (2).jpg


nice!(16)  コメント(18) 
共通テーマ:音楽

強いや [ボクシング]



img_7e1124de643927101c655ac688bf43f9378619.jpg

いや~、まさか2Rで決着が付くなんてね。

しかも、アウェーの海外のリングで現役チャンピオンをK.O.ですから。

ワン パンチで決まってたね。 久しぶりに興奮しましたわ!!

これで、WBAとIBFの2つのチャンピオン ベルトを手にしたわけだ。


バンタム級の試合だったけど、階級抜きにしても現役日本人ボクサーの中では、

異次元の存在であると言えるよね。




最近では、すっかりボクシング熱も冷めちゃってましてね。

なんで、チャンピオンの上に「スーパー」だの「ダイアモンド」などという

別格チャンピオンがいるんだ と、首を傾げるこの頃である。

じゃあ「チャンピオン」って何なのよ?

まったくもって理解出来ん・・・ この試合は、

WBSS(ワールド ボクシング スーパー シリーズ)といって、

4大ボクシング団体のチャンピオン達がトーナメントで競う大会だ。

現在、60人以上もいる「世界チャンピオン」。

同階級では誰が一番強いのか? はっきりとした形で分かるだろう。



images2DLYMNOD.jpg まあ、いいや。

色々な思いはあるけど、井上尚弥がとてつもなく強いという事は分かる。

こうなってくると、私だって夢を見たくなるね。 

次は、ノニト ドネアとの決勝戦。 やっぱり見ちゃうよな。。。


nice!(19)  コメント(17) 
共通テーマ:スポーツ

また始まります [提灯]

q

DSC02254.JPG

朝靄が世界を包んでおりました。。。

まあ、可もなく不可もない1日の始まりであります。



DSC02256 (2).JPG

毎度お馴染み、当ブログではこの時期見慣れた光景。^^

始まりましたね~、「2足の草鞋生活」。

初めっから飛ばすと後半失速するので、今は慣らしながらボチボチと。

まあ、その内そんなことも言ってられなくなるんだろうけどね。^^;

来年は、娘の引っ越しがあるような予感がする。

まだまだ銭がかかるたいへー家。 踏ん張るしかないわけです。

また、その内ゆっくりなブログになると思います。

気長なお付き合いのほど、宜しくお願い致します。

nice!(22)  コメント(19) 
共通テーマ:日記・雑感

納得 [音楽]



長い間、洋楽を聴いてきた私だが、

ディープ パープルのレコードを購入したことは無かったのだ。

多分、タイミングのズレなんだろう。

彼らの有名な曲は、私が音楽を聴きだす76年より前に出揃っていた。

ヒット チャート番組で流れることは、少なかったからね。

遅ればせながら、このほど3枚のアルバムを手にすることができた。

そして、その中の1枚が「名盤」と言われているのが、

聴いてみて理解できたのである。


 mij.jpg
【MADE IN JAPAN】 Deep
Purple ’72
https://www.youtube.com/watch?feature=related&v=7zKAS7XOWaQ&rl=yes&hl=ja&gl=JP&client=mv-google&guid=                     
                      - Highway Star -



日本では「ライヴ イン ジャパン」のタイトルでお馴染みだが、

出来の良さが評価されて、改めて世界発売になったと聞いた。

学生時代、カセット テープに「エア チェック」してた彼らの曲は、

このアルバムのものが中心だったと今になって分かった。

当時の日本の音楽には無い、ド迫力と圧倒的なパワーに魅了されて、

同じハード ロック系のミュージシャンの曲を探したっけなぁ。

th.jpg

パッと見、絶対に近づいちゃいけない人達に見えるけど、

当時はこーゆーのが流行りだったんだろうと、今は思える。

それにしても、私は少々驚いたのだ。 このライヴ アルバムでは、


観客が演奏中は騒がず静かに聴いているのである。

特に、アルバムのラスト ナンバーは、
最後静かにフェード アウトしていくのだが、
きっちりと演奏が終わってから
盛大な歓声と拍手が湧くのである。


コレが欧米圏だったら、絶対にこうはならない。

消えゆく音をさえぎる様に観客の雄たけびが響き渡るだろうし、


演奏中でも構わず騒ぎまくる!! 体中で音楽を感じようとするのね。

まあ、その方が一体感が生まれて、会場は大いに盛り上がるんだけどね。 

70年代初めの日本の若者だって、 thPXNLWRX3.jpg

世間や親に反発してただろうし、長髪に流行りの服で街を闊歩しながら、

心に溜めている憤りのはけ口を探していたに違いないのである。 

コンサートで、バカ騒ぎしながら憂さを晴らしたいはずなのに、

一生懸命演奏する異国のミュージシャンに、最大限の礼を尽くす。

当時
は、まだまだ 和の心 に包まれた国だったのね。。。

nice!(17)  コメント(16) 
共通テーマ:音楽